“Keep Kids Busy” の罠

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

“Keep kids busy” というフレーズを聞いたことがあるでしょうか。

 

子供が幼児期になると、物事や他人への興味が高まり、とにかく「なんでもやりたい!」という時期に入ります。

小学生になると、体力もついてきて、一日中エネルギーが持続するようになります。

 

そんな中で、親たちは子供達を何かに熱中させておくために、”We need to keep kids busy!” と思い始め、習い事やスポーツをさせるわけです。

 

私も子供達が小学校に入る頃、

 

“You have to keep kids busy, otherwise they will get in trouble.”

(子供に何かさせて忙しくさせないとダメよ、そうでないと非行に走るから。)

 

と言われて、ふーん、そんなもんかね。と思いました。

 

しかし、この記事でも書いたように、アメリカでの習い事は安くありません。平日5日、子供2人分なんて、経済的にも無理だし、まして送り迎えが必須のこの国では物理的にも無理です。

うちの子供達は、小学校入学からアフタースクール(学校内の学童保育)に通っていて、そこでは宿題も終わらせて、おやつも食べて、外遊び・中遊びもやってくれるので、これが放課後はメインのアクティビティになっています。

 

それでもうちの周りには、複数の子供たちがそれぞれ週2〜3日で習い事・スポーツをやっているという家庭が多々あり(しかも共働き)、いやぁ、すごいなぁと感心してしまうのです。

 

その中でも、うちの近所に住む、娘の親友Mちゃん(7歳)は、月曜がダンス、水曜がガールスカウト、木曜が水泳、土日はお姉ちゃんのチアの付き添いと、かなり忙しい一週間を送っています。

聞けば、Mちゃんの姉(10歳)も同様に一週間びっしりのスケジュールで、家族でまとまって、ゆっくりとディナーを食べることはほとんどないそうです。

まぁもちろんこれは家庭ごとのポリシーなのですが、私はこの家庭の忙しさを見て、「うちはそこまではやりたくないな」と思ったのでした。というか、私たち夫婦の中で、「ディナーはみんなで食べる」というのがとても大事な部分なので、それを犠牲にしてまで習い事をやる必要はない、という見解です。

 

うちの子供達を見ていて感じるのですが、子供(というか人間)には、何か新しいことを学んだ時に、「インプットの時間」と「アウトプットの時間」が必要ですが、これに加えて、「自分の中にsoak inさせる時間」というものも必要です。(”soak in” は水などがスポンジなどに染み込む、という感じで使われますね。)

 

これは、勉強でもスポーツでも、新しいことを習ったら(インプット)、それを自分で咀嚼して、理解する時間のこと。これは人によりますが、1時間とか2時間とか、物理的に時間が必要なプロセスです。

 

流れでいうと、

 

input → soak in → output

 

という感じです。

 

なので、soak in の時間がなく、次から次へ、「ハイ、これやって!ハイ、次はこれもやって!」と急かされていると、overwhelmingなままで、身につくものも身につかない。”Counterproductive”とはこのことですね。

 

特に、私が算数や数学などを教えていて、大事にしていることは、子供達が「自分で納得する時間」が確保されているということ。

というのも、子供が自分で納得して身についていないものというのは、数学だろうと、野球だろうと、音楽だろうと、アウトプットできないからです。私は自分の経験上、こういう状態が長引くと、飽きたり、疲れたりしてやめてしまうと思います。

 

私は、習い事だけが “the way to keep kids busy” だとは思わないし、そのために家族の時間がなくなっては本末転倒であり、人間の習得プロセスという視点から考えても非効率的なのでは?と思います。

加えて、子供というのは、なければないで、頭を使って工夫したり、新しい何かを作ったりするものです。私はそういうプロセスのほうが、与えられた課題よりもずっとずっと価値があると思っているし、奇想天外なことを思いつく人というのは、子供の頃にそういう自由を経験した人に多い気がします。

 

 

我が家では、その日の宿題が終わっていれば、テレビを見たり、ゲームをする時間も、脳みそと体をクールダウンするのに必要なんじゃない?と思うようにしていて、それが、明日一日を元気に過ごせるための充電時間ならば、ま、いいか、と思っているのです。

まぁ、充電どころか二人でギャーギャー喧嘩してますけどね。笑

ちょっとあんたら、もっと学校でエネルギーを消費してきなさい、と言いたい。

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。
日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。
アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む