コモン・コアと教科別担当制度

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

今学年も無事に終わりました。

Field Dayから年度末パーティなどでバタバタとした最後の数週間も終わり、先生たちはホッと一息ついているところでしょうか。子ども達も「わーい!夏休みだー!」という感じで、これから2ヶ月間は普段とは違う生活ペースになりそうです。

 

Report Card(リポートカード)と呼ばれる、いわゆる「通知表」ももらいました。

秋から3年生になる息子のリポートカードは封筒に入れられていて、「新3年生と父母のみなさんへ」という手紙が一緒に入っていました。

 

読んでみると、新3年生の先生は教科別になり、4人いる先生が、英語・算数・理科・社会のそれぞれを担当し、4クラスを同時に受け持つとのこと。

つまり、日本でもアメリカでも、中学から始まる教科別担当制度になるらしいのです。

 

うーん・・・・。

 

3年生で教科別というのはちょっと早すぎじゃないかな?という気がするのと同時に、それだけ、この”Common Core”(コモン・コア)カリキュラムの先生たちへの負担が大きいことを実感しています。

 

Common Coreは、この記事でもあっさりと書きましたが、Critical Thinkingを強化する内容のカリキュラムになっていて、これまでの詰め込み方式な教育と異なる方法をとっています。

 

日本でも「ゆとり教育」なんてありましたね。

このCommon Coreはゆとり教育だとは言えないのですが(ゆとり教育を知らないので)、カリキュラム上での変化として、そういうことが起こった、と考えてください。

 

 

 

たとえば、2年生の算数を引き合いに出してみると・・・

 

528 + 117 =

 

という計算問題がありました。

 

これまでは、筆算で

 

addition

 

となり、縦割りに数字を見て(ビジュアル)、一の位→十の位→百の位と順に足し算をしていきました。

 

コモン・コアではどういう教え方をするかというと、

 

528 は 100が5つ、10が2つ、1が8つ

117は 100が1つ、10が1つ、1が7つ。

 

で、それぞれ、100を足して、10を足して、1を足す。

 

というように、筆算(ビジュアル)で計算せずに、あくまで「論理」で考えるわけです。

 

ここでどう違うの?と書くのはなかなか難しいのですが、シンプルに書くと、「算数を文章で考える」という感じです。だから、文章や問題を読み取れないと、スタートラインにも立てなくなる。

 

私が個人的に感じるのは、算数とか数学というのは、それぞれの概念を理解していれば、トラディショナルだろうと、コモン・コアだろうと、ゆとりだろうと、詰め込みだろうと、日本だろうとアメリカだろうと、関係ないということ。それはおいおい書いていきたいのですが、まぁ今日はちょっと置いておきましょう。

 

 

これは算数の例ですが、英語・社会・理科も同様に手を入れられ、つまり、先生たちの指導要綱がガラリと変わったわけです。

 

先日、近所に住む、5年生の先生に、算数の教材について質問したことがありました。

しかし、彼女いわく「私、算数は担当してないんです。コモン・コアになってから、さっぱりわからなくなっちゃって・・・」とのこと。

え~そんなぁ・・・って感じですよね。日本だったらありえない。

 

まぁそんなわけで、うちの学校の新3年生では、一人の先生が全科目を担当するのではなく、分担を決めて学年全体を教えましょう、という結論に至ったようです。

もしかしたら、こういう体制をとる小学校も、コモン・コアのおかげで増えるかもしれませんね。

 

 

確かに、大変ですよ。

 

先生って大変。

 

どの学年でも、学年の最後にここまで行かなきゃいけない、というゴールがあって、それをサラリとできちゃう子もいれば、さっぱり入っていかない子もいるわけで、それを限られた時間内にみんな一緒に進みましょうね、というのはめっちゃめちゃ大変なことだと思います。(しかも小さいうちはなおさら)

 

そこにこんな劇的なカリキュラム改革が起こってしまい、しかも(親の目から見て)きちんと上から現場(先生たち)への新しいカリキュラムのトレーニングや説明が足りないまま、「とりあえずやってみて」って感じでポーンと丸投げされているイメージがあります。

いわば、子ども達は「実験台」。まぁ良くも悪くもですけど。

これでダメだったら、また元に戻しましょう的なところも見られます。(歴史的にこういうことは繰り返されますね)

 

幸いなことに、うちの先生たちは素晴らしい教師ばかりで、人間として尊敬できる人ばかり。

質問や疑問があれば、まっすぐにぶつかっていけるし、それをきちんと受け止めてくれるという自信もあります。

こちらが論理的で大人の対応をしている限り、子どもは守られていると思えるし、他の親たちと意見や考えをシェアすることも可能。「良い学校」ってこういうことだな~と最近は思っています。

 

日本の学校システムは、勉強も行事も、先生に丸投げという文化ですが、アメリカはそうではありません。

子どもの先生と密なコミュニケーションをとることに抵抗のある日本人も多いようですが、先輩ママや夫婦で共同参加することで、様々なギャップやハンディキャップを乗り越えてほしい。そしてその第一歩がクラスでのボランティアなんです。

 

だから、コモン・コアみたいなカリキュラム改革があってもなくても、一般的に「学校教育」というフェーズを乗り越えるためには、親が子どもの学校にinvolveし、状況を把握し、先生たちとのコミュニケーションを欠かさないことが必要になります。

学校や先生たちとちょうど良い距離を保ちつつ、子どものためにバランスのとれた親でいることが、価値ある学校教育につながると思うのです。

 

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む