ロシアからの転入生

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

ちょっと前のことになりますが、昨年、うちの娘がTK (Transitional Kinder)学年で起こったことです。

 

ちょうど一年前、昨年8月にTKが始まった娘は当時4歳。

TK受け入れは、この学校で初めての試みで、小学校全体で4歳児はこのクラスの15人だけでした。

上は11歳の5年生もいる学校に、4歳児を通わせるというのは、親にとってもなかなかのチャレンジでしたが、結果、クラス全体がとてもまとまり、貴重な体験のできた一年だったと思います。

 

 

そんなこのクラスに、学年の途中から、転入生がやってきました。

 

それも三人いっぺんに。

 

というか、なんと三つ子ちゃん。

 

それもロシアからの。

 

TKが始まり、先生も子どもたちも、ちょっと慣れてきたな~・・・というところにこの三つ子ちゃんたち。

 

「三つ子ちゃんですか。珍しいですね!」

 

と、朝の挨拶で先生に言うと、「英語がまったくわからないのよね~。(笑)」と、驚きのニュースが。

 

「でも、子どもって大丈夫よ~。(笑)」となんとも明るい先生である。

 

 

まぁ確かに、アメリカで生まれ育ったとしても4歳児のコミュニケーションスキルなんて知れてるしなぁ・・・。アルファベットを書けない子どもだってたくさんいるし。(うちの子も”b”と”d”が未だにあやうい・・・)

 

というか、それでも受け入れる学校側、先生の度胸、すごいなぁと心の中でつい拍手してしまいました。

 

先生たちはさすがにプロですから、「ナニジンかに関わらず、4歳児のできることとできないこと」を理解しているし、たとえ、外国人というハンディキャップがハードルになってしまう場合でも、相応のヘルプを出すのがアメリカ。やっぱり懐の深い国だなぁ・・・とつくづく思ったのです。

 

 

三つ子ちゃんは女の子二人+男の子一人で構成されていて、私たちが毎朝、学校に着いたときにはすでに三人はドロップオフされていました。なのでママ・パパに会ったことはありません。

 

最初はベンチで、静かにけんかもせず、おしゃべりもせず、黙ってちょこんと座っていた三人でしたが(緊張もしてたんでしょう)、慣れてくると、クラスの子どもたちと校庭でジョギングをしたり、ふざけあったりしていました。

他の子どもたち(特におしゃべり好きな女の子たち)のように、「あーだこーだ」と言うことは最後まで聞きませんでしたが、それでも子どもたちって不思議と独特なコミュニケーションで、分かり合ったり、助け合ったり、遊んだりできるみたいです。子どもの順応性はすごいですね。

 

うちの娘も、女の子二人のうちのどちらかと仲良くなり、お絵かきに登場したりしていました。

 

三つ子ちゃんの頭の中で、どんな思いがめぐり、どんな心の動きがあるのか、とても興味があるところですが、私はロシア語が話せないので、現在では知る由もありません。残念。

 

 

大人になると、ついアタマで考えてしまい、「まずはカラダが動く」という感覚を忘れてしまいます。結果、瞬発力が鈍り、新発見や素晴らしいチャンスを目の前で逃すことが増えました。

子どものときは、鋭敏だったその感覚をまた磨いて、新しい世界に飛び込む楽しさを思い出したいな、と思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む