日米の算数・数学教育の違い 【続編】

2 Comments

こんにちは、Erinaです。

 

この記事で、日本とアメリカの算数・数学教育の違いについて書きました。

日本は個人による計算や思考の正確さを重んじているのに対し、アメリカの数学は”discourse” と呼ばれる対話をもとにした思考の発展が中心になっています。

 

今回はこれをまた少し深め、数学を問題解決のための「道具」という観点で書いてみたいと思います。

 

数学というのは、日本語や英語と同じような「言語」であり、自分の中の思考や理論を説明するための道具です。

例えば、

 

2x+3=5

 

の次が

 

2x=5-3

 

だというのも、xの値を見つけるためのステップであり、何を結果として導きたいか?という部分を理解していなければいけません。

 

「2x+3=5 の次は 2x=5-3」

 

というステップを知っている子は、これを一つの道具として自分の道具箱(ツールボックス)に持っているということになります。

 

みなさん、ツールボックスを見たことがあるでしょうか。

建設業なら工具が入っているし、医療現場にも、キッチンにも、そこで使われる一連の道具というものがあります。

何かを作り出したり、直したりする時、素手でやることはほとんど不可能です。なので、そこに「道具」というコンセプトが生まれます。

 

この「道具」というのは人間の知恵の結晶です。

ハンマーもノコギリもレンチも、泡立て器もしゃもじも、先人たちが必要に応じて、その場にある材料を使って、頭をひねって作り出したものです。これをこういう形にして使ってみたらどうかな?とか、失敗に失敗を重ねて今ある形になったのでしょう。現代の私たちは、そういう過去の人間の知恵を学び、自分自身のツールボックスにそれを蓄えては日常的に使っています。

 

そういう道具を使って何かを直したり新しいものを作ったりするためには、2つのスキルが必要になります。

 

それは、

 

  • 道具の使い方 (Know how to use a tool properly)
  • 道具の選び方 (Know how to choose an appropriate tool)

 

です。

 

道具の使い方というのは、反復練習で鍛えられます。

例えば、ハンマーの使い方が上手になる(つまり釘打ちが上手になる)ためには、何度も何度も釘を打つ練習をしなくてはなりません。

これは日本の算数・数学教育で重視されてきた部分であり、「ハンマーはこうやって使います。釘はこうやって打ちます」と教えられ、生徒はそれを練習するわけです。

 

では、道具の選び方というのはどういうことでしょうか。

これは自分のツールボックスの中から、「この問題を解決するためには、ハンマーを使おう」と決める段階のこと。

ツールボックスに入っている道具は1つではありません。何種類もある道具の中から、目の前のタスク(課題)に適した道具を自分で選び、もっとも効果的に、効率よく作業しなくてはならないのが現実です。

例えば、

 

この木片をこの壁に固定したい

釘で止めよう

そのためには、ハンマーを使おう

 

 

という決断をしなければならないわけです。

ここで、「この作業にはハンマーを使いなさい」と指定されない限り、自分でツールボックスの中からその場面にあった道具を選ぶというスキルが必要になってくるわけです。そしてこれこそが、問題解決力 (Problem solving) と呼ばれるものです。

 

アメリカの算数・数学教育ではこの段階が重要視されていて、子供が自分の力で問題を解決するための第一歩を踏み出すことにフォーカスされています。

 

私がアメリカに来て、数学って面白い!と感じた理由はここにありました。

 

日本では「この問題はこう解きなさい」、つまり「この問題にはこの道具を使いなさい」と指定される数学に対し、

 

アメリカでは「あなたの道具はこういうものです。この問題にはどの道具を使ったら良いか自分で決めなさい」という自由な思考を許されていたからです。

 

 

日本人がよく、「アメリカ人は数学が苦手」というのを聞きますが、それはやはり「道具の使い方」の部分だけを見ているからで、「この人の釘打ちはあまり上手じゃないな」という判断をしている。

しかし、「どの道具を使っても良いから、この問題を解決しなさい」という手広い問題を出されたとき、「さて、どうやって取りかかろうかな?」というものの見方になるのは、アメリカの数学教育を受けている子供達に断然多いです。

 

これが日本でいう「やわらかいアタマ」という状態です。

 

従来のやり方とか常識というものに捉われず、”think outside the box” とかイノベーティブなアイディアはこういうトレーニングが日常的に必要となり、数学に限らず、右を向いても左を向いても「これはこうしなさい」と指定される学校教育では育まれることのない側面でしょう。

 

やはり何事も「自分で決める」という教育理念がそこにあるかどうか、というのが日米の大きな違いと言えそうです。

 

では、それを教えるにはどんなトレーニングが必要なのか、次回、書いてみたいと思います。

 

 

 

どうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

2 Responses to “日米の算数・数学教育の違い 【続編】”

  1. avatar

    Vancou

    アメリカにきて、算数で電卓を使えることに驚いたのですが、最近はアメリカは思考力、日本は計算力が重視されているな…と思います。
    日米両方の算数のオンラインプログラムに取り組んだのですが、似たような単元でもその問題の傾向の違いに驚きます。アメリカの問題は、一見して国語の問題?と思うような文章量で、どんな仕組みなのかを答えさせたり、考える問題。日本の問題は、とにかく数字が並び、何度も計算をさせ、定着させる印象を受けました。うちの子は、日本式反復学習には拒否反応を示し、繰り返して解くことを嫌がります。学年が進めば、日米の違いもなくなるのか考えていたところなので、興味深い記事でした。

  2. avatar

    Erina

    Vancouさん、こんにちは。

    そうなんですよね。
    アメリカは数学も理科も社会も、かなり国語力が試される問題になってきていて、このブログでも書いているように小さい頃からの読書力が必要です。
    読解力と思考力があって初めて、計算力を使える。
    なので計算力にはそれほど力を入れていませんね。
    私の学校でも、計算ミスにはそれほど目くじらを立てていません。
    それよりも式の立て方とか、読み取り方が正しいか、という採点方式です。
    「計算機ができることをなぜわざわざ教えるんだ?」という考え方は、アメリカの数学教師には割と普通な気がします。

コメントを書き込む