大人になっても勉強しよう!(ESL編)

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

前回の記事で、アメリカのコミュニティカレッジディストリクトが提供しているContinuing Education(日本語の継続教育、生涯教育)について書いてみました。

前回は仕事に直結した資格やプログラムを紹介しましたが、今回は、仕事でなく、英語を勉強したい!という方のためにESLについて書いてみます。

 

ESLは、English as Second Languageの略称で、英語を第二言語とする人のためのクラスです。

 

私がアメリカの懐の深さを実感する瞬間のひとつとして、このESLが当たり前のように用意されているところがあります。

 

ご存知のように、アメリカという国は移民の集まりでできています。

英語をもともと使っていたのは、イギリス人だけで、私たち日本人だけでなく、ヨーロッパ諸国、アジア諸国、中南米、アフリカなど、他のエリアから来た人たちにとっても、英語は外国語なわけです。

そういう私たち移民にとって、「英語の勉強ができますよ」という場所がフツーに設けられているというのは、やはり、この国は「移民」に対して理解があり、歓迎しようという姿勢があるからだと私は思うのです。

 

そして、それを使うか使わないかは、個人次第。

私は「使えるものがあるなら使おう!」と思っているので、英語を勉強したい方は、こういう機会をどんどん利用するべきだと思います。

 

我が家にカタログが届いた、San Diego Continuing EducationがオファーしているESLの説明はこうあります

 

The ESL Program includes free General Classes, offered at 8 campuses and many other locations in the community. There are morning, afternoon, and evening classes at 7 different levels, from beginning to advanced. The ESL program also has free Computer Labs, Special Classes, Transition to College, Vocational ESL (VESL), and Citizenship classes.

 

私たちのESLプログラムでは、無料の一般クラスが近郊8ヶ所でオファーされています。初級から上級まで7レベルあり、それぞれに午前の部、午後の部、夜間の部があります。加えてESLでは、無料のコンピューターラボ、特別クラス、大学編入コース、職業訓練のESL、そして市民権準備クラスなどがあります。

 

IMG_1955

 

これくらいの規模のESLだと、レベルはたいてい6~7つくらいあり、初日にReplacement Test(リプレースメントテスト)というテストを受けて、どれくらいの英語レベルなのかを測定します。

ボキャブラリー、リーディング、ライティングなどの問題があり、どのくらい英語を理解をしているか?を測るものですから、パーフェクトをとる必要はありません。パーフェクトだったらESLに行く必要がないですからね。笑

私がESLに行ったときも、確か7レベルあり、渡米当初はレベル4→5→6と進んだ記憶があります。上級(5~6くらい)をパスできれば、アメリカ大学進学に問題ないレベルという感じだと思いますが、学校によって違うので、詳しくはカウンセラーなどに相談してみてください。

 

一般クラスのスケジュールはこのようにあります

 

Beginning(初級)

Intermediate(中級)

Advanced(上級)

 

というタブに分かれていて、それぞれのクラスのスケジュールがわかります。

 

ではそれぞれのコラムを画像で見てみましょう。このタブはBeginning(初級)です。

 

esl

 

 

(1) クラス

上からESLのレベル1 Beginning Literacyという名前がついています。

グレーでよく見えないですが、(3711C)というのがこのクラスの「クラスコード」です。

 

(2)期間

Start Dateはクラスの初日、End Dateは最終日です。

この画像では、1月28日から6月5日までのクラスが表示されています。

 

(3)曜日

クラスの曜日が書かれています。

この画像ではMTWThFですから、月火水木金の週5日のクラスです。

M: Monday

T: Tuesday

W: Wednesday

Th: Thursday

F: Friday

ですから、”MWF”は「月・水・金のみ」、”TTh”は「火・木のみ」という意味です。

 

(4)時間

Start Timeは授業の開始時間、End Timeは授業の終了時間。

この画像では、上の3クラスが朝8:30~11:30のクラス、4つめは夜6:00~9:00のクラスという意味ですね。

異なる時間帯で同じクラスがいくつかオファーされているときは、(1)の「クラスコード」情報が必要になり、これで区別します。

 

(5)場所

上でも書いたように、San Diego Continuing Educationは8ヶ所でオファーされています。

どのキャンパスが自分にとって行きやすいか、というのをこのページで調べてみてください。

 

この画像の一番上のクラスを見てみると、

Mid City

Campus

201

とあります。

これは、このキャンパスの教室番号201で行われますよ、という意味です。

 

実際にどのレベルになるかは、リプレースメントテストを受けてみないとわからないので、行く前に「月水金の午後が良いな」と大まかなスケジュールだけを考えておいて、テストでレベルを教えてもらってから、相談してみることをお勧めします。

もしそのキャンパスで都合の良い日程がなくても、別のキャンパスなども調べてみてください。

 

 

 

ESLの登録は、このリンクの場所と曜日・時間でできるそうです。

私は英語に自信がなかった頃は、電話やメールで済ませずに、実際にその場所に出向いて、生身の人間に相談するようにしていました。そうすることで、勝手もわかるようになるし、顔も覚えてもらえるし、何より自信がつきます。

まずはアメリカ生活の第一歩として、ESL登録に出向いてみてはどうでしょうか?

ESLはセッションの途中でも参加させてくれることもあるので、次の開始日程を待たずに行くことをおすすめします。善は急げ!です。

 

 

今回はSan Diegoに限定してしまいましたが、お住まいのエリアでこのようなプログラムを探すには、

“Seattle Continuing Education”

“Chicago free ESL”

などでググってみてください。

 

全米のコミカレを探すにはこんなサーチサイトもあるそうです。

 

 

または、お住まいのエリアの図書館などに行くと、カタログが置かれていることもあります。

“Do you have continuing education class catalogue?”

なんて聞いてみると、教えてもらえると思います。

 

 

Good Luck!

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む