アメリカのJury Duty(陪審員義務)

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

先日、また行ってきました。

Jury Dutyこと「陪審員義務」。

 

アメリカでは、市民の責任としてJury Dutyに参加することがあります。

私も2009年から市民なので、Jury Dutyの手紙が来るたびにきちんと出向いています。

 

しかし、実際に裁判まで到達するのはその中の少数で、毎回ロシアンルーレットのように「来るかなー、来ないでー」という感じでドキドキするのですが、今回はこれまでになく裁判に近いところまで行きましたので、ちょっと書いておこうと思います。

 

まず、アメリカ市民かどうかに関わらず、Summonと呼ばれる「呼び出し状」が届きます。

これは私が思うに、ソーシャルセキュリティかDMVなどのデータベースを使っているようで、市民以外にも届きます。

私も初めてこれを受け取ったのは留学生時代で、「なんじゃこりゃ?」と思いましたが、ホストマザーに、「裏面の【わたしは市民ではありません】をチェックして返送しなさい」と言われてそうしました。

 

裏面には、「参加しなくても良い理由」のリストがあり、自分がそれらに当てはまる場合は、該当項目をチェックして送り返します。

 

 

 

私の場合、「参加できない理由」はないので、とりあえず指定した日時に裁判所に向かいます。

 

朝8時に Jury Lounge と呼ばれる陪審員の待合室に入ると、だいたい200人くらいが座っています。

みんな眠そう。

フロントでバッジにするプラスティックの名札と鉛筆を受け取り、座っていると、8時15分くらいに天井からぶら下がっているテレビモニターで「Jury Dutyの素晴らしさ」を伝えるビデオが流されます。

それが終わると担当者が入ってきて、ジョークを交えて「今日はきてくれてありがとうございます」を伝え、全員からSummonsを集めます。これがこの日に出席した証になるのです。

 

 

しかし典型的な裁判に参加するとなると3〜7日ほど出席しなくてはなりません。実は私はこの週に大事な用事があり、もし選ばれちゃったら出席できないわ・・・という状態でした。

その場合、再スケジュールすることになります。

受付に戻って事情を説明すると、「じゃあ一応、この日付で再スケジュールしておきますが、前後2週間以内なら、いつ来ても良いです」と言われました。

 

 

そんなわけで数週間後、また朝8時に出向くと、大体9時半〜10時頃に最初の呼び出しが。

ここでは50人くらいが呼び出され、上階の裁判室Aに向かいます。このグループには呼び出されることはなく、セーフ。

その後、11時頃に2度目の呼び出しがあり、ここでなんと私も呼び出されてしまい、裁判室Bに向かうことに。

 

裁判室前の廊下に呼び出された50人がおもむろに立っていると、中から別の担当者が入ってきて、点呼を取ります。全員いるとわかると、本名ではなくてJury Number(陪審員番号)を与えられ、順番に裁判室に入ります。

 

私は29番。

 

裁判室に入ると、ずらっと席が並んでいて、”jury bailiff” と呼ばれる警察じゃないけど裁判室の警備などにあたる人が「あなたはこの席に座ってください」とJury numberごとに着席させていきます。

この順番は実はかなり重要で、番号が前の方がやはり陪審員に選ばれる可能性が高いわけです。

 

そして全員が席に着くと、裁判官1名と、今回の裁判の被疑者、担当弁護士、検事などが入ってきて、ケースの説明を簡単にします。

 

それを元に、今回はJury 達が質問をされます。

 

ここで選ばれた50名は、”Jury panel” と呼ばれ、実際の裁判に参加するかどうか「選ばれる」わけです。つまり、弁護士と検事が、「この人になら自分のケースの陪審員になってほしい」と決めるわけです。

 

そこで最初の28名には、簡単なバックグラウンドに関する質問をしていきます。

  • 家族構成
  • 仕事
  • 法律に関わる親戚の有無
  • このケースを公正に見ることができるかどうか

などです。

 

私は29番目だったので、超ギリギリ!

29番目以降は、「たぶん選ばれないだろうから、参加はしなくて良いけど、でも念のため、ちょっと待ってて」という補欠組。つまり私は補欠組のトップバッターだったわけです。すごいビミョーな位置。

 

そんなわけで、(全然知らない)28人の家族構成やら仕事やらを聞き(←もちろん居眠りしそうなくらいつまらない)、それが終わると、裁判官・弁護士・検事の3人は部屋を出て、何やら相談をしに行きました。

 

数分後に戻ってくると、今度は弁護士と検事が交代に1〜28番に質問をしていきます。

 

「さっき、旦那さんが弁護士をしていると言ったけど、Criminal(刑事)ですか?それとも Civil(民事)ですか?」

「さっき、○○という犯罪の被害にあったと言ってたけど、どんな結果になりましたか?」

 

などなど。

それらの質問を元に、「この人はこのケースで、自分たちにとって不利になるな」と思ったら、パネルから外していくわけです。

 

それが終わると、まずは裁判官が、不適切だと思う陪審員をパネルから外していきます。

たとえば、児童虐待のケースで、私自身の場合は、被害者である子どもに感情移入してしまい、フェアなジャッジメントができなさそうだな・・・となると、外されるわけです。

 

“Jury #2, you are excused.”

 

と言われると、2番の人は裁判室から退出し、3番以降の人が席をずれていきます。

 

それが終わると、今度は弁護士・検事が、不適切だと思う陪審員をパネルから外していきます。

 

“Jury #5, you are excused.”

“Jury #7, you are excused.”

 

・・・・と番号がかなり詰まっている部分もあり、どんどん人が減っていきます。

 

最終的に陪審員になるのは12人。

私の前にいるのは28人。

つまり、17人以上外された場合、トップパッターの私が残る可能性もあるわけです。

 

これだけいれば大丈夫でしょ〜。

 

と呑気に見ていたのもつかの間、あっという間にパネルの半分がいなくなりました。

 

“Jury #25, you are excused.”

 

いや、もうそれ以上、外さないで!!

 

と思った瞬間、最後の一人が決定。

27番と28番が補欠として残ることになりました。

 

「29番以降の方は退出してオーケーです。ありがとうございました。」

 

うわー!よかったー・・・。

 

エレベーターの中で、30番の女の子と、「すごいギリギリだったね」と言いながら、無事帰宅。

とりあえず1年間は呼ばれることなく、無事に義務を果たしたわけです。

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む