Cornell Note(コーネル・ノート)のとり方

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

みなさん、アメリカのノート(英語では notebook)、またはルーズリーフを見たことはありますか?つまり、紙に罫線が入ったものです。

 

日本人なら、見て最初に「何これ?」と思うものがあります。

 

それは、ページの左側に入っている赤い縦線。

どのノートにも、ルーズリーフにも必ずついているこの赤い縦線、「ちょっと邪魔だな」と思ったことすらありませんか?私はあります。笑

どうして左端から書き出せないんだ!スペースの無駄だ!と。

 

 

こういう上で留められたものは、「ノートパッド」と呼びますね。一番後ろに厚紙が入っていて、パッドになっているものです。

 

 

 

実は、この赤い縦線と、その左側のスペースにはきちんと理由がありました。

 

そしてこれらを有効的に使ってとるノート方法を、Cornell Note(コーネル・ノート)と呼びます。

 

Cornell Noteのコーネルは、あの「コーネル大学」から来たようで、どうやらコーネル大学の教授たちが編み出して実践したことが始まりだそうです。

今日は、このコーネル・ノートのとり方と、あの不思議なアメリカのノートの有効的な使い方を紹介したいと思います。

 

 

まず、ノートのページを見てみると、赤い縦線はだいたい、ノートの左端から4〜5センチのところに引かれています。

 

その右側、つまりノートの大部分には、話を聞いたり、本を読んだりして「得た情報」を書きます。

 

料理のクラスを例としましょう。

ここで右側に書くものは「手順」ですね。

 

  1. 卵をボウルに割り、箸でかき混ぜる
  2. フライパンに油を引く
  3. 熱くなったフライパンに卵を入れる
  4. 中火でかき混ぜる
  5. スクランブルエッグの出来上がり

 

とかそういうものです。

 

じゃあ、赤い縦線の左側には何を書くかというと、その手順に関する「自分で考えたこと」です。

 

例えば、

  • 箸でかき混ぜる時は、空気を入れるように混ぜるとふわっとした出来上がりになりそう
  • 油はオリーブオイルが良いかも
  • フライパンではかき混ぜすぎない方が良いかも

 

とか、まぁそういう自分で感じたことや、考えたこと、手順に関する感想などを書くわけです。

 

 

これは、「与えられた情報」と「自分の思考」を区別することが目的で、実際にやってみるとわかるのですが、かなり便利です。

というのも、日本式ノートに戻って、左端から書いてみるとわかるのですが、手順以外の情報(つまり自分の意見とか思考)を書いておく場所がない!

 

普通に手順のところに一緒に書いておけば良いじゃ〜ん!と思うのですが、やはりごちゃごちゃになってしまい、どこまでが外(先生や本)からの情報で、どこからが自分の意見か見極められなくなってしまうのです。

 

本を読んだ場合も、ページ番号や、クオートした人の名前なども書いておけるので、そこに戻りたくなった時も一目瞭然。

あれー、これってどこに書いてあったんだっけ?と本や教科書のページを行ったり来たりする必要がありません。

 

これはやはり、インプット(読むまたは聞く)をしながら、アウトプット(書くまたは話す)も同時にさせることが前提であり、受け身で与えられた情報をまとめるだけでは足りない、という意味ですね。

 

物理的に考えた時、コーネル・ノートの赤い縦線の左側と右側というのは、アウトプットとインプットの割合であり、アウトプット:インプット=1:4くらいで行うのが一般的なのでしょう。

 

汚くて申し訳ないですが、私のノート例です。

赤い縦線の右側は、読書をしながらまとめたもの。

左側は、それに対する補足事項やページ数、意見など、自分なりの考えを書き残したものです。

どうでしょうか。

コーネル・ノート、皆さんは知っていましたか?

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。
日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。
アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む