アメリカのアフタースクールプログラム(学童保育)

2 Comments

こんにちは、Erinaです。

 

これから学年度が変わる時期になり、学校に行く子供を持つ家庭では色々とバタバタとし始めます。

そんな中で、共働き家庭では気になる「学童保育」(After School Program)について書いてみようと思います。

 

 

アメリカでは、日本のように「子供一人で家にいる」ということが許されていないので、夕方5時~6時まで仕事をする親は、子供を学校後にどこかに預けなければなりません。

しかしながら、このシステムはSchool District(単純にDistrictとも)=学校区域によって運営が異なり、「学童保育はこうです」と一言で言い表すことができないのが現実です。

なので、外側から見ているととてもわかりにくく、「どこでサインアップするの?」と困惑することが多いです。

 

 

今回は、我が家と、私の周りにいる共働き家庭2つのケースを例に挙げてみます。

 

1. 我が家の場合

子供たち(キンダーと1年生)が通う学校のDistrictが運営している”Extended Day Program”は、

  • 朝の部が6:30AM~学校始業(8:00AM)
  • 午後の部が学校終業(2:00PM)~6:00PM

という二部が、学校内で行われます。

我が家は午後の部だけですが、仕事が朝早くから始まる家庭は、朝の部に行かせるようですね。

 

オンサイトなので、校内にある建物の中で行われ、子供たちはバスなどで移動する必要がなく、親も、朝と同じ学校でピックアップできるので何かと安心です。

料金は、

  • 朝の部が$128/月
  • 午後の部が$210/月

二人目以降は20%割引です。

 

毎日一回のスナック(おやつ)が含まれていて、割とヘルシーな食べ物が振舞われているようです。

 

私も子供の頃は学童保育に通っていたのですが、やはりこうやってクラスメート以外の子供たちと触れ合う機会はとても有意義なようで、年齢の違う子供たちから学ぶことはたくさんあるようです。

また、スポーツやゲーム、アートなども豊富に用意されており、むしろクラスよりも楽しそうで、今日も遊びきった!という感じで帰ってきます。

本を読む時間なども用意されていて、子供たちはそこで宿題をしているそうです。

 

スタッフは男性も含めて常時4~5人おり、とても熱意と思いやりのある人たちばかり。いつも「これなら楽しいだろうなぁ・・・」と思います。

 

うちの学校の評判を聞いて、入学を決めた我が家ですが、入ってみると「アフタースクールプログラムが、一番の収穫だったね!」と思えるほどです。(笑)

 

 

2. 同僚ミシェルのファミリーの場合

ミシェルは2年生の息子と4年生の娘のママ。

彼女たちのDistrictはうちとは違うので、アフタースクールプログラムの運営も違います。

 

彼女の学校の場合は、学校の目の前にYMCAがあり、そこでアフタースクールプログラムが提供されているそうで、個人的にYMCAでサインアップするそうです。だいたい一人$180くらいだそうで、うちと同じくらいですね。

また、YMCAで一般向けにオファーされているスポーツ(サッカー、バスケ、テニスなど)にサインアップし、その時間内にスポーツに参加することも可能。これはスタッフが時間になるとフィールドやコートに連れて行ってくれるのだとか。しかしこれは別料金。

 

ただ、オンサイトではないので、学校が終わると、YMCAからスタッフがやってきて移動をするそうです。

施設も一般利用者とシェアすることになるそうですが、スイミングの着替えなどには必ずスタッフがついて、子供専用の更衣室で行うとのこと。子供をターゲットにする変質者とかいますので、気になりますよね。

 

 

3. 同僚マイリンのファミリーの場合

マイリンは2年生の息子と8年生の娘のママ。

子供は小学生と中学生で別々ですが、同じプログラムがオファーされているそうです。

 

同じく地元のYMCAからスタッフがやってきて、オンサイトで(なんと)無料の時間外保育が提供されているとのこと。どうやらDistrictが出資しているそうで、親への負担はゼロだそうです。

ただ、スポーツなどのプログラムや、宿題の時間などのストラクチャーはなく、本当に遊ばせるだけなのだとか。

 

 

こう見てみると、学校や区域によって様々なアフタースクールプログラム。

 

しかしながら、共働き家庭や、シングルマザー・シングルファザー家庭が多いアメリカでは、必ず何かしらのプログラムが用意されているはずです。

入学の際に「アフタースクールプログラムはどうなっていますか?」とオフィスで聞いてみると、教えてくれます。

 

我が家もそろそろ来年のレジストレーションをしなくちゃ・・・。

 

Photo credit: ywcanyc.org

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

2 Responses to “アメリカのアフタースクールプログラム(学童保育)”

  1. avatar

    Tomomi

    日本の学童は無料だったり、かなり格安なのに対し、アメリカはそれなりの値段で有料ですが、内容も充実しているなら納得できますね。
    今のところ、自宅で仕事をしているのですが、今後外に出て仕事をするようになったら、アフタースクールはどうしたらいいのかなと思っていたところだったので、とても勉強になりました。ありがとうございます!

  2. avatar

    Erina

    Tomomiさん、こんにちは!
    私も日本で学童っ子だったんですが、いくらくらいだったんだろう?
    月3000円とかそういう感じですよね。
    でも、最近は学童も減っていて、困っている親が多いとも聞いたのですが、どうなんでしょうね。

    うちの学童は、週5日のパッケージと、週2~3日とかっていうパッケージもあって割安です。
    毎日じゃなくても行けるのは良いですよね。

コメントを書き込む