世界は、こうやってつながっている

2 Comments

こんにちは、Erinaです。

 

昔、あるハリウッド俳優が、「友達の友達の友達の友達の友達の友達と6段階まで行き着いたら、世界中の人間全てとつながることになる」と言っていました。

 

どういうことかというと、「友達」という1段階めに属する人は、自分が「直接的に知っている人」。

「友達の友達」という2段階めに属する人は、自分の「友達」を間において間接的につながっている人。

「友達の友達の友達」は3段階め・・・と6段階めまでさかのぼれば、世界人口を網羅できる、というのです。

まぁ確かに、数学的に考えても、いくつかの条件を満たせばこれは証明できるでしょう。ここではその証明はしませんが、詳しく知りたい人はこちらで。

 

ここで私が言いたいのはつまり、世界の裏側にいる、自分とは全く関係ないように見える人間でも、自分とは何かしらのつながりがあり、大なり小なり、お互いに影響を与え合っている、ということ。

 

たとえば、テロ事件とか、経済的なことまでは行かなくても、誰かの何かしらの決断が、巡り巡って、自分の周りに影響を与え、結果として自分自身の決断にも影響を与える。まるでドミノ倒しのように。

そして同時に、自分の一挙手一投足も、何かしらの影響を、世界に与えるのだろうな、と私は考えています。

 

もちろんこれを証明する術はありませんが、こう考えると、世界は何かしらの形でつながっていて、無人島で一人きりで過ごさない限り、毎日、誰かの言動に影響されあいながら生きるのが人間なのだ、と思うのです。

 

これをことわざにするなら、

 

日本語なら、「情けは人のためならず」

英語なら、What goes around comes around

 

両方とも、良いことも悪いことも、他人にしたことは自分に返ってくるよ、という意味です。

 

先日、うちの旦那と子供達が、とても不思議な体験をしました。

 

私がいなかったある夜、3人で近所のマクドナルドに行きました。

食事が終わって、帰りにデザートとしてミルクシェーキを買おうとしたところ、その店のミルクシェーキの機械が壊れていたそうで、買えなかったそうなのです。

ガッカリした子供達を見て、うちの旦那は、近くのJack in the box(別のハンバーガー屋)に行くことにしました。

そこでドライブスルーに入り、ミルクシェーキを3つオーダーした旦那。

窓口でお金を払おうとしたところ、店員にこう言われたそうなのです。

 

「あなたの前の車に乗っていたお客さんが、もう支払いを済ませてしまいましたよ。」

 

一瞬、何が起こったのかわからなかった旦那。

 

「どういうこと?」

 

とクエスチョンマークが頭の中に浮かんだことでしょう。

 

前のお客さんは、白いSUVに乗っていた女性だったようですが(記憶が曖昧)、旦那には、誰かにミルクシェーキを買ってもらうような心当たりは全くなかったそうです。

 

「そうか」

 

うちの旦那は、あることに気づきました。

 

“Random act of kindness”

 

「ランダムな親切行為」とは、相手を特定せずに、自分以外の誰かのために、親切な行いをすること。

 

小さいところで言えば、次の人のためにドアを押さえてあげることだとか、両手がふさがっている人のためにドアを開けてあげることだとか、荷物を持ってあげることだとか、そういうことです。

 

そういう感覚が広がっていくと、誰かのハンバーガーショップでの精算をしよう、という気持ちになる人が、この世の中にはいて、たまたま、うちの旦那と子供達がその対象になった、ということだったのです。

ミルクシェーキの支払いをした女性にとっては、「後ろの車のお客さん」が何をどれだけ買うか、わかりません。もしかしたらハンバーガーを100個買っていたかもしれない。

だけど、「何をどれだけ買うか」というのは彼女には問題ではなかった。「知らない誰かのために、ここでお金を出そう」という気持ちが、そういう行動につながったのでしょう。

 

この話を聞いて、私はまず、「アメリカってやっぱり良いな」と思いました。

この国では、こういうとても原始的で有機的な「人間のつながり」がまだまだ存在しています。

“Hello.”と笑顔で他人に挨拶することや、困っている人を見たら「大丈夫?」と声をかけること。

そうやって、他人を自分の世界に含める (including others to my life) という作業が、日常的に多くの人の中で行われていて、「自分一人で生きているんじゃないんだな」と思わせてくれるのです。特に、子供達が小さかった頃は、それがどれだけ心の支えになったことか。

 

