へぇ〜な英語 「エレンの部屋」編 

2 Comments

 

こんにちは、Naokoです。

 

「エレンの部屋」(The Ellen DeGeneres Show)という番組をご存知でしょうか?2003年から続いているアメリカの人気トーク番組です。司会のエレン・デジェネレスはルイジアナ州出身のコメディアンですが、約20年も前の1997年に自身がレズビアンであることをカミングアウトしました。今でこそ同性愛者としてカミングアウトするセレブリティは増えていますが、20年前は事情が違います。

 

つい先月(2016年11月)、エレンはオバマ大統領から大統領自由勲章を授与されたばかり。

日本版VOGUEからの記事を抜粋します。

1997年に同性愛者であることを告白したエレンの勇気を称えながらも、そのリスクを伴った発表は簡単に忘れられがちであると語った。

オバマ大統領はスピーチの中で「大きく変わった現在の状況を考えると忘れがちですが、エレンが約20年前に公の場でカミングアウトすることはかなりの勇気が必要だったに違いありません。あんなかたちで自分のキャリアを危険にさらすことはとてつもない重荷だったことでしょう。簡単な事ではありません。そしてたくさんの人の希望を背負ったわけです」と語った。

私も日本にいたころにはエレンのことをよく知りませんでしたが、渡米してから「エレンの部屋」を録画して見るようになりました。番組には「時の人」がゲストに来ることが有名で、特に映画やドラマの俳優が多いので私自身この番組の大ファンです。

 

先日、8歳の次女が「ママに面白いもの見せてあげる」と言って見せてくれたのが下記の動画。「エレンの部屋」で、ファーストレディーのミシェル・オバマとエレンが薬局で買い物をする、という企画です。普段の生活で使える英語がたくさん出てきますよ。

 

 

【55秒経過】

 

Coinstarという機械を使ってみる2人。この機械は、たまった硬貨を入れると、その額を利用券(voucher:この小さな紙を持っていると、商品かサービスに交換できる)としてもらえます。大手スーパーによく置いてある機械で、私も一度使ったことがあります。 その店で買い物をする時に、利用券に記載してある金額をお金として使えるわけです。お店としても、お客にじゃらじゃらと小銭を出されるよりもスキャンすればいいだけだからラクですよね。

 

ミシェルはこれを使うのが初めてで、利用券が出てくることを知りません。実は私も、小銭がお札になって出てくると思っていました。

 

Michelle: This isn’t cash. (現金じゃないわ)

Ellen: This is a rip off.

(紙を引きちぎる動作のrip off と「これは詐欺だ」という意味がかけられています ←長女が教えてくれました!)

Michelle: What are we supposed to do? (どうすればいいの?)

 

be supposed to 〜という言い方は、アメリカに住むようになって「本当によく使うな〜」と思う言い方の1つ。

 

この後も、エレンが至るところで悪ふざけをして、ミシェルがたしなめるのが実に面白いです。

 

【3分経過】

 

娘のイヤフォンを選ぶミシェルの背中を、孫の手(back scratcher)で掻くエレン。

 

Michell: Could you chill out on the itching and help me with this here?

(掻くのはやめて、選ぶの手伝ってくれない?)

 

ミシェルを無視して店員さんのこともふざけて掻くエレン。

 

Michelle: This is not how you behave in a CVS.

(CVSでそういうことしないの)

 

子供が店で騒いだときに使える言い方ですね。

 

【4分経過】

 

大きなボックス入りのワインを手にとるミシェル。

 

Michelle: How does this work? How do you get it out of here?

(これ、どうすればいいの?どうやってワインを出すの?)

 

ワインの出し方が分からない2人はお客さんに教えてもらいます。

 

【4分53秒】

 

A woman: So put the cup under so it doesn’t start to pour on the ground.

And then you just turn it.

(カップを下に入れればワインが床にこぼれないの。あとはひねるだけ。)

 

こういう手順を説明する英語は簡単なようで難しく、私はいつも苦労しています。

 

【6分経過】

 

エレンがふざけて、わざと大声でミシェルに言います。

 

Ellen: What kind of cream do you need for that rash that you were telling me about?

かゆいところにつけるクリームが欲しいって言ってたよね?)

 

たいてい「かゆいところ」というのはデリケートな部分なので、それをわざと店中に聞こえるように言ったわけです。このrashという言葉は、覚えておくといい単語の1つ。かゆみを伴う湿疹やかぶれのことです。

 

【8分45秒】

 

Michelle: You know you’re really annoying. It’s like taking a three-year-old to the store.

(あなたにはホントにイライラさせられるわ。3才児を連れて買い物に来たみたい。)

 

ハイフンでつなげるときはthree-year-oldとyearが単数になります。ハイフンなしの I’m three years old.と言うときはyears

 

Youtubeの動画は英語の字幕を出せるので、面白いと思った動画の“これだ!”と思ったセリフを自分でもマネしてみるのは、とても効果的な英語力アップ法です。ついでに身振り手振り、さらには表情もマネしてみるのもオススメ。私が英語を教えるとしたら、こういう動画をたくさん使ってみたいと思っています。

 

まさに「笑う門には福来る」を象徴するようなこの番組、ぜひ見てみてくださいね。

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Naoko

日本で映画配給会社に勤めた後、約10年フリーの字幕翻訳家として働きました。2009年に家族でサンディエゴに移住。英語と映画・ドラマをこよなく愛しています。2014-2015年の2年間で英語を教える資格TESOLを取得。スマホを使ったチャットで英語力をアップさせる「スマホチャットdeカジュアル英会話」サービスを提供中。

2 Responses to “へぇ〜な英語 「エレンの部屋」編 ”

  1. avatar

    Erina

    私もこの手のトークショーに、大統領とか出てくるのが好きです。普段なら見られない一面をオープンに出すのがアメリカっぽいですよね。

    2分あたりの「あ!バーニー・サンダース!」に笑っちゃいました。笑
    あと、ボックスワインの開け方を知らないあたり、二人ともセレブだな〜・・・なんて思っちゃいました。ボックスワインは庶民のシンボルみたいな存在ですもんね。

  2. avatar

    Naoko

    Erinaさん、たしかにボックスワインは庶民の象徴かも!私は断然ビール派なので、買ったことはないのですが。
    渡米当初、ビールの栓を手で開ける人が多いことに私はかなり驚きました。手でも簡単に開けられるようになっている、ということを知らなかったのです。
    開けられるとは言っても結構力がいるし手や指が痛くなるから、私はいまだに栓抜きを必ず使っています。

コメントを書き込む