なぜアメリカの教科書には全ての解答が載っていないのか

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

今日は、アメリカの教科書のとある「謎」について考えてみたいと思います。

 

アメリカで教科書、特に数学の教科書を見たことがある方、または使ったことがある方は、知っているであろう、ある事実。

 

 

「練習問題の解答 (Answer Key) が全て、教科書に載っていない」

 

 

教科書には、単元ごとに練習問題がありますよね。

これらの問題の解答というのが、教科書の後ろに載っているのですが、なんと全ては載っておらず、奇数番号の問題 (1, 3, 5, 7, …..) だけだったりします。

 

これについて、「どうして?!」とイライラする日本人は少なくありません。

 

なぜなら、課題で「#1から20までやりなさい」と先生に言われたのに、答えは、1, 3, 5, 7…と半分しか載っていないのだから、「自分の答えが正しいかどうか、チェックできないじゃない!」と感じるわけです。これは、「自分の答えを解答でチェックする」というのが、日本の常識だったからです。

なので、私も当初は、自分の答えを確認できないことが気持ち悪かったし、なんだか腑に落ちない気持ちで宿題を提出していました。

 

しかし最近になって、特に、自分が数学を教えるようになって、「なぜ、アメリカのテキストブック(教科書)には、全ての答えが載っていないか」がわかってきたのです。

 

それはズバリ、

 

「正しい方法でやっていれば、答えはあっている」

 

というのが大前提だからです。

 

つまり、「練習問題」というのは、「間違いを発見する場所」ではなく、「正しいやり方を練習する場所」なわけです。

 

「間違いを発見する場所」という意識で、練習問題に取り組んだ場合、自分のやっていることに自信が持てず、「自分の答えがあっているか、間違っているか」というチェックをするため、解答に頼らなくてはならない。答え合わせはギャンブルみたいにドキドキです。

こうやって、解答(または採点者)に自分の正否をジャッジしてもらう場合、「自分は今、何をやっているのか」を意識しながら問題を解く癖がつきません。

先生に言われたことや、決められたルールを、目の前の問題で繰り返すだけの「単純作業」でしかないのです。

 

しかし、「正しいやり方を練習する場所」という意識で、問題に取り組んだ場合、プロセスの一つひとつを理解しなくてはならないし、自分のやっていることの意味を知らなくてはなりません。

そうやって、「今、自分は何をやっているか」をきちんと把握していれば、正解にたどり着くのは必然、と考えるから、アメリカの教科書には全ての解答が載っていない、というか、全て載せる必要がないのでは、と私は思うのです。

 

スポーツでもそうですよね。

 

たとえば、野球やテニスで何千、何万とやらされる、「素振り」。

あれって、間違ったフォームでやって、意味があるでしょうか?ありません。

 

バスケットのフリースロー練習は、ただひたすら投げるだけですか?違いますよね。

 

単純練習というのは、何も考えずにリピートすることが目的ではありません。頭を使って、今、何をやっているのか、体のどの部分に注意を向けて、どういう体の使い方をすれば、正しいフォームを体に覚えさせられるか、と意識的にやるもので、数学も同じなのです。

 

アメリカの中学以上の数学では、先生たちというのは、宿題の全ての答えを一つずつチェックしません。大学に行けば特にそうです。「授業を聞いて、理解できていたら、宿題はできて当たり前だよね」という、学生の自発性を試される考え方です。

 

「やり方がわからなかったら、質問に来なさい」というスタンスなので、まずは自分でやってみる、というのが当たり前だからです。

だから、答え合わせにあまりエネルギーと時間をかけない。

なので、先生とは別に、採点者 (Grader) という人がいて(たいていアルバイトの学生)、その人が宿題の正答率や提出率なんかをチェックします。

 

私も思えば、自分のやり方に自信が持てなかった時は、「解答」の存在が必要だったけれど、今になって、自信が持てる、つまり説明できるくらい理解するようになると、別に答えはチェックしなくても、(たぶんあってるし・・・)と思うようになりました。

たまに、やり方がわからないというものがあったとしても、答えをチェックするのではなく、やり方を調べよう、という考え方になりました。

 

 

 

そこでやはり、「数学で点が取れない」という場合、自分のミステイクを発見する練習はとても大事です。

 

単純な計算ミスなのか、それともコンセプトを理解していないのか。

「あ、ここでマイナスとマイナスのかけ算を間違っちゃった」とか、「なーんだ、このたし算、違うじゃん」と自分で気づけたら、素晴らしいです。

 

人間は誰しも、自分のミステイクを認めるのが大嫌いですから、客観的に自分の答案を見ることができるというのは、優れた Critical Thinker になるための第一歩です。

 

 

 

こういう自主練習をするために、アメリカの教科書には、全ての答えが載っていない。

 

私はそう思います。

 

数学、めちゃめちゃ面白いですよ。

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。
日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。
アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む