子どもの「できない」を楽しむ

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

子どもって、何でもやりたがるくせに、何もできない。笑

いや、何もできないっていうのは言いすぎかもしれませんが、まぁ私たち大人みたいには「できない」ですよね。

 

「やりたい」と言うからやらせたのに、失敗する。こぼす。散らかす。落とす。壊す。汚す。

 

そういうとき、みなさんはどういう対応をするでしょうか?

 

「ホラ!だから言ったじゃない!」と声が大きくなる

「あ~あ、やっぱりできないんじゃないの・・・。」とガッカリママになる

 

それとも、

 

「最初からやらせない」なんて方もいるでしょうか。

 

では、

 

「グッジョブ (Good job)!」と失敗を褒める

 

なんて人はいるでしょうか。

 

注意したのに転んだら「グッジョブ!」

どうしても自分でやると言ったのにこぼしたら「グッジョブ!」

新しいシャツを汚したら「グッジョブ!」

 

 

初めて、ホストマザーのフランシーがうちの子ども達にこう言っているのを聞いたとき、

 

「失敗したのにどうしてグッジョブなの?!」

 

と心の中で思ったのですが、そのうちに私もこう言えるようになったのは、その後の対応についての意識を変えたからでした。

 

うちの旦那は、子どもの失敗に私ほど寛容ではないので、こぼしたら「ほら!だから言ったじゃないか!」と声が大きくなります。

で、その後を見ていると、彼が後片付けをしているのです。

つまり、「自分が片付けなくちゃいけない」と思うから、子どもの失敗が嫌になるんですね。

 

これに気づいた私は、「失敗したら、自分で片付けるんだからね」と子どもに言い、実際に失敗の後片付けもさせるので、彼らが失敗しようが私にはどっちでも良いわけです。笑

こう思えるようになって以来、子どもの「やりたい」をだいぶオープンに取り入れられるようになったし、結果として、子ども達は自分でできるという自信を育てているように思えます。

「グッジョブ!」は新しいことにチャレンジしたことへの褒め言葉であり、失敗という新しい教訓であり、そこから何か学ぼうねという新しいチャンスでもあり。軽く転んで泣きそうになった子どもも、「グッジョブ!」と言われたら笑っちゃいますよ。(大怪我してたらそんなこと言ってる余裕はありませんが)

 

 

 

うちの息子が3歳くらいのときでした。

 

ちょうど彼が会話で話し始めた頃、彼がよく使うフレーズがありました。

それは、

 

“I can’t.”(僕にはできないよ)

 

滑り台に行ってみよう→僕にはできない

これを作ってみよう→僕にはできない

 

つまり、「汚すからダメ」「できないからやっちゃダメ」と親が言い続けていると、子どもは「僕にはどうせできないんだ」と自分に言い聞かせ、新しいことにチャレンジしなくなるということに気づきました。大人には当たり前のこと(=「君にはできないから、パパがやった方が速いし、だからパパがやるからね」)も、子どもには「僕にはできない」という解釈になってしまうのです。

3歳の息子が、人生に悟ったように「僕にはできない」と言ったとき、私は少なからずショックだったし、「ちょっとものの言い方を考えよう」と旦那に相談しました。

 

特に息子は自立心が強く、何でも自分でやりたい。

加えて、最初の一年をパパと家で過ごした彼は、パパのやっていること(主に家事)をできるようになりたくて一生懸命でした。

 

「今はお出かけまで時間がないから、ママがやるね」

「お友達が待ってるから、今回はパパにやらせてね」

「また今度、チャンスがあったらやらせてあげるからね」

 

という一言を加えるだけで子どもはわりと納得するし、そういう大事な部分をスキップしちゃいけないなと思うのです。

 

 

 

子どもは私たちに比べて、体も小さく、力も弱く、経験もありません。

最初から何もできないのは当たり前で、やろうと思えば失敗するのも当たり前です。

それを「汚すからダメ」とか「できないからダメ」と最初からチャンスを与えずにいたら、できる年齢になってもできないのは当たり前です。

 

「子どもに後片付けなんてさせてたら、いつまで経っても終わらない」という方もいるでしょう。

 

でも、考えてみてください。

 

会社には、仕事の出来が速い人間もいれば、遅い人間もいます。

学校には、テストをさっさと終えて居眠りする人もいれば、時間が足りない人もいます。

 

人によって、作業のスピードが違うなんて当たり前のことですよね。

 

 

親が「待つ」ということが出来ない限り、子育ては楽しめません。これ、私の中の鉄則。

 

「最近、子どもを急かしてばかりいるな」とか「子どもを待ってないな」と思ったら、私はその生活に疑問を持つようにしています。

 

どうして子どもを待てないくらい、忙しいんだろう?

 

それは自分の仕事だったり、多すぎる習い事だったり、自分に余裕がなかったり、親として自分がコントロールするべきことばかり。子どものせいではありません。

 

そこに気づいたとき、私は自問自答しています。

 

“Is it worth it?”

(現在の生活は、自分の子育てを犠牲にする価値があるのだろうか?)

 

 

私は、子どもの「できない」を楽しめているのだろうか?って。

 

 

で、気づいたのですが、これを楽しむためには、手抜きしなきゃいけなくなります。

他人を頼らなきゃいけなくなる。

旦那さんのやり方に納得しなきゃいけなくなる。

「これで良いか」って自分に言えなきゃいけなくなる。

 

「こうじゃなきゃいけない」と独りよがりの子育てから、脱退宣言しなきゃいけなくなるんです。

 

楽しいですよ、脱退したら。笑

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む