大人になっても勉強しよう!(Job Training編)

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

先日、ある小冊子が郵便で届きました。

 

IMG_5064

 

 

これは、地元のコミュニティカレッジディストリクトが行っているクラスのカタログ。

内容は、趣味のものから、職業訓練的(Job Training)なもの、ESLや市民権テスト対策など外国人向けのものなど、さまざま。

授業料が無料なものがほとんどで、アメリカ、特にカリフォルニアに住んでいる以上、このような機会を利用しない手はありません。

 

Continuing EducationとかAdult Schoolなどと呼ばれるこの学校は、上で書いたように、コミュニティカレッジ(コミカレ)ディストリクト(教育委員会みたいなもの)によって運営されていることがほとんど。

しかし、コミカレとは違い、入学・登録にTOEFLなどのテストはなく、「大学」としての偏差値や卒業までのコミットメントなどはありません。

「学位取得」のためのコミカレに対し、Continuing Edは「職業訓練 (Job Training)」を目的としているからです。

 

「この年になって大学生か・・・」とコミカレに行くという考えに逃げ腰になっている方。笑

まずは、このContinuing Edで1クラスだけサインアップし、「学ぶ」ということを思い出してみると良いかもしません。

 

 

ではでは、どんなクラスや資格があるのか、見てみましょう。

 

まず、表紙を開いて最初に出てくるのは、「職業リスト」。

このカタログに載っているクラスをいくつかとって、スキルを得られたら、どんな仕事に就くことができるのか?そして初任給の目安が載っています。

 

たとえばAdministrative Assistant(事務職アシスタント)なら・・・

 

324 hours. Attend 18 hours per week for 18 weeks.

324時間。週18時間を18週間(約4ヶ月)出席する。

 

$17.74/hr

時給$17.74

 

くらいの仕事に就けますよ。

 

という意味です。

内容は、

Learn office systems and procedures and advanced level computer skills required for a successful career or employment in an office or a business environment.  Stundes work in self-paced Office Skills Labs to complete this program.

オフィスやビジネス環境の仕事で必要とされる、アドバンスレベルのコンピュータースキルや仕事の流れを身につける。学生はOffice Skillラボで自分のペースでこのプログラムを受ける。

とのこと。

つまり、どんな業界であろうと、現代の企業で必要とされるコンピュータースキルやオフィスでの慣習などを身につけ、アメリカ企業での事務職に就くための準備プログラムですね。時給はあくまで目安ですが、無料クラスでこれだけ準備をして、将来的にステップアップできるのなら、やはり心強いと思いませんか?

また、Office Skillラボというのは、学校の中にコンピューターラボがあり、エクセルやワードなどがインストールされていて、そこで自分のアカウントを使って練習する、というものだと思います。

 

 

では、他の職業も見てみましょう。

 

Auto Technician(自動車技師)

 

920 hours. Attend 25 hours per week for 37 weeks.

920時間。週25時間を37週間(8ヶ月ちょっと)出席する。

 

$20/hour

時給20ドル

 

Learn safety procedures, correct use of tools and equipment, and how to diagnose and repair problems. Lessons based on best-practices from National Automotive Technician Education Foundation (NATEF). Prepares students for the ASE 8 certification examination.

 

 

 

Child Development (幼児教育)

 

350 hours. Attend 6-10 hours per week for 35-60 weeks.

350時間。週6-10時間を35-60週間(8-13ヶ月)出席する。

 

Childcare Center Workers/Family Childcare Providers/Nannies $23,000-30,000/yr

託児施設職員・個人チャイルドケア・ナニー 年収$23,000-30,000

 

If you enjoy working with children and are knowledgeble (or willing to learn more) about child development, then you may be ready to become a professional business owner in this field.  A hybrid course is available which combines both face to face traditional calss meetings and online sessions.

もし、子供と働くことが好きで、または幼児教育に知識がある(または得たいと思っている)なら、この分野でのビジネスオーナーになる準備ができているかもしれません。フェイストゥフェイスの伝統的なクラスとオンラインコースのハイブリッドも用意されています。

 

 

Front End Web Development

360 hours for each certificate. Attend 20 hours per week for 18 weeks for each certificate.

 

Web Developer $24.92/hr

ウェブディヴェロッパー 時給$24.92

Software Developers, Application $46.22/hr

アプリケーションソフトウェアディヴェロッパー 時給$46.22

Web Project Manager $85,800/yr

ウェブプロジェクトマネジャー 年収$85,800

 

ご存知のとおり、IT系は高給取りです。

この分野は、一人で学べることや、経験から学ぶことが多く、学歴よりも経験が必要とされるケースが多々あります。特にフリーランスでも食べていける分野なので、もし経験がある方やIT系に興味がある方は、どんどん進むことをオススメします。特に女性ならなおさらです。

私もこのブログやさまざまなウェブサイトなどをいじってきましたが、やはり知識のある人は重宝されています。これからの時代、IT知識は必須になりますから、この分野の仕事も増えていくはずです。

 

 

・・・などなど、一年弱、しかもパートタイム(週20時間前後)のコミットメントで、実践的な資格やスキルを取得できるものばかり。

他のプログラムや職業についてはこちらで探せます。

 

 

このデータはアメリカでの仕事探しをしている人にもオススメです。

日本で似たような仕事をしていた方で、「日本での経験はあるけど、アメリカでの知識が・・・」という方は、こういうクラスでブラッシュアップすると、即実践力になれることが多いです。

このようにして、日本での経験を生かし、現在、アメリカでナースとして活躍しているYokoさんの記事はこちらで読めます。

 

 

ではでは、これらのクラスやプログラムを実際にとってみたい!と思った方、

こちらでレジストレーション(登録)をできるので、1-4の順に従って、登録してみてください。

わからない場合は、実際に通うキャンパスに出向き、アドミッションの方に手伝ってもらうことをオススメします。

特に、#2では、学生証のようなIDカード(Student Attendance Card)を作る必要があり、これもキャンパスに出向くことになります。

 

 

ではでは、「仕事の前に、まずは英語の勉強をしたい!」という方。

ESLのクラスももちろんあります。

 

・・・と、ESLの説明をしたかったのですが、長くなったので、これについてはまた明日

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む