バイリンガル教育で考えたいこと

2 Comments

こんにちは、Erinaです。

 

この21世紀、子供達を様々な言語や文化に触れさせることは、それほど難しいことではありません。

しかしそこで、親として、教師として考えなくてはならないのは、「何をどれだけ教えるか?」ということ。

 

例えば、私の周りに多い日英バイリンガル家庭。

 

この記事でも書きましたが、日本人家族がアメリカで暮らしていく上で直面する言葉の問題は、子供がどの年齢になっても起こるようで、子供がおしゃべりをしだす幼児期を経て、学童期に入った時に、再び、親たちの間でリアリティチェックをする機会が増えるようです。

 

そこで今回は、小学校に上がる学童期から、その後(思春期〜自立期)へのビジョンを含めたバイリンガル教育というものについて書いてみたいと思います。

 

まず、とりあえずたくさんその言語に触れさせる(いわゆる「量」)の幼児期を乗り越えた後は、ただ単純に「日本語を教える」とか「英語を教える」というのではなく、何をどれだけ、そしてどんな目的で教えるのか?という「質」を踏まえた長期的なビジョンが必要になるようです。

 

たとえば・・・

  • 目的:祖父母との会話、帰国時の編入、大学進学、就職・・・
  • 何:英語、日本語、日本文化、アメリカ文化・・・
  • どれだけ:会話レベル、初等教育レベル、高等教育レベル、就職レベル・・・

 

など、一口に「バイリンガル」と言っても、目的が変われば、何をどれだけ教えるかという心構えや、計画も変わってきます。

 

「日本人だから日本語を話す」という表面的な能力ではなく、日本語という一つの言語を駆使して、何をさせたいのか、何をしたいのか、という親にとって意識の切り替えが必要になるのが、この学童期。

 

なぜかというと、このブログでも書いてきましたが、言葉というのは、目的ではなく「道具」だからです。

 

「日本人だから日本語を話す」というのは、日本語を目的と捉えた見方ですが、実際、言葉というのは、何かを達成するためのツールであり、目的ではありません。

 

たとえネイティブだって、「完璧」という人はいません。

そうですよね?何十年も使ってきた自分の日本語、「完璧」と言えますか?私は言えません。読めない漢字もごまんとあるし、間違って使ってしまう言葉もあるし、敬語もままならないし・・・。

 

つまり、ゴール自体が存在しない言語というものが「目的」になってしまうと、絶対にたどり着かないゴールを追ってマラソンをしているようなもので、親も子も疲れ果ててしまう。

 

だから、他に目的が必要になるのです。

 

たとえば、「日本のおじいちゃんおばあちゃんと会話できること」が目的であれば、小学校入学〜低学年の日本語で十分かもしれない。

「帰国して日本の中学・高校に編入する」が目的であれば、やはり日本語だけでなく、日本の学力も必要になってくる。

日本の大学に行くなら大学入試レベル、日本で就職するならビジネス日本語・・・と、目的によって内容もコミットメントも変わってきます。

 

そして、現役高校生のAkariちゃんがこの記事でも書いてくれたように、「言語」というものにはコミュニケーションツール以上の機能があります。

それは、「自我」を形成するために欠かせない、自己表現ツールという機能です。

特に子供が思春期に入り、自分という存在を定義したり、自分の意思や情緒を形にする上で、欠かせないのが「言葉」。

 

しかし、

 

自分を定義したい!

自分の情緒を形にしたい!

 

という10代特有の欲求に、言葉のボキャブラリーがキャッチアップできないために起こるのが、反抗期だったり思春期だと私は思っています。つまり、急激に起こる情緒(内面)の成長に、言葉の成長が追いついていかない。

 

イメージはこんな感じ・・・

 

だから、そのイライラを「むかつく!」とか「ウザい!」という便利な言葉でしか表現できなくて、親は、「なんなの、その言葉遣い!」と喧嘩になる。

私たち大人のように、ボキャブラリーが足りていれば、自分のストレスの原因を言葉を使って分析し、解決策を見つけたり、納得できるのですが、それができない子供は、かんしゃくを起こしたり、反抗期になったりするわけです。

 

この時期というのは、話す言語が一つだろうと、二つだろうと、三つだろうと、人間にやってくるものであり、バイリンガル環境で育っていなくても直面する成長過程です。

 

しかし、やはりここで考えたいのは、バイリンガル環境で育った子供が持つハンディキャップです。

前述の記事でも書いたように、バイリンガルではなく、「セミリンガル」という用語が使われるようになったのは、やはり、人間の脳というのは容量が決まっていて、複数言語を使って生活する場合、その容量を分けることになる、という(つまりは「量的」ではなく「質的」な)考えが広まっているからだと考えられます。

 

それはどういうことかというと、「お弁当箱」を想像してください。

 

お弁当箱って容量が決まってますよね。

 

そこに、昨日の残りのカレーライスと、今朝作ったオムライスを両方とも食べたい場合、お弁当箱を半分に仕切らなくてはならず、容量も半分ずつしか入りません。

 

そこでもし自分の兄が、「いや、僕の弁当はオムライスだけで良い」と言えば、兄は、お昼にオムライスを100%楽しめる。もしオムライスがチキンライスだったとして、兄のお弁当箱にはチキンが多く入る確率も増えるわけです。

カレーに入ったジャガイモが好きだとしても、スペースが足りないからジャガイモは一切れしか入らないかもしれない。

「自分はカレーとオムライスのどっちとも100%食べたいから、お弁当二つ作って!」とはなりませんよね?

