チャプターブックを読もう

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

しばらく前のことですが、”Teacher’s Conference”と呼ばれる、学期末の面談に行ってきました。

私にとってわからないことばかりのアメリカの学校システムでは、こうやって先生の生の声を聞ける機会は貴重であり、あっという間に過ぎていく子供たちとの毎日を、どうやって過ごしていくべきかを考えることができます。

 

今回は、我が家の子供たちが”Reading”の課題として読んでいる本と、それに追随する先生からのコメントを紹介してみたいと思います。同年代のお子さんがいる家庭の参考になれば幸いです。

 

 

もう一度繰り返しておくと、我が家の子供たちは

 

長男(1st Grade・6歳半)

長女(Transitional Kindergarten・5歳)

 

の二人で、同じ小学校に通っています。数年前から取り入れられたCommon Core Standards(コモン・コアスタンダード)は、わが学校でも積極的に取り入れられているようです。

そしてもう一つ、前提として書いておくと、我が家は教育熱心ではありますが、それは良い大学に入るためという学歴重視ではなく、この成長過程でこれはやっておこうね、という広義での教育です。

自力で博士号をとったうちの旦那も、「大学なんて行きたくなければ行かなくても良い」と言いますし、私も「他にやりたいことがあるなら、それは大学じゃなくても良い。その代わり自分の選択肢に責任を持つべき」と思っている、自主性重視です。

 

 

さて、話は戻り。

うちの小学校では、日本の小学校のような「教科書」というものは使われていなく、「国語」にあたる読書は一般の児童書を使っているようです。

 

アメリカの宿題でポピュラーな”Reading”というのは、一日15分~30分(時間は学年や先生によります)を目安に、図書館から借りた本や自分の本を読みましょう、というものです。

 

幸いにも、うちの子供たちは本が大好きで、一年生の長男は、昨年のキンダーに入ってから、急に読書ができるようになりました。

今年は絵本から「チャプターブック(Chapter Book)」と呼ばれる、絵のない本、日本の児童小説のようなものを読み始めました。それぞれの作品は、いくつかのチャプター(章)があることからこう呼ばれます。

 

そういえば、私も読んでたよな~・・・ってか、アメリカだと何を読むんだろう?

やはり自分が育った本を、子育てに使えるか使えないかってけっこう私の中で大きいです。日本では、岩波少年とか青い鳥文庫とかありましたよね。私も本が好きだったので、当時はクレヨン王国シリーズとかを読んでいました。

 

 

そんな中、うちよりちょっと年上の子供二人を持つ同僚・ミシェルが、職場にもう読まなくなった児童書を持ってきました。

 

私:「おぉ~!ありがたい!他に誰もいらないなら、全部もらっても良い?」

 

ミシェル:「もちろん!」

 

その中にあったのは、”Junie B”(ジュニー・B)シリーズ。

アメリカらしく、雑な紙に印刷された小さい本です。

 

 

 

 

「へぇ。タイトルも”First Grader”だし、長男にちょうど良いかも。」

 

と持って帰ると、

 

「あ!Junie B だ!どうしたの?それ、僕の?」

 

と喜び、教室にこのシリーズがあること、毎日このシリーズを読んでいることを教えてくれました。

 

私も内容が気になるのでさらっと読んでみました。

内容は、やんちゃな小学一年生の女の子Junie Bがアメリカの年間行事においてなんやかんや・・・というストーリー。

「こういうのが読まれるのか・・・。」と、大人になってしまっては特に際立った感想も持てず。(苦笑)

 

その後、息子の興味は”Magic Tree House”(マジックツリーハウス)シリーズに移行したらしく、学校の図書館から借りてきたものを一冊、家で読むことになりました。

これも何十冊とあるシリーズもので、あっさりと読んでみたところ、ジャックとアニーは不思議なツリーハウスを見つけ、そこで魔法の本を開くと、歴史上の色々な時代に行けて、冒険する、というような内容。

息子が借りてきたのは、クロマニヨン人が洞窟で生活している氷河時代・・・みたいな感じでした。

 

 

「ふ~ん・・・こういうのが好きなのか。」

 

