#TraditionallySubmissive とイスラム教徒女性と日本人女性

こんにちは、Erinaです。

 

アメリカで暮らしていると、本当に様々な人に出会いますが、イスラム教徒たちもその一つのグループです。

 

私はイスラム教徒というか中東系の女性たちに、日本の女性に似たものを感じることが多いのですが、みなさんはどうでしょうか?

 

たとえば、イスラム教の女性たちは色とりどり・柄も様々なHijab(ヒジャブ)と呼ばれるストールのようなもので頭髪を隠します。

このヒジャブは私から見ると、単なる機能としての「髪を隠すためのもの」ではなく、日本の着物のように、「女性らしさ」とか「女性の美しさ」を出来る範囲で楽しめる、女性だけの特権、という印象です。

私たち日本人女性にとって、「着物」というものが特別な存在であるように、イスラム教の女性たちにとっても、「ヒジャブ」というものは特別な存在であり、それは外部から見て思うような「面倒くさい」とか「わずらわしい」ということではないと思うのです。

 

着物の素晴らしさや美しさを知らない外国人が、「日本人の着物って、うっとおしそうだよね~」なんて言っていたら、どう思うでしょうか?

「いやいや、ちょっと待てよ。」と思いますよね。

そこには、日本人女性が伝えてきた伝統や思いと、日本人の美意識と、言葉では表せないものが世代から世代へと、何千年もかけて受け継がれてきた歴史があります。

確かに着物の着付けは大変だし、たくさん準備するものもあるし、洋服ほど簡単ではないかもしれません。

だけど、着物を着たときにピンと背筋がまっすぐになることとか、胸を張って歩きたくなることとか、きれいな言葉遣いをしようとか、やはり私には日本人の血が流れているな、と思う瞬間であり、そう感じられることにプライドも生まれます。

歴史の中で、日本人女性というのは、男性には従属的な存在で、色々な制約の中で生活してきました。その中で与えられた数少ない自由の一つが着物であり、帯との組み合わせだとか、季節に合わせた色合いだとか、そういう女性らしい細やかな美を楽しんだのだろうし、そこに誇りというものを持っていた。

 

だからきっと、イスラム教徒の女性たちも、朝、ヒジャブをつけるとき、決まった手順で一つ一つやっていくこととか、つけおえた自分を鏡で見て、「イスラム教徒の女性」であるプライドが生まれるのではないかと思います。

 

 

先日、移民問題でゆれるヨーロッパで、イギリス首相であるDavid Cameronがこんな発言をしたそうです。

 

イスラム教徒の女性たちは、”Traditionally submissive”であり、イスラム教徒の男性より低い地位にいる。

若い男性イスラム教徒が過激派に参加しなくなるためには、イスラム教徒内で男女の地位が平等になる必要があり、そのためにはイスラム教徒の女性たち(特に母親世代)はイギリスでは英語を勉強して話せるようになるべきだ。

 

というような内容だったそうです。

 

 

“Traditionally submissive”

 

というのは、直訳すると「伝統的に従順(従属)だ」という意味です。

 

たとえば、日本人女性もアメリカではこういうステレオタイプがあります。

 

「家事ができて従順的」

 

「旦那は外でお金を稼ぎ、妻は家で家族の世話をする」という伝統的な男女の役割を望む男性たちに、日本人女性が人気と言われる理由です。

と言っても、私自身を含めて周りの日本人女性のほとんどはこれ(特に「従順」という部分)にあてはまりませんので(笑)、いかにこの「ステレオタイプ」というものが一人歩きしているかがわかります。

つまり、この”Submissive”というのは、イスラム教徒の女性たちだけでなく、私たち日本人女性にもついてまわる形容詞であり、それも伝統的に、母から娘へ、娘からまたその娘へ・・・と教えられるという意味で、とても似ているなぁと思うのです。

 

 

そしてこのキャメロン首相の発言に対して、イスラム教徒女性たちがこんなプロテストを始めました。

 

#TraditionallySubmissiveというタグをつけて、自分たちのやり遂げたことや使える言語数をそれぞれに紹介しているのです。

 

たとえばこちら。

「Submissiveは私は絶対に使わない言葉です。

イスラム教徒女性1

 

英語教師:

イギリス人ティーンを何百人教えてきました。まだ英語を勉強するべきでしょうか?」

 

 

イスラム教徒女性2

 

「3人の娘を自宅出産とホームスクールで育てあげました。

現在は2つ目の修士課程の勉強中。

6言語めとなるアラビア語を勉強中。

パブリックスピーカーで、コミュニティ活動家。

私には、声とビジョンと将来設計があります。」

 

