「数学的センス」という伝説

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

小さい頃から、数学や算数が得意で、中学高校でも常に満点に近い点を取れる子供って、どこの学校にもいましたよね。特に男の子に多かったです。

 

彼らは「数学的センス」がある。

「数学的センス」がないと、理系進学は難しい。

親の私にないんだから、子供のあなたも無理よ。

 

なんて、聞いたこと、言ったこと、ありませんか?

 

この記事でも書いたように、私は中学・高校数学では落ちこぼれでした。数学が原因で大学受験も失敗したわけですから、日本では「数学的センスはない」というカテゴリーに入っていたわけです。

しかし、アメリカに留学し、コミカレで数学の楽しみを発見した私は、数学専攻で大学を卒業。”Math Major”というだけで一目置かれることも肌で感じたのです。

 

今日は、「数学的センス」という伝説はいったい何者なのか?を考えてみたいと思います。

 

 

1. 親の影響 (Parents)

 

私の旦那は、大学(コミカレ)で数学を教えています。彼のお父さん(義父)も生前は、ケンタッキー州のリベラル・アーツスクールと呼ばれる小さな私立大学で数学の教授でした。

 

この話を聞くと、「じゃあ数学の血筋なんだな。」とか「遺伝だから数学ができるのは当たり前。」と思うかもしれません。

 

しかし、彼には2人の弟がいますが、2人とも数学とは全く関係ないところで仕事をしていますし、大学でも数学じゃないものを勉強したそうです。同じ遺伝子を受け継いだはずなのに、彼らは数学を選ばなかった。ちなみにお母さん(義母)は、高校でドイツ語教師をしていました。

 

そんな旦那との間に2人の子供を育ててみて思うことは、「数学的センス」というものを兼ね備えるには、「遺伝」よりも「環境」の大切さでした。

 

うちの子供たちは2人とも全く違う性格で、全く違う興味を持っていますが、共通しているのは、私たち夫婦が教えることに興味を持つというところ。

 

私たち夫婦の会話は、数学的なものも多く、どちらかと言えばかなりgeekyなものが多いです。

宇宙ロケットのプロジェクトだとか、数学の英単語とか、ミリタリーに使われる数学とか、傍から見たら、「そんなことしゃべってるの?」と思われるかもしれません。

そもそも、私たちがお互いを好きになったきっかけも、「数学の話ができるから」という部分が大きく、我が家にとって「数学」の重要度がとても高かったわけです。

 

そんな家に生まれれば、いやがおうにも、数学に触れることが増えます。

 

親の職場は大学だし、学生たちがいつも質問にやってくる。

scientific calculatorがその辺にぽんっと置いてあると、子供はオモチャだと思う。

理屈っぽい両親に育てられたら、なにごとも理論的でなければ、親を説得できません。

 

特に教えたわけではないけれど、子ども自身が「パパのやってることを僕もやりたい」「ママたちの会話に入りたい」と思ったら、数学に目をやったり、耳をすますことになるのです。

 

こう考えたときに、ミュージシャン一家や、スポーツファミリーのことを思い出しました。

親が(特に夫婦で)音楽が好き、スポーツが好きだった場合、子供たちもそれに触れ合う機会が、生まれたときから用意されていて、無理しなくても自然にそこにあるわけです。

そうやって育った子供たちは、やはり小さい頃から周りに比べて成績が良かったり、パフォーマンスできたりします。「天才」なんて呼ばれるかもしれません。

しかしこれも、遺伝よりも環境によるところが大きいと私は思います。

 

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉が日本には古くからあります。

 

これは、

 

親の)好きこそ(子供の)ものの上手なれ」

 

だと思っています。

 

つまり、親が好きなものは、子供も上手になるということ。

親がパッションを持っているものには、必ず子供もそれに反応します。子供というのは、親が楽しんでいるものを、自分もやりたいと自然に思うものだからです。

 

逆に言えば、親が嫌々やっていることを、子供が「やりたい!」と思うでしょうか?たぶん思わないですよね。

食べ物だって、「母親の私は人参は嫌いだけど、子供のあなたは食べなさい。」なんて絶対に無理です。笑

 

 

そう思ったときに私たち夫婦は、自分たちが楽しめないことを無理に子供にやらせるより、自分たちが楽しめることをやって、子供をそこに巻き込もうと考えるようになりました。

それが「自分たちらしい子育て」であり、彼らは自然と「自分たちの子供」になっていくとわかったからです。

それが結果として数学という学問につながれば、それはそれで良いし、そうじゃなくて、彼らが自分らしさを発揮できる場所を見つけてくれるなら、それもそれで良いと思っています。

 

 

 

2. 理論的な思考力と関連性 (Logical thinking and relevance)

 

じゃあ、数学夫婦からしか、結局、数学が得意な子供は育たないのか?と言われると、それはノーです。

「好き=仕事」とか「好き=趣味」というわけではありません。

 

私の思う「数学的センス」とは、あくまで後天的な(=生まれ持ったものではない)、環境の中で育てられる、「物事に関連性をつけて、理論的に考える力」だと思っています。

 

つまりどういうことかというと。

 

たとえば、小さい頃に、「レストランで走り回ったら危ない」と教えるときに、「どうして危ないのか」を教えます。

 

自分の行動が、どういうことを引き起こし、それはどういう結果になりうるか。

 

だ か ら

 

「じゃあ走っちゃいけないな」と子供が自分で理解できるところが理論的思考

 

次に

 

その「人の多いところで走っちゃいけない」という教えを持っている子供が、ショッピングモールに行ったときに、「あ、ここも人が多いから走っちゃいけないな」と自分で言い聞かせられたら、それは関連性

 

これはあくまで例ですが、「あそこで言われたことを、ここでも応用できる」という思考力は数学ではとても大事になります。

 

 

こういうしつけ、というか子供に考えさせる方法は、我が家では常にやってきたし、それが彼らの「自分で考えて行動する」ということにつながっています。

そこに「数字」が入ってきたときに、スムーズに収まった、というのが親から見た感想です。

 

 

 

今月から2年生になる長男は、かけざん表 (multiplication table)を見るのが趣味。アメリカではかけざんは3年生でやりますが、「やりたいならやらせれば?」というのがうちの旦那の感覚。

同じくキンダーになる長女は、4歳のときに「3, 6, 9, 12, 15, 18, 21,….」と3の段を独り言していました。0~9までの数字を正確に書けるようになる前のことです。

 

どれもこれも、親の私たちが教えたわけではないけれど、子供が興味を持ち、考えることの面白さから発見した、彼らにとってはあくまで「遊び」の一つのようでした。

 

 

どうでしょうか?

 

「センス」とか「才能」という言葉で片付けてきた部分も、こうやって見直してみると、考えさせられることが多いと思いませんか?

 

特に親として、「子供に何を教えるか?」を考えるとき、まずは自分と向き合うことが大事なように私は思うのです。

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む