Sight Words(サイトワード)とは

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

アメリカに住んで13年になりますが、子供が小学校に入って初めて聞いた言葉のひとつに”Sight Word”(サイトワード)があります。

おそらく、言語学などを勉強した方でない限り、この”sight word”が何なのか知らなかったけれど、子供が学校に行くようになって知った、という方が多いのではないでしょうか。

 

Wikipediaによると、

Sight words, often also called high frequency sight words, are commonly used words that young children are encouraged to memorize as a whole by sight, so that they can automatically recognize these words in print without having to use any strategies to decode.

 

とのことで、sight、つまりパッと見で子供が年齢相応に理解できるべき単語のこと。

 

英語ネイティブの子供たちが英単語をdecode(解読)する方法はあり、彼らがどうやって英語を習得するかというのは、非ネイティブの私から見るとなかなか面白いものがあります。

 

このサイトワードも、英語ネイティブの子供たちにとっての登竜門のようで、誰もが通る道の一つです。

これはphonics(フォニックス)と呼ばれるアルファベットの解読を使わず、Sightで「これは読める(書ける)べき!」という単語のコレクションと考えてください。

 

際とワードのリストが学年の始まりに渡され、一年をかけて覚えましょうと言われたりします。

親は各単語をフラッシュカードに書き、「これは?」「これは?」と子供に質問してくださいね、なんていう宿題も出されます。

 

うちの娘は小さい頃から口達者で、2歳でおしゃべりするようになりました。しかし、それは耳から入った英語であり、サイトワードという目から入る英語は全く新しいものだったようで、当初この宿題には苦労したようです。

「言語」というものに対して、耳から入る人もいれば、目から入る人もいるんだなぁという違いを知る体験になりました。

 

細かい単語は学年や先生によっても違うのですが、今日はうちの5歳の娘(学年はTransitional Kindergarten)のサイトワードを紹介します。

 

I it they will
see of were not
my we you your
like is be what
a are said all
to here this out
and look from that
the he play some
in she up them
at for was saw
an as one so
go with but
have his had

 

 

どうでしょうか?

かなりベーシックな単語ばかりで、日本でも、これはもうそのまま暗記しなくちゃいけない単語ばかりですよね。私の時代には中学一年で英語が導入されましたが、まさに中一の一学期の英単語リストって感じです。

 

「どうしてこれが入ってるの?」と疑問なものも中にはありますが、high frequency(高頻度)で使われる単語は、脳みそがスポンジのうちに、とにかく覚えちゃえ!という意気込みも感じられます。笑

 

娘のクラスでは、「今日は”see”を使いましょう!」みたいにテーマを決め、”see”が含まれる文章とそれを現した絵を描いたりしています。たとえば、”I see a cat.”という文章と、ネコの絵など。

 

これに習って、我が家の宿題はsight wordを使った作文も始めました。

 

現時点では、sight words以外の単語はスペルがはちゃめちゃでもオーケー。大事なのはsight wordsの意味を理解し、これらを正確に書けること。

 

うちの娘がこの宿題をやると、こんな感じ・・・

 

  1. I go to the bech. (I go to the beach.)
  2. I see my frenz at pak. (I see my friends at park.)
  3. You are my frend. (You are my friend.)

 

Sight wordsが読めるようになって、息子のときもそうでしたが、娘は本当に急に読むことに興味を持ち始めました。

街中の看板を読み始めたり、道路のサインを読み始めたり、たまに読まなくても良いようなものも読みますが、まぁ仕方ないですね。

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む