働くママ、学校に行く (3)

今月に入ってから、職場に新しい同僚が加わりました。

 

彼女はマリア。私の一歳上の32歳。

12歳・6歳・10ヶ月の3人のママです。

彼女はもともと、大学を卒業して6年間、「ブランチ」と呼ばれる銀行の支店窓口に勤めていました。

 

今回、私の部署がかなり忙しくなってきたのをきっかけに、ボスがメンバー増員をリクエスト。それに上からのオーケーが出て、内部募集(internal hiring)に対して異動希望を出したマリアがめでたく加わることになりました。

ブランチのお仕事は、毎日、お客様と接し、そのニーズにこたえること。カスタマーサービス、お客様とのリレーションシップ、銀行のサービスなど、営業的・接客的な面が強い仕事。

お客様とはほとんど顔を合わせることはない私のチームとは全く仕事の内容が違います。

 

 

私:「仕事は慣れてきた?ブランチとは違う?」

 

マリア:「全然違ってビックリしてるわよ。」

 

私:「そうだよね。(笑)」

 

マリア:「でも少しずつ慣れてきてるから大丈夫。みんなとても優しいしね。」

 

私:「うん、上司もすごく応援してくれる人だよ。」

 

マリア:「本当にそうね。実は来週から不動産のクラスを取りに行くの。Southwestern College(サンディエゴの南・チュラビスタにあるコミカレ)でね。」

 

私:「そうなんだ!Good for you! 実は私も今、会計の授業を取ってるんだけど・・・。」

 

 

と、天井まであるファイルキャビネットの間でおしゃべりは進みます。

 

マリア:「私の大学での専攻は社会学だった。だけど今から教員免許を取りたいとは思えないの。」

私:「うん、わかるよ。これからキャリアチェンジって大変だよね。だけど、こうやってクラスを一つでも必要に応じてとっていけば、モチベーションもキープできるし。将来的に院に戻る可能性はもちろんあるけど、今はまだ他にやることがあるっていう気がしてる。」

マリア:「そうそう、私も同じよ。」

私:「あなたは一番下のベビーが授乳中だよね。」

マリア:「うん、そうなの。だから急ぎたくない。仕事から家に帰って、授乳するのがすごく楽しみ。上の子供たちがテレビを見たり宿題している間、10分でもベビーと横になれるのってすごく特別な時間だから。」

私:「わかるなぁ。私も下の子が生まれて1年半の休みを取ったの。上の子が生まれたときは休まなくて、すごくいろんなものを見逃して後悔したから。」

マリア:「それは正しかったと思う。私は今32歳。焦らなくても、私たちこれからもっといろんなことができるわよ。」

私:「うん。本当にそうよね。」

 

そんなわけで、お互いに親近感を感じた私たちは、「一緒に頑張ろうね!」と言って仕事に戻りました。

3人の子供のママをしながら、新しいキャリアをスタートしようとしているマリアは、まるで同志のように思えました。

 

 

マリアとそんなおしゃべりをした数日後、同じフロアで働く別チームのジェーンにお手洗い前で会いました。

ジェーンは30代中盤のフィリピン人女性で、5歳と7歳の子供を持つママ。

とても面倒見の良い人で、よく一緒にランチをしては家族の話で盛り上がりました。

彼女は現在、ナースの免許をとるために、銀行での仕事が終わった後、夜間の大学に通っています。

 

私:「ハイ、ジェーン。元気?クラスはどう?」

ジェーン:「元気よ。来週は期末試験なの。」

私:「じゃあ大変ね。まだ授業は取るの?」

ジェーン:「えぇ、来学期はフィジオロジーのパート2とマイクロバイオロジー。こっちはラボもあるから週3回よ。」

私:「え~!大変ね。ラボって時間もかかるよね。」

ジェーン:「そうなの。でも楽しいわよ。」

私:「そっか。やっぱり今になって大学に行くと、違うよね。」

ジェーン:「うん、全然違う。今までの経験のおかげで、色々なことをもっと深く理解できる気がする。人体のことなんてすごく勉強になってるわ。」

私:「そうだよね。わかるわ・・・。」とうなずく私。

 

彼女は、今の時給職に比べたらおそらく強いキャリアで、お給料もアップするということでナースの道を選んだとのこと。

 

ジェーン:「うまく行けば、一年後にトレーニングが始まるので、今の仕事を辞めるかもしれない。」

私:「え!そうなの?まぁでもそうだよね・・・。寂しくなるよ。」

ジェーン:「ありがとう。まだまだ頑張らなきゃいけないけど。」

私:「うん、頑張って。応援してる。」

 

別の分野の勉強をし始めた、とジェーンから聞いたとき、確かにこういう日は来るのだろうと思っていましたが、やはり実感すると寂しいものです。

だけど、こうやって子供を持ち、同じ仕事を何年もやってきても、別の道にチャレンジする気持ちや、上を目指す気持ちを持って頑張っている女性はキラキラしています。知り会ったときのジェーンに比べたら、今の彼女はとても穏やかになった気がします。

ジェーンとはまた近いうちにランチをする約束をして別れました。

 

 

 

「頑張ってるのは私だけじゃない」

 

 

マリアとジェーンとおしゃべりをして、そう思えることがとても心強く感じました。自分とは別の道を選んだとしても、人生のどこかで同じ時間を共有し、同じ会社で働けることが嬉しい。

私の期末試験も近づいています。

みんなそれぞれの道を選び、それぞれに来た道を確かめ、一歩ずつ進む。自分のペースでやりたいことをやっていくこと、それが大事なんだと思えるようになりました。

 

ただ、独身時代と違うことは、今の自分には家族があるということ。

子供が成人するまでは、私のライフは彼らのライフであり、私のペースは彼らのペースであるということ。

それは自分への足かせでもリミットでもなく、これからの人生を幅広く豊かなものにしてくれるスパイスのひとつだと私は思います。

だから、たまには休んでも良いし、道草しても良い。ゆっくりでも良い。

そうやって、楽しみながらやっていきたいです。

 

 

次回:働くママ、学校に行く (4)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です