私が苦手な数学を克服した方法(前編)

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

みなさんは、Math、つまり算数・数学は好きですか?

 

多数の人が「苦手」と答えるかもしれません。

これは日本人・アメリカ人に関わらず言えることのようで、おそらく世界的にそうなのではないでしょうか。

 

私はもともと、数学が大の苦手で、それも落ちこぼれ組でした。

 

アメリカで私を知っている人は「え~!そうだったの?」と驚くし、日本で私を知っている人は、「えりなが数学専攻だなんて信じられない!」と言います。

 

それもそのはず。

 

中学一年では一学期の絶対値でつまずき、高校一年でも一学期の数列でつまずき、その後のそれぞれ3年間は地獄のような日々でした。

高校では、毎試験で追試になり、再追試・再々追試でも合格点をとれず、学年の底辺20人くらいが集められた補講組の常連でした。そのたびに部活へ行くのが遅れて、恥ずかしかったです。

毎日出される宿題にも手をつけず、白紙のプリントが溜まっていくばかり。 夏休みの宿題も、クラスメートに写させてもらったりと、もう全く数学とは相容れず。

当時、北大農学部への進学希望だった私ですが、センター試験数学はやっと70%取れるくらい。理系数学が入試科目にあることにすごく恐怖感と嫌悪感を抱いていました。「数学なんてなければ良いのに・・・」と思っていたくらいです。

 

そんな私が、アメリカのコミカレに入学し、最初の微積分Iのクラスで「数学って面白いかも!」に始まり、次の学期でとった微積分IIのクラスで「数学専攻ってありかも」になりました。

その後、応用数学専攻で4年制大学に編入し、卒業。

地元の州立大学卒でも、大手分析企業に入社し、初任給が当時の平均新卒よりも$15,000上の職に就いたのです。

 

今日は、この流れをちょっと思い出して書いてみようと思います。

 

私が中学・高校で数学に苦手意識を持っていた頃、どのクラスでも「数学が得意な学生」(男子に多い)が必ずいて、「あの子達と私は頭の出来が違うんだ・・・。」なんて思っていました。

 

いったん、数学から落ちこぼれてしまったら、それを取り返すことは無理。

数学が得意な彼らはきっと生まれもっての天性だから、それを持ってない自分には理系なんてきっと無理。

 

そう思っていた中学~高校時代。

 

今考えれば、未来への可能性がめちゃめちゃたくさんあるあの時期に、そうやって自分で自分の自信を削いでいたことがとても残念だと思いました。

 

 

アメリカに留学し、コミカレに入学して最初のオリエンテーションで、Placement Test(プレースメントテスト)というテストを受けます。(サンプルテストはこんな感じ

 

これは基本的な英語力と数学力のテストで、世界各国からやってくる年齢も経験も違う学生たちの現段階での学力を、一つのものさしで測るためのものです。

世界中からやってくる留学生は多様で、その道の専門家もいれば、もうしばらく学校には行っていない人や、基本的な加減乗除(足し算・引き算・かけ算・わり算)もあやうい人もいます。

そんな全員を一からスタートさせるのではなく、すでに持ち合わせている学力に見合ったクラスに入れるために、このようなテストが必要になるのです。

 

前年まで日本で大学受験勉強をしていた私は、基本的な数学は頭に入っていたところで、オリエンテーションでトップの成績でした。とは言っても、日本での中学3年までの数学を覚えていたら、おそらくパーフェクトスコアをとれるような内容でした。

 

留学生アドバイザーに、「ユーはMath150から入っていいよ。」と言われたのは、私ともう1人、韓国人留学生のキムくん。彼は韓国で理系大学に行っていたらしく、私と同じだったのがちょっと不服そうでした。

 

ところで、その”Math150″(マスワンフィフティー)って何?

