女ですが、何か?

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

アメリカ大統領選挙もいよいよ大詰めですね。

投票者たちには、”Mail-in Ballot”と呼ばれる郵送投票用紙などが送られてきています。

先日行われた、選挙前最後の候補者ディベート。どうやらトランプの弱点がボロボロと出ているようで、戦局も見えてきたような気がしますが、どうなんでしょうか。

このディベートでのトランプの発言が物議を醸しています。

ヒラリーを、”such a nasty woman”(なんて嫌な女なんだ)と呼んだそうで。

 

これまで女性問題でザワザワしていた彼の本性が、この一言に詰め込まれている気がしますね。

 

もともと性差別的で、特に、賢くて実力のある女性をとにかく毛嫌いする男性。います、アメリカによくいますね。

まぁ私自身はその対象になれるほど有能な女性ではないですけど、端から見ていても、「うわー、ちっちゃい男だな〜」って思うことは多々あります。笑 口には出さないけど。

 

大統領選挙の話に戻って。

“Nasty woman”呼ばわりされたヒラリーは、これを逆手にとりました。

 

nastywomengetshitdone.com

 

というドメインネームを早速、購入し、彼女のキャンペーンウェブサイトにつながるようにしたそうです。笑

 

Nasty women get sh*t done.

 

というのは、直訳すると、「嫌な女たちは仕事を終わらせられる」つまり、「嫌な女たちは仕事ができる」ということです。

 

get sh*t done

 

は熟語で、どんなにくだらない用事でも片付ける、という意味です。

 

「今日は(どうでも良いような)やることがいっぱいあるな〜!さー、全部片付けてしまおう!!」という時に、”Let’s get sh*t done!”と言いますね。お行儀の良いみなさんはこんなこと言わないでしょうか・・・。

 

まぁ何はともあれ、こういう個人的な攻撃を、どうやって受け取り、かつ、自分の武器として逆に使うか、というのは、アメリカでは「人としての成熟度のものさし」とみなされ、こういう対応をできるヒラリーを、投票者たちは「あはは、さすがだなぁ〜!」と笑って讃えるわけですね。

そして逆に、もともとの攻撃を仕掛けてしまったトランプは、「小さい人間」と見なされてしまい、評価ががくんと落ちてしまうわけです。

つまり、力で押されたからといって、同じように押し返すことが賢明ではない、とアメリカ社会が認識している。

 

私はもともと平和主義なので、ヒートアップし続ける口論とか、「言い返してやったぜ!」みたいなやりとりが好きではありません。

そこで、私が個人的に感じることは、「ベストの攻撃とは、相手に罪悪感を感じさせること」であり、相手自身の言動を振り返らせて、それを後悔させることが何よりの攻撃だとわかりました。つまりは、こちらが手を汚す必要は全くないわけです。

これ、エリナ流女性の処世術。

結婚11年のうちの旦那は、「エリナとは議論しても絶対に勝てない」と思っているそうです。

 

 

だから、こういうヒラリーのような「さすが!」という切り返しは、自分の人生ノートにチェックしておきます。

自分がどこかで似たような状況に陥って、”You are XXXXX”なんて呼ばれたら、「じゃあ私もヒラリーにあやかって、xxxxxgetshitdone.comってウェブサイトでも作ろうかな♪」なんて笑って言えば良いじゃないですか。

そんなふうに笑われたら、相手は「しまった!こんなこと言わなきゃ良かった!」って後悔しますから、「エリナには敵わないな」と思って、結果的にこっちの勝ちですよ。

 

アメリカに暮らしていると、まぁ色々とあります。日本人同士、アメリカ人から、また他の外国人から。ね、色々ありますよね。信頼してくれる人や、可愛がってくれる人ばかりじゃありません。

でもそういう攻撃的な人やネガティブな人を構い始めると、こちらの身が持ちませんし、自分のやりたいこともできなくなりますから、「流す」というスキルは超大事になります。こういう切り返しを心がけておくことで、とにかく他人に対して嫌な思いをしなくて済む。

 

この記事でも書きましたが、アメリカンジョークを身につける、というのも自分を守る手段の一つでもありますね。

 

ちょうど今、夏目漱石の「吾輩は猫である」を読んでいるんですが(何を急に・・・)、そこでこんなシーンがあります。

主人公の「猫」の主人は胃が弱い教師で、薬を飲んでいます。ある日、彼が「効かなくなったからもう飲まない」と言うと、奥様が「飲んでください」、「いや、飲まない」というやりとりをします。

最後に、主人がこう言います。

 

「何でもいい、飲まんのだから飲まんのだ、女なんかに何がわかるものか、黙っていろ。」

 

あー、聞いたことあるセリフですねぇ。

この世の中には、国や時代に関係なく、問答無用で女を黙らせようとする男性っているんですねぇ。

 

で、この後の奥様の返事を三択にします。笑

みなさんはどれだと思いますか?

 

A. 「あなたのことを思って勧めているのに、何てことをおっしゃるのですか?」と怒る

B. 「そんなことおっしゃらずに、どうか飲んでくださいな」と下手に出る

C. 「どうせ女ですわ」と声のトーンを変えずに言う

 

 

 

 

答えはC。

 

その後も結局、主人は薬を飲まずに席を立ってしまうのですが、その姿を見て奥様はくすくすと笑っています。

「あ〜、こういう日本人女性もいたんだな」と思わされたシーンでした。

 

 

日本人女性は真面目な方が多いので、額面通りに言葉を受け取る人が多い。もうちょっとアメリカンジョークに耐性をつけられると、つまりは頭のネジを数本外すと、アメリカではちょうど良いかもしれません。

 

そんなわけで、今日の記事のタイトルは、「女ですが、何か?」です。

 

女ですが、何か?

ジャパニーズですが、何か?

英語は第二言語ですが、何か?

独身(または既婚)ですが、何か?

子持ちですが、何か?

 

・・・っていう開き直りができると、人間、強いです。

 

自分らしく生きるためには、まず自分が自分を受け入れることが必要だと思うのですが、どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む