 

 

イスラム教徒女性3

「3人の母であり、9人の祖母でもあります

Ph.D.を持つ薬剤師

病院と薬局で40年以上の勤務経験あり

薬学の大学で教えました

家族のために編み物をするのが好き

5言語を流暢に使います」

このツイートを見て、この女性の学生だったという女性が、「あなたに教えてもらったことがあります。ここで会えて嬉しいです!」というリツイートも。

 

このプロテストの目的は、「イスラム教にはびこる問題は、私たち女性やその教養ではない」ということを伝えるためであり、こういう女性たちを見て、かっこいいなぁと思うわけです。

 

 

アメリカでも日本でも「男尊女卑」の文化はまだまだ残っており、きっと永遠に男女が平等になることはないと思います。そして私は男女平等になることが絶対に必要だとは思いません。

男性も女性も、それぞれの文化や社会の中で役割があり、それを無視することはできないと思うのです。

同時に、欧米文化の女性像が完璧な女性像だとは私は思いません。

世界には文化の数だけ「理想の女性像」があり、そのぶん「女性の美」があります。私たちは女性としてそれを追い続けるだろうし、どれが正しくて、どれが間違っているということではありません。

 

そんな中で、私たちが持つべきものは、男女関わらず、時代の流れや変化に応じて、必要に合わせて物事をすり合わせられる柔軟さであり、本当の意味での「教養」というものがそれを助けてくれます。いくら高学歴だからと言って、家族のニーズに応えられなかったり、今ある社会に貢献できなければ、それは本当の意味での教養とは言えないと私は思うのです。

どんな社会にいようと、女性という存在は美しく、女性であることは素晴らしいこと。

そう感じながら生きていきたいと思いませんか。

 

 

キャメロン首相の「イギリスでは英語を話せるべきだ」という部分については、私も同意できる部分は少なからずあります。でも条件付きです。

私もアメリカに来て、大学を卒業し、仕事を得ることで、「自立」、つまりは自由というものを手に入れることが出来たし、そのために英語は必須条件でした。

だけれど、イギリスやアメリカにやってくる移民全てがそれを望んでいるわけではないし、「英語が必要だな」と感じるときは、本人が一番よくわかっているはずです。つまり、他人にどうこう言われる問題じゃない。私もどうこう言われて、すごく嫌な思いをしたことが何度もあります。

そしてこういう「どうこう言う人間」って、英語しか話せないことが多くて、大人になってから外国語をマスターする大変さというものを知らない人が多いです。

 

・・・とちょっと愚痴になってしまいましたが、移民の気持ちを一番理解していないのは、こうやって移民受け入れをしようとしている国のトップたちなんだな、とよく見えるニュースだったのでした。

 

 

どうでしょうか?

 

Are you #TraditionallySubmissive?

 

 

 

 

 

 

 

“#TraditionallySubmissive とイスラム教徒女性と日本人女性” への2件の返信

  1. 私の大好きなトピックです!うんうん、そうだそうだ!と共感しながら拝見しました。
    こういう読みがいのあるブログ大好きです。
    さて、思ったのですが、英語はやっぱり英語圏で住むと決めたら、なんとしてでもできるようにならないとこういうステレオタイプを打破するのは難しいと思います。日本人同士でしゃべってたら明るくて面白くて理知的な人も英語になっちゃう途端静かになり、ただただ大人しい、自分の意見無いって思われてもしかたがないかなと。
    確かに従属的とまではいかなくても、日本人の女性はだまってついていくっていうイメージは日本以外ではまだ強いですね。残念ながら。だから、そういう話題になったら「実は日本では家庭の主婦って家計握っていたり、決断権があったり、強いんだよ。ダンナさん置いておばさん軍団で海外旅行行くし。」と説明してるようにしてます。もちろんいろんな例がありますが。。
    ますます、パワフルに海外生活楽しみましょうね〜!

  2. りょうこさん、こんにちは!読んでいただき、ありがとうございます♪

    そうですね、私も個人的には英語は話せるべきだと思います。
    そうでないと、色々ともったいないな、と思うし、英語の壁を突破してない人がアメリカの愚痴とか言うのを聞くと、まずは自分のやるべきことやろうよと思いますね。これは日本人に限ったことじゃないですが。
    私の周りの日本人女性は、自分でガンガン人生を切り開いてきた人ばかりだし、彼女たちもそれを自覚しているから周りも「従属的」なんて思ってないと思いますね。笑
    「ユーはジャパニーズだけど、ジャパニーズじゃない」とか言われたりします。

    また遊びに来てくださいね~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です