小学生以来、ファンタジー系は全く読まない私にとってはちょっと新鮮。

 

聞いていると、わりとスラスラと難しい単語も読んでいる息子。「はい、今日の分は終わり!」とあっさりと本を置いた彼に、旦那が、こう聞きました。

 

旦那:「で、どんなことが書いてあったの?」

 

息子:「え?」

 

旦那:「本の内容だよ。今読んだチャプター、どんなストーリーだった?」

 

息子:「・・・・・・え~っと・・・・・。」

 

言葉に詰まる息子君。

 

旦那:「単語を読むだけじゃダメなんだよ。内容を理解しないと。」

 

ふ~ん・・・じゃあどうしたら良いの?という顔をしている息子に、私が助け舟を出します。

 

私:「最初のチャプターだけ、もう一回読んでみてよ。今度は、読みながら内容も頭に入れるんだよ。」

 

息子:「オーケー。」

 

 

 

—–読書中—–

 

 

 

私:「じゃあ、このストーリーには誰が出てくるの?」

 

息子:「ジャックとアニー。」

 

私:「この二人はどういう関係?」

 

息子:「ブラザーとシスター。」

 

私:「うん。じゃあ舞台はどこ?」

 

息子:「最初はマジックツリーハウスで、氷河期の洞窟に行くよ。そこでクロマニヨン人の服を発見して・・・・。」

 

・・・・・という感じで、今回は内容もきちんと把握していたようでした。

 

旦那:「今度からはさ、1パラグラフ(一段落)でも読んだら、『どんなことが書いてあったのかな?』って自分の言葉で表現するんだよ。一文でもいいから、書いてみてもいいし。」

 

息子:「パラグラフって何?」

 

旦那:「同じ内容を表現している、文章の塊だよ。たいてい、『インデント』って言って、ちょっと下がって文が始まるのがパラグラフ。」

 

息子:「オーケー、わかった。」

 

それ以来、読書をしている息子には、切れの良いところで「で、なんて書いてあった?」と内容を要約してもらうようにしました。

 

 

思えば、私の渡米直後のESLの宿題にもこんなのがありました。

 

「毎週、雑誌や新聞の記事を一つ、自分で選んで読んで、それを3 sentencesで要約しなさい。」(この記事で紹介しています)

 

というものでした。つまり、その記事に何が書かれているかを、自分の言葉で短く(3文で)まとめるという練習です。

最初はなかなか3文にならなかったし、どこを削ればよいのかわからなかったものの、学期の終わりには、これは私のお気に入りの宿題になり、今でも様々なシーンで応用しています。

 

後になってわかったのですが、このスキルはアメリカでは重要で、物事の本質と全体像を短時間で把握し、的確な言葉を選んでプレゼンするという練習になります。ビジネスシーンでのコミュニケーションを勉強している方、ちょっと練習してみてください。

 

 

話を戻し、ここで、担任とのカンファレンス。

 

担任:「最近の息子君のリーディングはどうですか?」

 

私:「えぇ、Magic Tree Houseが好きみたいですね。」

 

担任:「そうですね、あれは歴史上の実名とかも出てくるし、単なる作り話じゃないからオススメです。レベルとしては一学年上なんですよ。」

 

私:「あぁ、そうなんですか。スラスラと読んでますが、先日、彼が読み終えた後にこんな質問をしたんです。『今の部分、どんな内容だった?』って。そしたら、最初は全く頭に入ってなかったみたいで。それを今、練習しています。」

 

担任:「そうですね、Common Core Standardsでも、新しいカリキュラムはそこです。読んだ内容を把握し、それを自分の言葉で要約するのはCiritical Thinkingの基本ですから。」

 

私:「わかりました。じゃあ続けますね。」

 

うちの息子は、何でも一番になりたいがために、スピードは速いものの、結果が雑。笑

リーディングでも、大事なのは速く読み終えることではなくて、内容に対してgood thinking, good wordsを備えること。

 

それが当面の彼の課題になりそうです。

 

学年別のオススメチャプターブックのリストはこちら

 

家族で読むなら、Magic Tree House 1-28巻のボックスセットはおすすめです!

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む