 

カタログを見てみると、”Calculus I”(カルキュラス・ワン)とあります。

 

Calculusって・・・微積分か。

微分積分はできるから、大丈夫だろう。なんてよくわからない自信があったのを覚えています。

 

 

そして授業初日。

 

教授は小柄なアメリカ人女性のG教授(数学博士号)。

初日にシラバスを渡され、なんだかテスト日程の説明やらを話しているらしいけど、理解できたのはたぶん40%くらい。

今思えば、理解できてないことすら自分で理解できてなかったので(苦笑)、あまり危機感を持っていませんでした。

 

授業は英語がわからなくても、ホワイトボードに書いてくれる数式や説明が理解できるし、「あぁ、そういう言い方をするのね。」と英語を後付けで覚える形でした。つまり、数学が私の英語力を助けてくれたのです。

 

そんな感じで数週間が過ぎ、最初のテストの日。

 

テスト前に、「じゃあ課題を提出してください。」と教授が言うと、クラスの学生たちがゾロゾロと課題ノートを持っていきます。

 

「え?!何それ?」

 

私は超パニック。

 

「そんなのが課題だったの?!」

 

課題はわざと忘れたわけではなく、40%しか理解できなかった授業初日で、聞き取れなかった部分だったのです。

律儀な日本人はこういうところで真面目なので(笑)、「自分だけやってない」ということにめちゃめちゃ敏感です。

 

「超ヤバイ!!!」

 

そう思うと、教授に「実は・・・初日に英語がわからなくて、課題だと思っていませんでした。」

 

と正直に言うと、

 

「オーケー、じゃあ後で持ってきて。」

 

とあっさり。

 

とりあえずテストを受けます。

 

しかしテスト中、問題内容で疑問が生まれました。

 

問題は、

 

「壁に立てかけられているladderが床に滑り落ちようとしています。time tでのladderのスピードを出しなさい。」

 

というものでした。

 

ここでの私の疑問は・・・・

 

 

 

“ladder”って何?

 

 

 

今ならもちろんわかりますが、私のアメリカ生活一年目にこの単語は・・・出てこなかったんでしょう。

 

テスト中のクラスでそろ~っと挙手すると、教授がやってきます。

 

「ladderって何ですか?」

 

静かに聞くと、彼女は私のシャーペンをとって、紙の端っこに「ハシゴ」のイラストを小さく描きました。

 

「あ~、オーケー。ありがとうございます。」

 

と言うと、スマイルをしてくれる教授。

 

「聞いてよかった・・・。」

 

 

ここで、「解き方がわからない」という質問だったら、「あなた、勉強してなかったんでしょ?」となりますが、単純に「単語がわからない」という質問はセーフ、とわかったのです。

だって、壁に立てかけられていたのは、ハシゴじゃなくて、棒切れでもほうきでも釣竿でも何でもよかったわけですから。

 

 

テストを大焦りで受けて、午後に課題だったという問題を仕上げ、夕方に提出。

数日後に、テストと課題が返されると、課題は満点、テストも良い成績でした。

 

「よかった~・・・・。」

 

めちゃめちゃ安心したのを覚えています。

 

「っていうか、先生たちのインストラクションはちゃんと聞き取れなきゃダメだな。」

 

と自分への教訓と共に。

 

その後、クラスメートだった韓国人留学生のキムくんと、アメリカ人学生のGuyと、3人でStudy Groupを作り、お互いに良いライバル、良い仲間として一緒に勉強しました。

私やキムくんが、英語が聞き取れなくて理解できなかった部分をGuyがカバーし、数学的思考でわからない部分を私とキムくんがカバーするというとても良いチームワークでした。G教授も私たち3人が一緒に勉強し、成績トップ3になっていることを知ってサポートしてくれたのです。

誰かと一緒に成長するということの楽しさを発見したのも、この時期でした。

 

「数学って面白い!Aを取れるともっと面白い!」

 

そんな自信が生まれてきました。

 

結果、私たち3人は最終グレードにもAをもらい、セメスター終了。

 

「次のセメスターでは、Math151 (Calculus II) を一緒にとろう」と約束をしました。

 

 

 

 

後編に続きます・・・

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。
日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。
アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む