悦子さんへの手紙:Trust

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

今日は、悦子さんへのお手紙シリーズ6通目です。

 

国際結婚コンサルタントの塚越悦子さんと、ブログを通して文通をするシリーズも6回目になりました。(前回までのお手紙はこちらでどうぞ)

前回はCommunication(コミュニケーション)をキーワードにしてこんな手紙を書いてみたところ、こんなお返事をいただきました。

 

そんなわけで、今回のキーワードは”Trust”です。

 

 

 

—————

—————

 

悦子さん、こんにちは!

ずいぶんと久しぶりのお手紙になってしまいました・・・。

お元気ですか?

 

こちらも夏休みの佳境を迎え、いよいよ新学年もスタートです。

子供たちの新しいバックパックとランチバッグ、靴や服などを揃えて、”Back to school”の雰囲気が溢れています。

 

前回のテーマは”Communication”でしたが、悦子さんのおっしゃる「自分との対話」はとても重要な部分ですね。

特に結婚や恋愛という「相手ありき」と思いがちな側面でも、軸となる「自分」がきちんと自分で見えているか?というのは大事ですね。

 

私はどんなことでハッピーになれるのか?

私はどんなことでupsetしてしまうのか?どうしてなのか?

 

誰も答えはくれませんから・・・。

この答えは自分の中にしかありませんものね。

 

私は今、自分の将来(仕事)のことについて、この対話の真っ最中です。普段の仕事や忙しさにかまけて、自分と向き合うという作業をしていませんでした。その必要性をひしひしと感じています。

 

さて、今回のテーマは”Trust”ですね。

 

日本語では「信頼」と私は使うことが多いですが、割と日本でも早期の英語教育で出てくるし、カジュアルに使われていると思います。

 

でも実際に私がアメリカに来て気づいたことは、この言葉の「使い方」にありました。

 

私の好きなディズニー映画に「アラジン」があります。

この作品が世間に出たのは、私が小学6年生の時でした。

当時は吹き替えで見ていたこの映画でしたが、ストーリーやあのテーマソングがとても気に入っていたのを覚えています。

 

それからしばらくしてアメリカにやってきて、英語でこの映画を見て、「ハッ!」とした部分がありました。

 

それが、あの有名なシーン。

 

アラジンが、ジャスミンに

 

“Do you trust me?”

 

と手を差し伸べるシーンです。

 

 

 

 

街中で、身分を隠してアラジンに出会ったジャスミン姫は、その後、外国の王子に扮するアラジンに宮殿で再会します。

 

宮殿での窮屈な生活に不満を持つジャスミンは、「魔法の絨毯(マジックカーペット)で出かけよう!」というアラジンの”Do you trust me?”という言葉に、「えっ?」と思うのです。

 

私がここでハッとした原因は、アラジンのセリフが“Can you trust me?”でも、“Will you trust me?”でもなく、

 

“Do you trust me?”

 

だったところでした。

 

日本語ではつい、「彼は信じられる人です」とか「私を信じてくれる?」と、英語だと”Can you~”とか”Will you~”的なニュアンスで使われる「信じる」という言葉。

 

でも、これを逆に英語にしてしまうと、

 

“I can trust him.”(彼を信じられます。)

“Okay, but DO you trust him?”

 

なんて突っ込まれそうだし、

 

“I will trust him.”(彼を将来的に信じます。)

 

なんて言ったら、「なにかしてくれたら、彼を信じます」なんていうふうに「条件付きの信頼」と受け取られるかもしれません。

 

「信じる」という言葉は、相手を形容するものではなく、自分自身が相手を信じるかどうか、というあくまで「自分の選択」なのだ、とアラジンのセリフで気づかされたのです。

 

極端な話、たとえパートナーが周りからどう思われていても、自分は彼を信じますよ。と言えるかどうか?

 

“I don’t know (or care) what people think of you, but I trust you.”

 

なんて言えたら(言ってもらえたら)嬉しいですよね。

「どんなことがあっても、無条件で信じてるんだ!」という感じがします。

 

だから、“I can trust you.”でも“I will trust you.”でもなく、“I trust you.”なのです。

 

そしてこの”Trust”、映画の中では、アラジンを信じることに対して、少しリスキーな部分もありますが、本来は日常の中や会話を通して築き上げるものだと私は感じます。

 

言葉の端々や、相手の行動を見て、自分の中でクリックする部分があります。

そのクリックは人によっても違うだろうし、響き方も違うでしょう。

 

自分のパートナーが、どうして自分を信じているのか?というのは、なんだか気になる部分ですね。笑

 

ちょっと聞いてみようかな。

言葉にするのはなかなか難しいかもしれませんが・・・。

 

そんなわけで、映画「アラジン」で学んだ、私なりの”Trust”という言葉でした。

 

残暑がまだまだ厳しいですが、お体にお気をつけて。

またお手紙を書きますね。

 

 

えりな

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。 ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。 二人の小学生のママです。 趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む