アメリカでの「風邪」のひき方

2 Comments

こんにちは、Erinaです。

 

ちょっと風邪をひいていました。

 

これを機に、アメリカでの「風邪」のひき方を書いてみようと思います。

 

 

風邪は英語で”Cold”(またはCommon Cold)と言いますが、症状としては

  • のどが痛い
  • せき
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 発熱
  • 体がだるい
  • 節々が痛い

のあれです。

これらは、ヴァイラス(日本語のウイルス)が体に入ってきてしまい、そこここで免疫隊との戦いが始まっている証拠です。

 

 

日本では「日本の風邪にはル○が効く♪」とか「早めのパ○ロン♪」なんて言うのを聞いては、「風邪には風邪薬でしょ?」と思っていました。風邪をひいたら医者にだってかかりますよね。

 

そんな日本で育った私でしたから、アメリカにきて、「風邪を治す薬はない」と言われたときの衝撃と言ったら・・・。

 

 

医療費の高いアメリカでは、風邪ごときで医者にはかかりません。

 

そもそも(ヴァイラスによる)風邪は、自分の自然治癒力で治すもの!

 

だからです。

 

なので、アメリカで風邪をひいたらこう言われます。

 

 

「家に帰って寝なさい。」

 

 

 

いや、本当です。

 

どうしても、というときは咳を止める咳止めとか、発熱や痛みを抑える鎮痛剤とかを使いますが、風邪としての全体的な不調は、寝て体を休ませないと治らないとアメリカ人は考えます。

薬を飲むとしても、本当にひどい一日くらいで、日本のようにダラダラと1週間分も咳止めを処方されることもなく、とにかく体の自然治癒力を最大限有効にしているアメリカ人が、体が強いのは納得。

 

アメリカ人たちは、少しでも「あ、ちょっと弱ってるな」と感じたら、とにかく休みをとる。いつもより早めに寝るとか、週末は予定を入れないとか、当たり前のことです。

 

他に私がやることは、

  • 免疫隊の仕事の邪魔になるようなものを食べない・飲まない
  • 水(白湯)をたくさん飲む
  • 体を温める

などでしょうか。

あと、日本人が上手にやらないのが

  • 鼻をかむ (Blow your nose)

鼻をかむのに上手も下手もあるの?と思うのですが、あります。笑

鼻水・痰などのミューカスは、きれいに出しましょう。あれをグズグズとしている日本人は多いですが、これらを体から排出しないと、肺に残って肺炎になってしまったり、鼻の奥に残って副鼻腔炎になります。

私は、水を飲むと、このミューカスが流れるようにサラサラになるので、それでとにかく排出させます。鼻うがいもオススメです。水分が不足していると、このミューカスがネバネバでなかなか出せなかったり、のどの奥でゼロゼロとします。私の場合、糖分や脂っこい食べ物を食べるとそうなるので、やはり風邪の間はそういう食べ物を控えるわけです。

 

逆に、自分のケアをせずに、いつまでも風邪が長引く人とか、一年中、体調が悪い人は、「自己管理すらできない人間」というレッテルを貼られてしまいます。「休むときは休む!」という勇断ができない人は、仕事でも良い決断ができない人、と思われますから、覚えておきましょう。

 

 

アメリカでは、Nyquil(ナイクイル)というとてもパワフルな風邪薬があります。アルコール度数が25%という焼酎並みの薬です。

 

この薬の目的は「風邪の症状を抑えてとにかく寝る」というもので、咳や鼻水を止め、痛みを抑え、アルコールで撃沈。という力技。

 

熱で体が痛かったり、咳が出る→ぐっすり眠れない→いつまで経っても回復しない

 

という悪循環を壊し、とにかく体を休めよう!というものです。

 

当たり前ですが、この薬はとても強いので、私は半分くらいの量で様子見します。そしてこれも当たり前ですが、この薬を飲んだ後は、絶対に運転とかできません。何せベッドに撃沈することが目的ですから。

夜中に起こされることがないように、「今夜はナイクイルを飲むからね」と家族にも忠告しておきます。笑

 

私がこの薬を使うのは、一年に一回あるかないかくらいですが、これのおかげでぐっすり寝た後はやっぱり回復が速いです。

 

 

そんなわけで、アメリカの短期集中型に慣れてきた私は、ちょっとやそっとのことじゃ風邪をひかなくなったし、日本にいるときよりもずっと健康だし、自分の体を信じられるなぁと思うのです。

 

みなさんはどうやって風邪から回復しますか?

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。 ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。 二人の小学生のママです。 趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

2 Responses to “アメリカでの「風邪」のひき方”

  1. avatar

    松原千賀子

    正しい対処法だね。日本人は薬を使いすぎだよね。休まなすぎだよね。でも、働いていたときは、子供の具合悪い時に休みたいから自分は後回しだったな。もろ、日本的な考えだよね。えりなちゃん、お大事に!

  2. avatar

    Erina

    日本では、私も何も考えずに処方された薬を飲んでたけど、こっちに来て、薬も医者も高くて、本当に必要なのか?って考えるようになったよ。
    自分の体と向き合うことが増えたんだと思います。Simple is the best!だよね。

コメントを書き込む