本当に、この人で良いのでしょうか?

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

人生のパートナーを見つけるというのは、簡単なことではありません。

まして「結婚」なんていう大きな大きなコミットメントは、誰だって二の足を踏んでしまうもの。

 

 

そんな時、こんな不安を持つ人も多いはず。

 

「本当に、この人で良いのだろうか?」

 

私も、現在の旦那と結婚する前に、そう思ったことがありました。

 

「もっと他に良い人がいるのでは?」

 

 

そう思って、学生時代のホストマザーに相談したことがありました。

 

 

彼女の答えはこうでした。

 

「向こうもあなたに対してそう思ってたら、悲しいと思わない?」

 

私はドキッとしました。

 

「その不安を、『この人じゃなきゃダメ (It has to be him.)』にしていくのが結婚よ。」

 

そう言われて、私は自分の中の不安に罪悪感を感じました。

 

 

そうか、「この人で良いかどうか」なんて、今わかる結論じゃないんだ。

結婚して、一緒に暮らして、何年も何十年も暮らして、「この人で良かったなぁ」って思えるものにしていくのが夫婦なんだ。

 

私より30歳も年上で、派手なことが好きで、突拍子もない人だけど、周りの人たちへの愛情深さと懐の深さ、同じことで笑える時間、そして何よりもErinaという存在を絶対的無条件で受け入れてくれること。

 

「この人で良いや。」と言うと聞こえは悪いですが、今は”70% sure”でも、残り30%は、”It’s up to me.”、つまり自分次第だと気づいたのです。

その30%の不安は、彼に対してでなく、「結婚」という未知のライフステージへの不安であり、私との結婚生活に対して、きっと彼も何かしらの不安を持っていたはずだから。

 

 

私にとって彼との結婚の決定打は、こう思えたことでした。

 

「これからの結婚生活、何が起こるかはわからない。だけど、何が起こったとしても、彼となら乗り越えたい。」

 

そうやって未来の自分と、彼との生活を信じること。それが「彼と結婚したい!」と思えた瞬間でした。

 

 

あれから10年。

 

山あり谷ありの結婚生活は、続いています。笑

 

「この人で良いのかな?」から「この人で良いや。」で結婚を決め、10年が経って「やっぱりこの人じゃなきゃ。」になりました。

 

決して平坦でも楽な道でもありませんでした。

途中で見える景色に感動したり、歩くのがもう嫌になったり、おんぶしてもらったことも、声がかれるまで応援してあげたこともあります。

 

同じボトルからワインを飲んで「あぁ、おいしいね。」って言える瞬間や、一緒にコメディを見て同じシーンで笑える瞬間、ニュースを聞いて「これってどう思う?」ってディスカッションできる夜の時間や、子育ての話し中にお互いの経験を知り合う瞬間。

仕事中に彼のことをふと考えてたら、携帯に電話がかかってきたり、彼の持ち出した会話に「今、まったく同じことを言おうと思ってた!」という瞬間。

私の好きじゃない銘柄のビールを買ってきて「またそれ~?」って思う瞬間や、子どもたちとしょうもない喧嘩(笑)をしているのを聞く瞬間、突拍子もなく「車を買い替えようかな」と言い出す瞬間も、「何それ?」と思いながらも、やっぱりこの人だから、面白い。

 

そういうことが私にとっての幸せ。

 

この10年で、私たちは「二人の男女」から「夫婦」になりました。

彼も変わったし、きっと私も変わった。それは全て、「夫婦」になるために必要な変化だったはず。

 

この人と生きる明日が楽しみ、と思えたら、きっとそれは人生のベストパートナーなのでは?と私は思うのです。

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む