ちょっと前に、あるニュースが話題になりました。

 

2歳になったばかりの娘と飛行機に乗ろうとしていたある父親。彼は、自分の分のチケットしか持っていませんでした。なぜなら、彼がチケットを買った時、娘はまだ1歳だったので、チケットを買っていなかったのです。

搭乗カウンターで、娘のチケットが買えなくて困っていた彼のところに、ある女性が近づいてきました。

彼女は、この父親と言葉を交わした後、搭乗カウンターで、「私が娘さんのチケットを買います。」と言いました。

スタッフは言いました。

「チケットはいくらかご存知ですか?」

「$700いくらでしょう?」

「$749です。」

「構いません。」

そう言って、彼女は自分のクレジットカードで支払いをし、女の子のチケットを買ったのです。

父親は、女性の名前と連絡先を聞き出して、お金を返そうとしたそうですが、女性は「気にしないで」と言うだけでした。

 

う〜ん・・・。

どうでしょうか?

 

こういう人(見知らぬ困っている誰かのために750ドル払える人)が、この国には存在していて、周りの人がそれをきちんと認識し、感謝し、自分も親切にしよう!と常にリマインドしている。

それが私がアメリカという国を好きな理由の一つでもあります。

 

うちの1年生の娘は、学校でも、この”Random act of kindness”について教わっているそうです。

教室には、”Random act of kindness box” という箱があって、その中には様々な「親切」を書いたカード(「友達を助けよう」とか、「ゴミを拾おう」とか)が入っているそう。朝、先生がそこからくじのように一枚引き、子供達はその「親切」を意識してその一日を過ごすそうなのです。

これは、”Learning about good citizenship” というものですね。自分はそのコミュニティの一員(市民)であることを自覚し、その責任を身につける、という練習でしょうか。道徳教育の基本ですね。

 

そうか、こういうことを1年生から教わってるのか、というカルチャーショックと、私も彼女たちのお手本になれる人間にならないとな、と襟を正す思いでした。

 

このミルクシェーキの件があった日、最後は、

 

「自分たちも、できるところから、人に親切にしようね。誰かにやってもらったことを忘れずに、let’s pay it forward.」

 

ということを子供達に教えることができました。

 

“Pay it forward” はちょっと前に映画にもなりましたが、”Pay back”(何かしてくれた人に直接返す)のではなく、別の人に、つまり、forward(前方に)投げかけていこう、という意味です。

 

そうやって、毎日の小さな親切が、次へ、次へ、とつながって、やがて大きなものになれば、世界は優しくて、温かいものになるのじゃないかなと私は思うし、同様に、怒りとか悲しみのようなネガティブなものはpass on(受け渡す)したくないな、と思うのです。

何かしてもらったことで、感謝の気持ちを持つことはもちろんですが、日本人は、「してもらったことに対してのお返し」(つまり後ろ)に意識を向けがちです。しかし、お返しに頭を悩ませてしまっては、本末転倒であり、親切にしてくれた人の好意を素直に受け取ることも必要なのでは?と思うのです。

それよりも、今の自分にできる親切や手助けをすることで、視線を前に向けよう、という気持ちも大事ですね。

 

 

 

どうでしょうか。

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

2 Responses to “世界は、こうやってつながっている”

  1. avatar

    みつ

    いつも楽しく読ませていただいています。
    私もアメリカにいるのですが、なぜ、寄付を普通の方がしようと思うのか。
    日本では、あまり評価されないことに、行動するってことがなくて。
    宗教なのかな?教育なのかな?なんて考えていましたが。
    寄付とは、別の話としても、コミュニティーの一人として、全体を考えていたり。小さいころからの教えなのか、と感じるの感慨ぶかいです。

    それにしても、シェーキの話、いいですね!
    自分が、もしも、後ろの人の分まで払う立場になったとしても、なんだか、どんな反応してるだろう?なんて、ワクワクしてしまいます。

  2. avatar

    Erina

    みつさん、こんにちは!
    いつも読んでいただき、ありがとうございます。

    そうですね、私も寄付の習慣はキリスト教かな?とずっと思っていたのですが、そういうことでもないようです。
    こうやって子供の頃から身に付いているものなのか、とちょっと衝撃でした。

    >どんな反応してるだろう?なんて、ワクワクしてしまいます。

    確かにそうですね!
    シェーキの女性もそうやって楽しんでいてくれたら嬉しいかも。

コメントを書き込む