つまり、「カレーライスとオムライスの二種類」という量的な考えではなく、「それぞれの中身はどうなっているか」という質的な考えですね。

 

人間の脳も同じで、二言語を使って生活しているからといって、脳が二つになるわけではなく、一つの脳で、日英の配分率を変えながら子供達は成長していると考えられます。

つまり、幼児時代は日:英=9:1だったけれど、小学校に上がった途端に5:5になり、徐々に日英の割合が逆転し、中高になれば英語メインになるのはそのせいです。

そこで50-50で二種類楽しむか、二者択一するのか、それとも割合を変えてキープするのか、という判断や親子間のコミュニケーションは必要になってくるでしょうし、また、一言語で育っている他の子供達と、彼らは勝負しなくてはならないという現実も考慮しなくてはなりません。

ただでさえ広がっていく、自分の内面と言語力のギャップなのに、その言語をさらに分けてしまったら、内面の成長に追いつくことがなかなか難しい。

 

 

こうやって、自分の子供たちの成長を、「人間としての成長」として捉えた時、彼らに何が必要なのかが見えてくるだろうし、同時に、子供が直面しているプレッシャーや、成長過程において避けられないフラストレーションも視界に入るのではないでしょうか。

やはり、バイリンガル環境で育つ子供たちの悩みというのは、そもそも言葉にされない部分も多く、一言語のみで育ってきた親からは見えないことが多いようです。

 

この21世紀、私は「外国語を話せる」というのは素晴らしいスキルだと思います。

一言語よりは二言語、二言語よりは三言語知っていたほうが有利だと思います。

 

だけど、「子供の成長」という要因がそこに入ってきた場合、話せる言語数の前に、人間としての意思や情緒の成長という意味では、親というのは何よりも大きな存在であることは事実であり、その責任と影響を、日々チェックするのが、21世紀に子育てをする私たち親の使命なのではないかな、と思うのです。

 

そういう意味で、東洋経済オンラインのこの記事には同意せざるを得ませんでした。

私は、英語で喧嘩できます。笑

たいていは勝つ自信もあります。爆笑 (特にしたくはないけど・・・)

 

 

 

 

どうでしょうか。

 

まだ読んでない方は、こちらの「使わない言語は忘れる」も読んでみてください。

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

2 Responses to “バイリンガル教育で考えたいこと”

  1. avatar

    ひろこ

    Erina さん、初めてコメントさせて頂きます。

    私の娘は6歳で現地の学校の1年生に上がりました。8月後半の誕生日なので、クラスでも一番年下です。5歳の頃から日本語土曜学校に通っているのですが、9月に入って現地校の方も土曜学校の方も行くのに抵抗があるのか、朝からぐずる事が多くなってきました。今までは楽しそうに通っていたので、このまま頑張らせようと思っていたのですが、最近は平仮名の宿題やろうと言っても机に伏し、やる気がないようです。このまま続けさせた方が良いのか、自分でやりたいと行く気持ちが出るまで待つのが良いのか迷っている時にErinさんのブログにたどり着きました。私自身アメリカでの生活の方が日本で育った時間より長くなってしまったので、英語の方が話しやすいと思う日々です。それなのに、アメリカで生まれ育って、日本に帰る予定は全然ないのに、土曜日まで学校に行かせるのはどうなのか。。。今しかできない事を、本人が楽しいと心から思える事をやらせてあげた方が良いのではと思ってきています。その中で自分から日本語学びたいと思った時に勉強した方が効率も良いのかと。私の周りにもたくさんの日本人お母さんたちがお子さんたちを土曜学校に連れて行っている中で、私もその波に流されていただけなのかなと、このブログを読ませていただいて思いました。

    長くなってしまいましたが、Erinさんのサイトに出会えて、他にも私と同じような悩みを持っている海外で暮らして居る日本人お母さん方が居る言う事に励まされました。ありがとうございます!

  2. avatar

    Erina

    ひろこさん、初めまして。
    コメントいただき、ありがとうございます。

    そうですね、やはり言語習得というのは、個人で異なるものだし、学年が上がるにつれて、右へならえでは続かなくなることも増えてくるでしょうね。
    そこでやはり、親が今の自分たちに何が必要なのかを見極めることは大事だと思います。私は日本語を教えることをやめましたが、それで、将来的に、「どうして教えてくれなかったの?」って言われるかもしれないし、逆に、「別に教えてくれなくて良かったよ」って言われるかもしれない。正しい答えが何なのかなんて、わかりませんよね。
    だからこそ、今の自分たちにフォーカスして、将来、振り返ってみたときに、「あぁ、やっぱりあのときにああして良かったんだな」って考えるしかないと思います。うちも日本語を教えるチョイスがあったかもしれないけど、でも教えなかったからこそ出来上がった今の我が家に私は100%満足しているし、これで良かったんだな、と思えます。
    ひろこさんファミリーが納得出来る決断に至りますように。

コメントを書き込む