転職か、残留か (8)

Leave a comment

久しぶりのアメリカの銀行で働く日本人ママの物語。

前回までのお話はこちらでどうぞ。

 

———————–

 

景気回復に時間がかかっているアメリカ。

FRBが利上げするという噂も、噂のままで半年が過ぎた。もう年内の利上げはないのでは?なんて言われている。

 

建設業界はスローながら少しずつ温まってきていて、サンディエゴダウンダウンでも、あちこちで新規建設が行われている。しかし、まだまだ郊外のビジネスコンプレックスには、”For Lease”のサインが見られ、建物が満室じゃないことがわかる。

 

「景気復活まで、あとどれくらいかかるのか?」

 

建設業界・金融業界内に、そんなフラストレーションが募る。うちの銀行でも、全体的にポートフォリオサイズが小さくなっている気がする。

みんな口には出さないけれど、「今のままで良いはずはない」という確信になっていく。

 

 

 

同僚の融資担当者・クリスティは、私と同年代の娘が二人いるキャリアウーマン。彼女はボスのバーバラとも個人的な友人で、家族ぐるみの長い付き合いらしい。

 

現在は、マネジャーとしての肩書きよりも、新規建設の案件を見つけてはクローズするという敏腕女性だ。小柄な彼女の”go-getter”な姿勢や、パリッとした考え方、伝え方は、このチームにはなくてはならない存在で、ワーキングマザーのお手本のような人である。

母校も私と同じで、最近は全国区になったバスケットボールチームのことや、ビジネス学部のこと、卒業生のネットワークなど、有益な情報がポンポンと出てくる。サンディエゴに根付いたビジネスをする上で、彼女の経験はとても役に立った。今回の転職プロセスでも、メンターとしてこっそりとキャリア相談をしていた。

 

そんなクリスティが、いつものように足早に私のオフィスに入ってきた、6月のある朝。

 

「○○が退職するのよ。」

 

○○というのは、うちの銀行の融資すべてを統括するトップマネジメントの男性だ。

この銀行の強みはどんなビジネスで、どんな物件で、どんなフィールドにフォーカスするかというのは、この男性の決断にかかっていた。企業で言うなら、”COO”にあたるだろう。

 

「え?本当に?!」

 

私はあまりに突然のビッグニュースに、つい声が大きくなる。

 

「で、ジェレミーが後継者!」

「え!!」

 

あのジェレミーが、銀行融資のトップポジションにつく。

驚いたけれど、少し納得する部分もある。

 

私:「あの去年のトレーニング。そのつじつまが今、合ったわ。」

ク:「どういうこと?」

私:「何か理由があるなぁ、とは思ってたんです。あんなファンダメンタルなトレーニングを銀行規模でやるなんて、絶対に何かあるんじゃないか、とは思ってたんですよ。これの伏線だったんですね。」

 

クリスティは納得したようにうなずく。

 

私:「で、ジェレミーのチーム(スペシャル・アセット)はどうなるんですかね?」

ク:「さぁ、そこまではわからないわ。とにかく、○○は7月に退職予定だって。」

 

何かが変わっていく。

そんな予感がした。

徐々にだけれど、私の目で見えるには時間がかかるだろうけれど、水面下では何かが動いている。

 

クリスティのサプライズニュースから3日後、全社員に向けて、○○さん退職の告知メールが送られた。

 

「7月15日をもって、○○は退職します。後継者はジェレミーです。」

 

私はジェレミーの引継ぎよりも、彼のチームの先行きが気になった。

 

「誰が新しいマネジャーになるんだろう?」

 

リズ、アン、カイル、ブラッド。4人の顔を思い浮かべる。まさか縮小ってことはないよね・・・?

そんなことを思いながら、7月15日になる。特に新しいアナウンスはない。

 

8月に入り、バケーションから戻ると、リズからボイスメールが入っている。

 

「新しい案件の分析をお願いしたいので、連絡をくれますか?急ぎじゃないんだけど。」

 

折り返しリズに電話をする。

 

私:「おはようございます。元気ですか?」

リズ:「久しぶりね。こっちはまぁまぁよ。」

私:「あ、そうか、ジェレミーがもういないんですよね。」

リズ:「同じ建物ではあるんだけどね。でもやっぱりなんだか違うわね。」

私:「そうですか。」

リズ:「うん、最近はちょっとスローというか・・・。みんな静かにして、波を立たせないようにしているというか。」

私:「どこも同じですね。」

リズ:「まぁ、仕事があるってこと自体、幸せなことよね。もしまた新しい銀行に行くとなったら、新しい仕事を覚えなきゃいけないわけだし・・・・。」

 

ちょっと最後は口ごもるリズ。

 

新しい銀行って・・・仕事がなくなる心配をしているリズの言葉に、「変化」が現実のものであることを実感する。今回の人事で、直接的影響を受けたチームでは、やっぱりそんなところまで行ってるのか。

とりあえず、仕事の依頼をもらって、電話を切る。

 

それから二週間後、思いがけないニュースを耳にする。

 

「アンが腰の手術をして、数ヶ月の休養期間に入っている」とのこと。

 

最近、連絡がないなぁと思ったら、そういうことだったのか・・・。無事だと良いけれど。

 

ジェレミーがいなくなり、アンが不在のスペシャルアセットチームでは、リズがチームの存続を心配している。歴史的な大不況を通り抜けて、このチームのポートフォリオが小さくなってきたのは事実。つまり、仕事が減っているのだ。

景気に左右されるチームで働くことの、現実の厳しさを知る。

 

 

 

私はこの頃、転職活動をいったんやめることにした。

それは今の仕事に残って頑張ろう!という決意表明ではない。

 

「他の会社に転職したら何かが変わる」という考えが、根本的に間違っていたと気づいたからだった。

他の会社に移っても、自分の中の満たされない部分は何も変わらないと気づいた今、本当に自分のやりたいことをする準備のため、会社でフルタイム勤務という考えから少し離れようと思ったのだ。

 

去年から続いていた転職か?残留か?という自分の中の疑問にも、「どちらでもない」という答えが見つかって、ストーンと腑に落ちた気がした。そしてそれ以来、今の仕事が苦にならなくなったし、私の目は完全に「未来」を向いている。

 

ただ、いつまでもこのままでいるわけにはいかないから、自分の中にタイムリミットと条件だけは設定した。

それらが満たされた時点で、私は行動を起こすだけのことだ。

 

「やっとここまで来た」

 

自分でそう思えた。

あの苦しみも、葛藤も、悩みや不安も、フラストレーションも、全て、ここにたどり着くために必要なプロセスだったのだ。

 

まだ何も始まっていないけれど、闇の中で立ち止まっていた自分はいない。

今でも周りは真っ暗だけど、やっと、「そろそろ歩き出そうかな」と思えるようになった。

 

待ってるだけじゃ、何もやってこない。

自分から探しに行かないと。

 

8月で33歳になった私の冒険は、まだまだ続く気がしている。

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む