「頭が良い」ってどういうことか

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

個人的なことですが、最近、「ブログにこういうことを書こうかな」と思うトピックが、教育心理学のクラスとシンクロしていてとても楽しいです。笑

今日のトピックもそうで、教員免許プログラムでの勉強や教育実習を通して感じたことを、先日の授業でも取り上げたので、書いておこうと思います。

 

 

「頭が良い」という言葉、よく使いますし、よく聞きますよね。

英語でも同じカジュアルさで使われるという意味で、”smart”があります。

“She is smart.” は、「彼女は頭が良い」ですね。

 

しかしこのsmartという言葉が表す、具体的な「資質」が変わってきていて、アメリカの公立校における新しいカリキュラムというのはやはり、これまでの「頭の良さ」を試すのではなく、新しい資質を試されているというもの。

 

 

例えば数学で頭が良いというのは、従来では「答えを速く出せる」ということでした。

先生の質問にパッと答えが出せるとか、公式を覚えているとか、スピード (quickness) が重要視されていました。

みなさんも記憶にあるかもしれませんが、算数や数学のクラスで「頭の良い子」というのはやはり、そうだったはずです。自分だって時間をかけて、自分のペースでやればできるのに・・・と思ったことはないでしょうか。

 

しかし、新しい数学のカリキュラム(これもまた別の記事で書いてみます)では、そのようなクイックネスではなく、もっと別の資質を必要とされていて、生徒達は新しい次元での数学教育を受けています。

そしてこれは数学に限らず、別の科目でも同じようで、国数のコモンコア、理科のNGSS (Next Generation Science Standards)、社会のHistory-Social Science Standards もそのような影響を受けています。

 

 

そんなわけで、アメリカの中学・高校の主要4科目(国数理社)の教員志望たちが考える、新しい「頭の良さ」を、従来のものと比べてみましょう。

 

従来の「頭の良さ」は・・・

 

  • クイックネス(数学:問題が速く解ける)
  • 量(国語:作文を長く書ける)
  • 事前知識(理科:学校で習う前に宇宙のことをよく知っている)
  • 自然さ(社会:歴史のことを語れる)
  • 勤勉(全教科:宿題をちゃんとやる)
  • 自信(全教科:自信を持って自分の考えを言える)
  • 授業参加(全教科:挙手・発言できる)

 

という感じ。

 

思い出してみても、クラスにいた「頭の良い子」というのは、確かにこれらのことを難なくやっていたり、自分もこういう努力をすることで、「頭が良いね〜」と言われたりした記憶があるはず。

 

ではでは、新しい意味での「頭の良さ」は何かと言うと・・・

 

  • Resourcefulness: 正しい情報の使い方を知っている
  • Patience/Perseverance: 忍耐強さ・粘り強さ
  • Effort: 努力できること
  • Collaborative: 他人と協力できること
  • Able to ask questions for clarification: 物事を明確するために質問できる能力
  • Synthesize thoughts: 思考をまとめたり、つなげる能力
  • Implement feedback: 他人からのフィードバックを実用できる
  • Strategize: 戦略立てる能力

 

というもので、科目に関わらず必要な資質であり、基本的かつ総合的な人間力と言えます。

 

そしてこうやって見てみると、従来の頭の良さというのは、結果(テストとか作文とか)にフォーカスされているのに比べ、新しい考えでは、問題や課題に対する姿勢や取り組み方に反映されているわけです。

 

 

また英語には、”Book smart”と”Street smart” という表現があります。聞いたことはあるでしょうか?

 

“Book smart” (ブックスマート)というのは、本から得られるスマートさ、教科書などで通用するスマートさという意味で、つまり従来の意味での「勉強ができる子」という意味で使われていました。

それに反して “Street smart”(ストリートスマート)というのは、ストリート(つまり街中、実際の生活)で得られたり通用するスマートさという意味で、従来の意味では、「あの子は、学校の勉強は微妙だけど、ストリートスマートだよね」という感じで使われていました。

 

しかし、こうやって二つの「頭の良さ」を比べてみると、新しく必要とされる資質というのは、やはりストリートスマートな人間に見られるように思えるし、そのためには、この記事でも書いたように、教室の外での人生経験が大きな差を生むことになるのです。

 

 

 

昨年、この記事でも書いたように、とある高校にアシスタントとして参加しました。このエリアは、世界各国からの移民や難民が多く住み、おそらく多くの日本人や富裕層は居住地として選ばない地域です。

 

そのような学校で9年生(日本の中3)のクラスにお邪魔した私は、学期途中で編入してきた、とある男子生徒と勉強することになりました。

 

彼はとても物静かで、自分から手をあげたり発言することはありません。しかし、何か聞かれた時の対応はとてもポライトで、人を見下したり、邪険にすることはない生徒でした。

彼が入ってきてすぐに、メインの先生に、「彼の数学のレベルがどれくらいかわからないけど、一緒に組んで勉強してくれる?」と言われ、グループ作業や 1-on-1で勉強することが増えました。

 

彼の数学レベルが、学年レベルよりもかなり下であり、それもまだらな理解になっているということは、私はすぐに気付きました。だけど、私が驚いたことは、彼が、とても忍耐強く、集中力のある青年だということでした。

編入してキャッチアップするためにどっさりと出された課題や、まだ知らないトピックを目の前にしても、物怖じしたり、投げやりになることは一度もなく、ただひたすら、一歩一歩前進できるタイプの学生だったのです。

 

彼の数学レベルから、課題完了に達するまでの道のりを考えると、おそらく99%の人間は嫌になるはずでした。それくらいの大きなギャップがあったのです。

だけど、彼は文句や泣き言を一つも言うことなく、その問題と向き合う姿勢を、私と勉強した数ヶ月間、ずっと持っていたのです。

 

私は彼のそういう姿勢に脱帽したし、教える側にいながら、彼に大切なことを教わりました。

 

アシスタント任期が終わる頃、メインの先生が、「彼はどう?」と聞いてきました。

 

私は、

 

「彼はものすごく忍耐強いです。文句も一切言わない。だから・・・」

 

と言うと、メインの先生は、ハッとして、

 

「確かに・・・彼は、うん、そうだな。あきらめたりしないね。」

 

と自分に言い聞かせるように言いました。

 

やはり数学に必要なのはクイックネスではなく、目の前の問題や課題に対して物怖じしない気持ちや、我慢強く一つ一つ乗り越えていける能力であり、私はこの生徒にそういうことをリマインドしてもらったのでした。

 

 

これまで、様々な子供達を見てきて、「この子は面白いな」と思える子というのは、「伸びしろ」を持っていて、それを表に出している子。

その伸びしろは勉強面で現れるとは限らず、むしろ、他の子供達との関わり合いとか、大人との接し方とか、問題に対する姿勢とか、そういうものです。

 

やはりこれは、他人(親や先生)から課題を与えられるのを待っているだけでは、身につきません。自分が夢中になれるものを自力で探し、その意味を見つけ、時間を忘れるくらい没頭できる経験から生まれます。

最近の脳科学では、25歳まで人間として未発達らしいので、それまでは、試しに何かをやってみた経験と、失敗した経験の数が多ければ多いほど良いと私は考えています。

 

どうでしょうか。

 

21世紀の「頭の良さ」、みなさんはどう思いますか?

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む