Transitional Kindergarten(トランジショナル・キンダーガーテン)

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

今日はTransitional Kindergarten(トランジショナル・キンダーガーテン)について書いてみようと思います。

 

カリフォルニアにお住まいで、現在4歳~10歳くらいのお子さんがいる方なら、聞いたことがある言葉かもしれません。

 

ここカリフォルニア州では、2010年にある法律が施行されました。

 

それまでは、毎年12月1日までに5歳になる子供は、その年の9月から始まる新年度にキンダーガーテンに入学することができました。

 

つまり、

 

2008年12月2日~2009年12月1日に5歳になる子供は2009年の9月からキンダー入学

 

だったのですが、それが見直され、数年かけて12月1日の締め切りを11月1日→10月1日→9月1日と動かしたのです。

 

そうすると何が起こるかと言うと・・・

 

これまではその年にキンダーに入れるはずだった9月2日~12月2日生まれの子供たちは、次の新学年度まで入学が持ち越されることになりました。

そしてこの持ち越しになった9月2日~12月2日生まれの子供たちを対象としたプログラムがTransitional Kindergarten、通称”TK”なのです。

 

このTransitional Kindergartenは、その次の年の9月に始まる正式なキンダーガーテンの前身で、Transitional Kindergartenと、通常のKindergartenと2年通うことになります。内容は、通常キンダーと連結するようなカリキュラムが組まれるそうです。

(注意:Transitional Kindergartenのプログラム内容や運営は、学区ごとによって違いますから、ご自分の学区のオフィスに相談してくださいね!!)

 

 

実はうちの長女は11月生まれで、バッチリとこの枠に入っていました。

 

以前のカレンダー制度であれば、2014年の9月からキンダー入学のはずでした。

 

しかし、新しい法律のおかげで、正式なキンダー入学は2015年9月まで延長されてしまったのです。

 

「う~ん、もう一年分の幼稚園の学費か・・・。」

 

この記事でも書いたように、アメリカの幼稚園の学費は高額。

 

当時のプリスクールの学費は週5日フルタイムで月750ドルですから、無料のキンダーに行けるか行けないかでは、大きな違いでした。

 

そうは言っても、我が家の子育てポリシーは「のんびりと」。(笑)

 

大人の事情で子供を急かしたりすることはしない主義です。

 

特に、9月2日~12月2日生まれの子供たちと言うのは、日本で言う早生まれ(1月1日~3月31日)と同じ。

低学年のうちは、数ヶ月の違いが発達上では大きな違いってこともあるし、月齢が上の子供たちと無理に学校に行かせるよりは、月齢が下の子供たちの中でリーダーになってもらいたい!と夫婦で同意。

 

そもそも、娘の性格はシャイで面倒くさがりなので、なるべく人についていきたいタイプ。これで月齢が上の子供たちの中に入ったら、なおさらリードなんてしないだろう、と踏んだ私たち夫婦は、もう一年、娘をプリスクールに通わせる覚悟をしていました。

 

「750ドルx12ヶ月で9,000ドル。彼女の人生を考えたら、安いもんだよね。」

 

そう思ってもう一年、教会のプリスクールに通わせることにしたのですが・・・・。

 

「今年から、うちの学校でもTransitional Kinderが始まるのよ!」

 

そう言われたのは、息子(すでにキンダー)のクラスボランティアをやっていた時。

 

クラスマムと呼ばれる、クラスのボランティアを仕切るママ(ケイティ)がそう教えてくれました。

 

「そうなの?!」

 

それを聞いたうちの旦那は、早速スクールオフィス(事務室)に走り、”TK”と書かれているパケット(封筒に入った書類一式)をゲット。

 

「やった!!これで二人とも同じ学校に通える!」

 

二人の子供が同じ学校に通ってくれるというのは、送り迎え必須のアメリカでは、精神的、肉体的な負担がどっと肩から下りるわけです。

 

それでも我が家の場合は、小学校の通常授業は2時で終わってしまうので、オンサイトの”Extended Day Program”と呼ばれる時間外保育を利用しています。これが月200ドル。

この記事でも書いたように、キンダーから5年生までの子供たちのための学童保育みたいなもので、親が迎えに行くまでの時間、宿題をやったり、スポーツやゲームをやったり、スナックを食べたりします。子ども達はこのプログラムを通して、年上の子供たちと仲良くなったり、新しいことを覚えてくるようになりました。

長女もTransitional Kinderに通い始めて、同じアフター・スクールに行くことになると、二人で月400ドル以下。プリスクールの学費(750ドル)に比べると、経済的な負担もだい減りました。長かった・・・・ここまでの道のりはめっちゃ長かった・・・。

 

そんなわけで、晴れてうちの学校のTK第一期生として入学した娘。

11歳の子ども達と同じ学校に通うなんて、ちょっとドキドキでしたが、楽しくやっています。

 

 

このTransitional Kindergartenですが、同じ年の夏生まれ(9月1日以前)の子供たちも参加できるそう。

 

つまり、「通常のキンダーに入れる月齢だけど、もう一年遅らせよう」という場合ですね。

 

うちの学区は移民家族が多いので、英語に心配がある子供や、外国から引っ越してきたばかりの子供がいる家庭は、わざと遅らせるという選択肢もあるわけで、実際、うちの息子のクラスにもこのケースの子(男の子が多い)が二人ほどいるようです。

 

 

「学年を遅らせるのも進ませるのも、子供に合わせられる選択があるっていうのがイイよね。」

 

とうちの旦那。

 

そうそう、一年くらい大した差じゃないですから。特に大学まで行ってしまえば、年齢なんて本当にごちゃごちゃなこの国。

 

それよりも何よりも、子供がcomfortableに学校に行けることのほうがずっと大事だと、私は思うのです。

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む