マンガでアメリカの会社文化を知る

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

アメリカで仕事探しをしている日本人とお話をしていて、よく聞くフレーズがあります。

 

それは、

 

「私はアメリカ企業には応募しません。だってよくわからないから・・・。」

 

英語もそれなりに話せて(何せ旦那さんがアメリカ人)、アメリカで運転もできて(だってできないと生きていけない)、アメリカ生活も数年(以上のもの)があって、仕事を探しているのに、希望は日系企業だけ。断言できますが、めちゃめちゃ選択肢が狭いです。

 

「アメリカ企業のことがわからない」という人は多いはずですが、やっているのは仕事であり、働いているのはアメリカ人、インド人、中国人、韓国人、ブラジル人・・・・と世界中の人間がいます。当たり前ですね。

じゃあ、わからないことって何?と聞いてみると、アメリカの会社文化がわからないとのこと。

 

今日は、その仕事以外の部分の「アメリカ企業で働いている人間の生き方」みたいなものを、アメリカの人気マンガを使って紹介します。

 

人気マンガというのは、”Dilbert”(ディルバート)と呼ばれる、長年、アメリカで愛されているマンガです。

新聞にも連載されていて、日本の「コボちゃん」とか「かりあげくん」みたいな感じ。「かりあげくん」も確か日本の典型的なサラリーマン4コママンガでしたが、このDilbertもそれの「アメリカ企業版」だと思ってください。

 

もともとは、エンジニアの主人公・ディルバートと、ペットのやりとりみたいなものだったらしいですが、そこから彼の会社人生にフォーカスされるようになり、今では彼の上司や同僚とのやり取り、会社でのできごとなど、ザ・アメリカンオフィスマンガになりました。

そこはもう皮肉やシュールなやりとりのオンパレードで、留学時代にこのマンガを読んだ私は、「なーんだ。アメリカ人も、みんな同じことを感じながら仕事してるんだな。」と思うようになりました。

 

それは、業種とか業界に関わらず、「カイシャ」という場所で仕事をしている人が必ず直面するだろうことばかり。

Wikiによると、このマンガのテーマは・・・・

 

・エンジニアの特性(変わり者・女慣れしていない・テクノロジーが好き)

・仕事におけるモラル(またはその欠如)

・役に立たない、かつサディスティックな管理職(非現実的なプロジェクト計画・マイクロマネジメント・足りないコミュニケーションなどなど)

・縦割りカイシャ文化

・監査

・大衆の愚かさ

・アウトソース先の国について

 

などなど、「あぁ・・・、わかるわー・・・・。」ってこと、ありません?

 

「マイクロマネジメント」とは、細かすぎるマネジメントで、「これはこうしろ」「あれはこうだ」という命令や指示が多すぎるマネジャーのこと。出社や退社の指示が分刻みだったり、全てにおいて部下のことを把握していないと気がすまない上司。もちろんネガティブな意味で使われます。

 

作者はScott Adams(スコット・アダムズ)で、作品の「皮肉っぽさ」がアメリカ文化でうけています。

彼自身も、管理職見習い、プログラマー、予算アナリスト、融資担当者、プロダクトマネジャーなどを経験し、UCバークレーMBAも持っているそうで、やはり自分自身の経験を元に作品が生み出されているのでしょう。

 

ではでは、いくつか見てみましょう。

 

 

dt150731

(dilbert.com 2015/7/31)

 

右に立っている赤いシャツを着ている人が、主人公のディルバート。

椅子に座っているのが彼のボス。

 

  1. CEOに会議で恥をかかせたという理由で、君をクビにしろと言われた。
  2. しかし、そうなってしまうと僕に都合が悪い。
  3. なので、これから君をカルロスと呼ぶことにした。ついでに、ひげを生やして、足をひきずりながら歩いてくれると助かるのだけど。

 

このどうしようもないボスは有名・・・。

 

dt150809

(dilbert.com 2015/8/9)

 

  1. (ディルバート)長時間勤務のせいで、僕の体が弱まっています。
  2. 健康のために、休暇を取っても良いでしょうか?
  3. (ボス)そんなことをしたら、社員である意味が本末転倒じゃないか。
  4. 君は、自身の健康と幸せを、お金とトレードしているのだよ。
  5. そして、そのお金を家族に渡し、自分が死に近づく中、家族がそのお金を遣うのを見るのだよ。
  6. まぁ、食物連鎖みたいなものだ。
  7. (ディルバート)でも僕は結婚していません。
  8. (ボス)負け犬。

 

会社員であることについては、まぁ真理でもあり、現実でもあり。

“Loser”という最後のセリフは、自分に都合が悪くなったら、こういうことを言ってごまかそうとする人間・・・いますよねぇ・・・。

 

これを面白いと思えるかどうか、みなさんはどうでしょうか。

 

という流れを踏まえて、自分のやりたいことをペットに相談するディルバート。

 

dt150810

(dilbert.com 2015/8/10)

 

  1. 僕はいつも、SF小説を書きたいと思っていたんだ。
  2. それに関係するような経験も訓練もしてないんだけど。
  3. (ディルバート)夢を追うべきかな?(ペット)うん、でも覚えておいたほうが良いよ。単なる夢は提案でしかないということを。

 

現実的なアドバイスですねぇ。グサリときますねぇ。

 

 

dt150817

 

会議にて。左の緑シャツは同僚。

 

  1. 僕の発明した脳刺激器は、どんなにつまらない会議でも興味を持つようにしてくれます。
  2. やっと仕事を楽しめて、お金ももらえるようになりました。問題解決したようです。
  3. (ネコ)一体ナニを楽しんでるって?(ボス)仕事です。ものすごい気持ち悪いことを言いますよね。

 

この赤いネコは、ディルバートのCEOや上司にアドバイスをする存在で、「カイシャ上層部の人間は、ネコみたいなもの(人間じゃない)ですよ」という皮肉も入っています。

「仕事や会議がつまらない」というのは鉄則で、それを覆すことを言うディルバートは気味が悪い、ということですね。

 

 

 

順番に読み続けると、ストーリーの流れもあるので面白いです。

私も気づいたときに読んだりしますが、時代の変化を感じさせず、「カイシャで働くってこういうことなんだな」と気づかせてくれます。アメリカ人や外国人たちも、面白いと思いながら、「まぁ、そんなもんだよね」と思って仕事しているのでしょうか。

爆笑できる面白さではありませんが、どの国でも、「カイシャで働く」ということを知っている人にとっては、ジワジワくる感じです。

 

そして、「アメリカっぽいなぁ・・・」と思うのが、みんなコーヒーカップを持っているところ。笑

アメリカの会社員、コーヒー飲みすぎですから。

 

 

他はDilbertのウェブサイトで読めます。

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む