新しいブラックフライデー

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

今週木曜はいよいよサンクスギビング。家族や友人たちと集まる予定などで忙しい時期です。

 

サンクスギビングの次の日、つまり金曜日は、”Black Friday”(ブラックフライデー)と呼ばれ、一年で最も盛大なセールの日として有名です。

デパートメントストアや、ターゲット、ウォルマートなどの量販店、Best Buyなどの電化製品店の前には、毎年のように行列ができるほど、人々は買い物に出かけます。

ここ数年は、ショッピングモールは夜中からオープンし、人々は夜中から買い物に出かけるわけです。

 

そしてこのリテール戦争は、ここ数年、どんどん悪化しているイメージがあります。

たとえば、これまでは誰もが「ブラックフライデーセールは朝5時から!」とやっていたものの、ターゲットが「うちは朝3時からやります!」と言い出せば、競合相手のウォルマートが「じゃあうちは1時からやります!」となり、Macy’sが「じゃあうちは一晩中オープンします!」という悪循環。

ここで結局、仕事をしなければならないのは店員たちです。

一晩中オープンされたら、サンクスギビングも何もないわけで、「サンクスギビングは家族で過ごすためのもの」のはずなのに、全くもって本末転倒なことが起きています。

 

そこで、この熱くなりすぎている市場傾向に、「そこまでしなくても良いんじゃない?」という人たちが増えてきました。

それは消費者たちだけでなく、競合になるであろうリテール業界も、自分たちのビジネスの仕方に目を向け始めているのです。

 

今年、R.E.I. というアウトドアグッズを取り扱うブランドが、「うちはブラックフライデーは店を閉めます」という宣言をしました。

私はアウトドア派ではないので、ここで買い物をすることはほとんどありませんが、私の周りではとても人気のお店です。自然と溶け込むとか、あまり「無理しない」という良い感じのブランドというイメージがあります。

そのR.E.I.が、この過熱しているリテール戦争に参加しない、サンクスギビングを純粋に楽しもう、という意図でこのような決断をしたことは、とても好感が持てるし、きっと従業員や真のアメリカ伝統を大切にする企業は、これからもっと増えていくのではないかなぁ?という気がします。

 

リテール業界の人たちによると、ブラックフライデーでセールになる商品は、もともとマークダウン(ある程度の値下げをしても良い商品)のものばかりで、トップラインの商品やオンシーズンの商品はそんなにビックリするようなセールにはならないとのこと。「ブラックフライデーはそれほど特別じゃない」という内部の声も聞いたことがあります。

 

・・・と、消費社会の代表みたいなブラックフライデーですが、ショッピングの代わりに、こんな過ごし方はどうですか?と提案しているこんな記事を見つけました。

ミネソタ州立公園、ミズーリ州立公園、カリフォルニア州立公園は、R.E.I.の宣言に影響されてか、ブラックフライデーに州立公園への入場を無料にすることにしたそうです。

お金を使うのではなく、自然の中へ行こう!

歩いて前日に食べたターキーを消化しよう!

 

なんて書かれています。

こういう発想はアメリカらしくて大好きです。

 

 

みなさんはどんなブラックフライデーを過ごす予定ですか?

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む