アメリカの2年生の読書ファイル (4)

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

うちの子ども達が図書館から借りてきて読んだ本を紹介するシリーズ。

続けて2年生の息子が冬休みに読んだ本をリストアップしてみます。

 

まずはバイオグラフィーシリーズ。

 

 

 

The Story of Albert Einstein

なぜか突然、「アインシュタインの本を読みたい」と言い出した彼。たぶん我が家にあった、旦那用のアインシュタインのバイオグラフィーを見て、自分も読みたいと思ったのでしょう。

近所の図書館からは全てチェックアウトされていたので、これを取り寄せてもらいました。面白かったそうです。

*******

 

Henry Ford

 

Henry Ford

アインシュタインの本がなかったので、「とにかくサイエンティストとか発明者の本が読みたい」という彼にオススメした一冊。「車のFord社の創設者だよ」と言われるまで、Fordが実在の人物だと思わなかったそうです。子どもって面白いなぁ。

私もHenry Fordの人生については知らなかったので、読書後に「どんな話だったの?」と聞いて教わりました。笑

*******

 

Thomas Edison

 

Thomas Edison

発明者シリーズ、まだまだ続きます。息子は今、こういうのが読みたいお年頃のようです。

トーマス・エジソンですね。私はバイオグラフィーはあまり読まなかったなぁ・・・。親子でこうも興味が違うっていうのは面白い。

 

*******

 

 

Graham Bell

 

Graham Bell

電話を発明した人ですね。って言うと、「え!そんな人がいたの?」という感じで興味津々な息子。笑

歴史を知ることは大事かも・・・。

電車オタクに加え、発明者オタクになりそうな息子です。

 

*******

Who were the Wright Brothers?

 

Who Were The Wright Brothers?

やはりアメリカの発明者シリーズには欠かせないこの兄弟。ライト兄弟ですね。

こういう発明スピリットを育てて欲しいなぁ。

*******

 

Who Was Blackbeard?

息子も私もこの人が実在の人物だとは知りませんでした。日本の漫画のワンピースにも出てきた「クロヒゲ」です。

海が大好きな息子は「海賊っていたの?」と聞いていましたが、ディズニー映画の中だけじゃないんだよ~と言っておきました。笑

 

*******

 

かなりインドア派だった今回の冬休みでしたが、こういう勉強になりそうな本もたくさん読んだので、良しとしましょう。

続いてフィクション系。

 

 

Wings of fire

 

Wings of Fire

どうやら学校のアフタースクールプログラムにある本だそうですが、そこでは「この本は3年生以上」という決まりがあるそうで、学校では読めなかった息子。彼は「読めない」と言われると読みたくなる天邪鬼ですから、図書館で借りてきました。

どうして3年生以上じゃないとダメなのかわからないですけど、こういうドラゴンが出てくるファンタジー系って多いですよね。ハリー・ポッターとか読む子どもは、こういうところから入っていくのかなぁとちょっと新鮮。

 

*******

 

The Attack of the frozen woodchucks

 

The Attack Of The Frozen Woodchucks

なんのこっちゃ?というタイトルですが、どうやら宇宙探検シリーズのようです。

日本語の本でもこういうのありましたね。

それにしても、うちの子はちゃんと読んで理解しているのか・・・?聞いてみよう。

 

*******

 

The Odds of Getting Even

これもどうやら探偵・ミステリー系のようです。へ~こういうのが好きなんだ・・・とここでも新鮮。

借りてきたハードカバーは、Amazonでも買うと10ドル以上するらしいので、やっぱり図書館の存在はありがたい。子どもの場合、どうせ一度読んだらおしまいだしね。

 

*******

Diary of wimpy kid: The Long Haul

Diary of a whimpy kid: The Long Haul

子ども達に人気のシリーズですね。

あまり「文学」とは呼べないかもしれないけど、読書をさせるには良い素材っていうことで、我が家では、一度に一冊は借りてもオーケーということにしました。

*******

アメリカでは、日本のように家に持ち帰る「国語の教科書」というのがないので(学校にはあるそうです)、こうやって家で自分の好きな本を読むことで「読解力」を育てます。

読書によって、ボキャブラリーも増えるのですが、最近の子ども達はそれが顕著です。

 

テレビやゲームが溢れている現代ですが、紙の本を読むのが好きな子どもに育ってくれて何より。

 

私も読書は大好きなので、同じ楽しみを共有できて嬉しいです。

 

 

他の読書ファイルはこちらで読めます。

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む