日米の高校数学の比較

2 Comments

こんにちは、Erinaです。

 

今日は、日本とアメリカの高校数学の比較をしてみたいと思います。

 

日本の高校数学は、

1年生:数学Iと数学A

2年生:数学IIと数学B

3年生:数学III(理系)←数学Cは新課程では廃止

 

となっていますが、アメリカでは学年にはあまりこだわらずに、レベルや必要に応じてクラスを取ります。

 

そんなわけで、このややこしい高校数学の日米比較表を作ってみましたので、ちょっと紹介します。

 

まず、アメリカの高校数学は、スタンダードなカリキュラムでは、

  • Geometry(幾何学、つまり図形)
  • Algebra 1&2(代数学)
  • Trigonometry(三角関数)
  • Pre-Calculus(微積分学の準備コース)
  • Calculus(微積分学)
  • Statistics(統計学)

のように、単元というか分野ごとに分かれていて、高校一年生は全員これ!ということではありません。(最近では、”Integrated Math” などと呼ばれることもあるようですが、これはまた後で紹介します)

 

なので、日本で高校に通った人にとっては、「今、アメリカでやっているこの単元は、日本の何年生の数学にあたるかわからない」ということがしばしば。

そんなわけで、それぞれの学年・分野で学ぶことを細分化して、日米でいつ履修するのか比較してみました。

左からそれぞれ、日本の高校でのクラス、日本語での単元名、英語での単元と内容、アメリカの高校でのクラスになっています。

 

 

日本のクラス 日本の単元 アメリカの単元 アメリカのクラス
数学 I 数と式
  • Factoring
  • Radicals
 Algebra
集合と論理
  • Sets
  • Number Theory
 Algebra
二次関数
  •  Quadratic Function
 Algebra
図形と計量
  • Trigonometric Identities
  • Law of Sines
  • Law of Cosines
 Algebra/Trigonometry
データと分析
  • Mean
  • Median
  • Mode
  • Standard Deviation
 Algebra/Statistics
 数学 A 場合の数と確率
  • Permutation
  • Combination
  • Probability
 Algebra
整数の性質
  • Divisor
  • Factor
  • Euclidean Algorithm
 Algebra
図形の性質
  • Angles
  • Euclidean Geometry
 Geometry
 数学 II 方程式・式と証明
  • Factoring
  • Polynomials
 Algebra
図形と方程式
  • Inequality
  • Graphs
 Algebra
三角関数
  • Trigonometry
 Trigonometry
指数関数・対数関数
  • Exponential Function
  • Logarithmic Function
 Algebra
微分・積分
  • Derivative
  • Integral
 Calculus
 数学 B 数列
  • Series
  • Sequences
 Algebra
ベクトル
  •  Vectors
 Algebra
確率分布
  •  Probability
 Algebra/Statistics
 数学 III 平面上の曲線
  • Conic Section
  • Parabola
  • Ellipse
 Algebra
複素数平面
  • Complex Number
  • Complex Plane
 Algebra
関数と極限
  • Limits
 Calculus
微分と応用
  •  Derivatives and application
 Calculus
積分と応用
  •  Integrals and application
 Calculus
(旧課程)

数学 C

 行列
  • Matrices
 Algebra
 数値計算
  • Bisection Method
  • Newton’s Method
  • Simpson’s Rule
 Calculus

 

 

先述の “Integrated Math” というのは、だいたい Algebra とGeometry が一緒にされ、それにプラスアルファで国語的なものが含まれているという印象です。

 

 

日本の高校で数学が大の苦手だった私が、アメリカの大学で数学を勉強して感じたことは、ノウハウやテクニックに頼らず、その単元や分野の本質を捉えることができれば、言語やカリキュラムに左右されることはないということ。

それはつまり、数学を「自分のものにできるか」というところにあります。

今、数学を勉強している学生達と向き合って感じることもやはりそれです。

数学を苦手に感じている子供というのは、自分でその単元や問題を説明できない、つまり、自分のものにできていません。逆に、子供達が「わかった!」と言うときは、必ず彼らに説明させるようにしています。そうあって初めて、テストで答えられるからです。

 

そのあたりの対処法もまた書いてみたいと思います。

 

日米の算数・数学教育の違いについてはこの記事でもどうぞ。

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。 ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。 二人の小学生のママです。 趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

2 Responses to “日米の高校数学の比較”

  1. avatar

    みつ

    エリナさんの記事はいつも面白いです。
    日本の高校数学は、IとAで分けている所からして、センスがない気がします。
    確かに、最初で出鼻をくじかれると、すべてがわかりそうにないと判断しそうになりますし。
    日本が求める受験数学とは、異なる問題で、評価されているんですか?

  2. avatar

    Erina

    みつさん、こんにちは!
    そうですね、確かに、アメリカみたいに分けられていると、「去年の数学はCだったけど、今年はB」とかっていう子がけっこういます。
    挽回できるシステムですよね。
    日米の受験でどんな数学が聞かれるのか、良い質問ですね。ちょっと私も調べてみます!

コメントを書き込む