こんにちは、Erinaです。

“In Nadeshiko Way”にようこそ。

 

2015年3月、アメリカに住んでちょうど13年になりました。

留学生としてLAXに到着したあの日、私は右も左もわからず、スタバでコーヒーも買えない英語力で、アメリカの地を踏んだわけです。

 

あれから月日は流れ、アメリカで大学を卒業し、アメリカ人男性と結婚し、アメリカ企業で就職。子供も二人生まれました。あっという間だったようなこの時間に、私は様々な出会いと別れを経験し、笑いと涙を経験しました。

この中で得られたかけがえのない気づき。それは「自分の可能性」。この国で、自分の可能性は無限にあるということでした。

 

どんな形であれ、アメリカにやってくる日本人女性には、不安があり、期待があります。

それを等身大の女性目線で伝え、現代の「やまとなでしこ」として国際社会で活躍する女性になるために、何が必要なのか?を一緒に考えていく学び場、それが In Nadeshiko Way です。

 

 

 

このブログや記事へのリンクは自由ですが、最低限のマナーとして出典先の紹介をお願いします。

文章は書いた人のいろいろな思いが詰まっています。情報を発信する人間として、理解していただけることを願っています。