卒業式のスピーチ:Class of 2015

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

今週は一週間があっという間に過ぎた気がします。
月曜はメモリアル・デーで祝日でしたしね。

みなさんの一週間はどうだったでしょうか?では今週も金曜のクオートを紹介してみましょう!今日は火曜日の夜にCBS Evening Newsで放送されたあるビデオを紹介したいと思います。

 

これは、先週末あたりに各地で行われた大学卒業式でのスピーチ。

アメリカの大学・大学院卒業式では、卒業生の著名人たちがスピーチをするのですが、それが毎年、モチベーショナル・スピーチとしてこうやって取り上げられます。

では見てみましょう。

 

 

まずはジョン・ボン・ジョビの歌で始まります。彼も年取ったなぁ・・・。

彼はRutgers出身なんですね。アメフトで有名な学校です。

 

Neil deGrasse Tysonは有名な天文物理学者。

出身校のマサチューセッツ大学アムハースト校は、北海道の「少年よ、大志を抱け」で有名なあのクラーク博士の学校なんですよ。

“Universe is bigger than you are. That sounds obvious, but some people really don’t know that.”

「宇宙はあなたたちより大きいです。当たり前のことに聞こえるけど、それをわかってない人たちもいます。」

思うに、ここでの「宇宙」は大気圏外の宇宙でなく、もっと広く見て「世界」という感じでしょうかね。確かに若い時は、そうやって考えたことがなかったかも。

Ian Brennanはあの人気ドラマシリーズ”Glee”の原作者+プロデューサー。

“You can’t control how smart you are, how funny you are, or how good-looking you are. One thing you can control in your life is how hard you work. Make the thing people say about you, ‘Man, he is ugly, but he sure works hard.'”

「あなたがどれだけスマートかとか、どれだけ面白いかとか、どれだけイケメンか、というのはコントロールできません。一つだけコ ントロールできることと言えば、一生懸命働く(または勉強する)こと。人に言われるようになれば良い。『あぁ、あいつは不細工だけど、とにかくよく働くやつだ。』ってね。」

 

Charlie RoseはCBSの司会者。彼も”Work hard”をとにかく強調しています。

 

Ken Burnsはドキュメンタリー映画監督。PBSなどで使われるアメリカンヒストリーの作品などを作っているそうです。
私はこの彼のクオートが一番好きでした。

“Read. The book is still the greatest man-made machine of all. Not the car, not the TV, not the computer, or smartphone.”

「本を読みなさい。本は未だに人間の手で作られたものの中で、最も偉大なものです。車でもなく、テレビでもなく、コンピューターでもなく、スマートフォンでもありません。

私もそう思います。今週末は彼の映画を探してみようと思いました。

次のブッシュは脱力・・・。

“As I like to tell C students, you too can be President.”

「C(日本の「可」)の学生たちに言いたいことがある。君たちも大統領にだってなれる。」

本気なのかジョークなのか・・・ジョージよ。これが自分の卒業式のスピーチってちょっとアレだなぁ。

 

Maya RudolphとStephen ColbertとRobert DeNiroはスキップ。

 

そしてファーストレディのミシェル・オバマ。

彼女も自分の母校でパワフルなスピーチ。良いですね。これは聞きたいかも。

 

 

アメリカの大学には、大人の学生たちもいて、仕事をしながら、家族を養いながら学校に通います。

そうやって時間をかけながらも、ハードワーキングな学生たちが卒業する日は、本人だけでなく、家族や周りの人たちにとっても特別なもの。

そして新しい旅の始まりに、こうやって著名人たちもお祝いに駆けつけるのです。いやはや、私もまたあの場所に立てるのかなぁと夢見て、仕事に励むのです。

 

Congratulations, Class of 2015!

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む