子どもと携帯電話について

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

「子供にいつ携帯電話を与えるか?」

 

というのは、現代の親にとって避けては通れない問題です。

 

我が家も上の子供が11歳になり、今年の秋からは中学生になります。同級生に限らず、周りの子供達でも携帯電話を持ち始める子供がちらほらと現れて、新しい問題に頭を悩ませる時期になりました。

早い子供では小学3年生頃から持ち始め、私が教える高校フレッシュマンのクラス(日本の中3)では全員が携帯電話を持っています。

 

「いつがベストタイミングか」というのはもちろん家庭によって異なると思いますが、今日は、子供に携帯電話を与えることによって起こること、そして親として持っていたい心構えについて書いてみたいと思います。

 

まず結論から言うと、我が家は子供達に携帯を与える予定は当分ありません。テレビゲームやコンピューターの導入もかなり遅いローテク家庭で、「いつとは言わないけど、携帯を持つのはクラスで最後と思った方が良い」とうちの子供達に言っています。

現在のうちの子供達にとって、携帯電話の必要性はものすごく低い、というのが私たち夫婦の見解です。

理系でIT系の仕事もしてきた私たち夫婦が、このような見解を持つのは不思議に思われるかもしれませんが、それはつまり、人間としての生活に、テクノロジーがどんな影響を及ぼすか(または及ぼさないか)を知っているからです。つまり、携帯電話が及ぼすであろう悪影響とベネフィットを天秤にかけた時、”It’s not worth it.”(その価値はない)と思った、というのが結論です。

 

では、何をもってそういう結論に至ったのかを書いてみます。

 

アメリカの中高生達を見ていると、携帯電話への依存度の高さに驚きます。

彼らの携帯電話はまさに「体の一部」になっていて、肌身離さず持ち歩き、数分でも画面から目を離すことにものすごい拒絶感を感じる。私は専門家ではないけれども、それは中毒患者達を見ているようで、そこには意志とか思考というものは見えず、受動的に、刹那的に、何かを受け取ろうとしている。それは最近、流行っている「マインドフル」の逆の「マインドレス」の状態で、ロボットや機械みたいな、人間ではない「何か」になってしまっているのです。

 

私は最初、その光景の異様さにドキッとしました。そして、

 

「少なくとも、自分の子供だけはこうさせてはいけない」

 

というのが正直な感想でした。

そして同時に、自分もそうなってしまっているのかも、という反省も生まれました。

 

アメリカの中高教師達は、生徒達が授業中に携帯を使わないように注意・指導することにものすごい時間と労力をかけています。これを見ていると、一旦与えたものを取り上げるのはいかに大変かがわかるし、まして彼らの一部になってしまったものを否定するのはとても非生産的です。

 

なので、携帯電話と戦うための最善策は、「与えないこと」という結論に私は至りました。

 

しかしながら、独り立ちして家を出るまで携帯を与えない、というのはそれも非現実的でしょう。私自身もそうだったように、高校生くらいになればその必要性も高まってくるだろうし、それを無視するわけにはいきません。

 

では、本当にもうこれ以上は待てない!というポイントに達した時、親が持っておくべき心構えは、どんなことでしょうか。

 

それは、親として、

 

「子供の成長にとって(携帯電話以外の)必要なものを、全て与えきったか?」

 

という質問に、「イエス」と答えられたら。

 

つまり、親の自分から与えられるものは、全てもう与えることはできた、と思えたら、携帯電話に登場してもらっても良いと思います。

子供は成長とともに、外の世界へ出て行き、親の知らないところで勝手に成長してきたり、新しいことを身につけるものが増えていきます。親が100%与えなくてはならないものの割合は、年齢が上がるにつれてどんどん少なくなっていき、いつかは自分で決断していく。

 

しかしそのプロセスの中で、やはり「親(または家庭)が与えなくてはならない絶対的なもの」というのは存在していて、それを携帯電話だとか学校だとか塾だとかに任せてしまうのは、とても危険だということです。

この「絶対的なもの」というのは、私が思う「人間力」を培うもので、どんな相手であれ一人の人間として向き合うこととか、どこに人生の勝負場所を持ってくるかとか、境界線はどこなのかとか、どんな環境でも幸せになれるとか、まぁそういうもろもろのものです。

 

そういう人間として生きていく上で最低限必要なスキルは、一旦、携帯電話というものを与えてしまったら、教えなおすのはとっても大変です。断言します。めちゃめちゃ大変です。

これらの最低限必要なスキルを持つことを「自我(アイデンティティ)」というのだろうけど、やはりそれが曖昧なうちに携帯電話を与えるのは、危険だよなぁと思わざるを得ません。

 

ある日、休み時間中に自分の携帯電話に没頭していた私の生徒達が、箱に入ったブロックを見つけました。手を使って学習するための math manipulatives と呼ばれる教材です。

 

 

それまで動画やらチャットやらで忙しかった生徒達が、携帯を脇に置いて、黙々と手を動かしてブロックで何かを作り始めました。その姿はまるで5歳児みたいで、体は大きくてもまだまだ純粋な好奇心を持つ子供達なのだと実感したのです。

 

「現代の子供達は、こういう学びに飢えている」

 

というのが私の直感でした。

 

そこにはマインドフルな子供達が、今、この瞬間、目の前にあるものと向き合い、新しい何かを、自分の手で作り出すことに静かにエキサイトしている姿でした。

 

ハサミを使うこと

のりで貼ること

ブロックで何かを作ること

本のページをめくること

卵の殻をわること

ほうきとちりとりでゴミを集めること

暖炉に火を入れること

取れたボタンをつけること

知らない人に挨拶すること

謝ること

誰かを許すこと

 

そういうこと、携帯電話はやり方は見せてくれても、教えてはくれません。

 

どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む