アメリカに来て諦めたこと

8 Comments

こんにちは、Tomomiです。

 

アメリカに来てからずっと恋しかったことがある。それは夜に出かけること。

日本に住んでいた頃、家族第一主義のアメリカ人の夫も日本の社会にすっかり慣れ、金曜の夜は同僚と飲みに行くのがお約束だった。

夫はいわゆる日本の居酒屋さんで同僚と飲みながら食事をして、終電前くらいの電車で帰宅する金曜日を一週間の締めくくりとして楽しんでいた。

そして私は土曜日の夜にファッション関係のオープンニングパーティーやラウンチパーティーに行ったり、友人と食事に行ったり、新しいバーやカフェに飲みに行ったりするのが大好きだった。

そして日曜日は、家族の日としていた。

 

しかし、アメリカに来てからそういう都会のシステムは消滅した。

まず、夫の帰りは非常に早かった。残業をしないアメリカ人のワーキングスタイルは好きだが、あまりの帰宅の早さに当初は戸惑ったものだ。

そして夫が飲みに行くこともなくなった。まず、同僚と仕事後に飲みに行くなんてことがない。

もともと家族第一主義の夫がもっともっと家族第一主義になった。毎日が家族の日である。

私は、カリフォルニアのリラックスした雰囲気の中で、夜飲みに行くこともなく、いや、その前にまず日本の都会のような、あんな活気のあるダウンタウンはNYにでも行かなきゃないだろう。

アメリカ人の友人とたまに集まるとなれば、誰かの家で飲む。それも2か月に1回程度だ。

 

夜寝るのも早くなった。だってやることがないんだもん。

 

アメリカに移住し半年経った頃、その状況が耐えられなくなった。どこかに行きたい、パーティーに行きたい、人に会いたい、ファッションに触れたい。そんな時、日本の元上司からサンフランシスコでのファッションブランドのラウンチパーティーの招待状が来た。

早速アメリカ人の友人を誘うと「週末は家族と過ごす日にしているの」という返事だった。

家族第一主義はわかる!しかし、このラウンチパーティー、すっごく楽しそうだし!

他にも2人に声をかけたが、しっかり断られてしまった。

 

ライフスタイルが変わることは、非常にストレスを伴うものである。

 

主人には「日本にいた時のようなライフスタイルは諦めて、カリフォルニアでもっとのんびりと新しいライフスタイルを築くべきだ」と言われ続けている。

アメリカは本当に「Family First」。家族が一番の考え方を持つ人が多い。そのせいでワークスタイルも日本とは随分違っている。それに憧れ、素敵だと思っていながらも、日本人的な「仕事命」精神もいまだ抜けないのが、私である。

 

アメリカに来て早2年。人間慣れるもので、オープニングパーティーもラウンチパーティーもなければ、ファッションウィークなどでトレンドに触れることもなく、それどころか友人と夜集まることすらほとんど無い生活。それでも、なんとかこなせるようになった。

 

しかし、いまだにふと思う。夜に出かけたい!と。夜9時にレストランが閉まる、車だから飲みにも行けない、その前にそんな友達もいない!

みなさんのアメリカ生活で諦めたことってなんですか?

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Tomomi

日本のファッション業界でPRとして長年勤務し、カリフォルニアに移住後は、フリーランスでライター業をしています。妻であり、母であり、それでもまだ自由人さが抜けない30代後半大人女子。In Nadeshiko Wayでは、アメリカで頑張る日本人女性の一人として、正直に、広い見識で書きたいと思います。

8 Responses to “アメリカに来て諦めたこと”

  1. avatar

    松原千賀子

    うーん、とても深いお話ですね。家族主義ということと、アメリカのよるが安心できないごいうことなんでしょううね。日本に帰ったときに発散しなさい!

  2. avatar

    Ka Miki

    同意!SFに最近引っ越してきたので(またちょくちょく日本にかえってるので)わかります!だんだんあきらめてくるんでしょうかね?

  3. avatar

    福島瑞穂

    私の友人は、カルフォルニアの季節がなくてみんながファッションに構わなくてtシャツばかり着ているのが嫌だと言ってnyに戻ってきました。いまはFITに入って、デザインの勉強もし、自分のブランドも立ち上げたようです。tomomiさんもnyがあっているのかもしれませんね。

  4. avatar

    Tomomi

    千賀子さん、
    日本に帰ったら発散して1年分のエネルギーを貯めて帰ってきます!

  5. avatar

    Tomomi

    Mikiさん、
    私も随分と諦め始めました。やはり主人の言うように、ライフスタイルのチェンジを受け入れるしかなさそうです。

  6. avatar

    Tomomi

    瑞穂さん、
    あー!そのお友達の気持ち、すごくよくわかります。最近ふと鏡を見て、Tシャツ短パンの自分にびっくりしています。涙
    だからと言って、日本でしていたような服装をしていると、完全に浮きます。涙

  7. avatar

    Erina

    私も最近になって、ネットワーキングしようと思った時、一緒に行ける友達っていないな〜と思ったことがありました。
    で結局、一人で行くことにしています。
    一人で行けば、そこで新しい人に出会えて、共通の興味を持つネットワークがそこで広がるんですよね。

    家族と友人と趣味と、全てを理解してくれる人を探そうとするよりも、それぞれの場所での人脈作りもオススメです。
    家族は私の交友関係を全て理解・把握してませんが、それも今では普通ですよ。笑

  8. avatar

    Tomomi

    えりなさん、
    そうですよね。一人で行くとそこでまた新しい出会いがあるものですよね!アメリカに来てから、夫婦ともに、他での交友関係が劇的に減って、夫婦の時間が増えすぎました。笑

コメントを書き込む