悦子さんへの手紙:Investment

Leave a comment

こんにちは、Erinaです。

 

悦子さんとの文通シリーズ、今回で4回目です。

 

今までに文通した他のテーマは・・・

一通目:パートナーシップ (Partnership)

二通目:コミットメント (Commitment)

三通目:パッション (Passion)

 

前回のテーマ「パッション」について、こんなお返事を悦子さんからいただきました。

ではでは、今日は新しいテーマ”Investment”について書いてみます。

 

 

******************************************

 

悦子さん、こんにちは!

日本はこれから暑くなりますね。日本の夏は私の好きな季節ですが、その前に本州は梅雨があるんですね。私は北海道出身なので、梅雨を体験したことがないんです。

サンディエゴはMay Grayの真っ只中で、一日中どんよりと雲に覆われています。

 

 

悦子さんのPassionを読んで、私も単語の意味を考えて思い出しました。

しばらく前に、映画で”The Passion of Jesus Christ”というタイトルの作品がありましたよね。あれもクライストの試練という内容だったはずですが(見てないんですけど・・・)、タイトルが”Passion”で、「そういう意味もあるんだ?!」と思った記憶があります。

試練を乗り越える、火を燃やし続ける、結婚生活を続けるのにも、”ongoing”なパッションが必要、という感じなのでしょうか。

このテーマは勉強になりました。

 

 

今回のテーマは”Investment”ですか。そう来るとは思わなかったので、ちょっと考えました。笑

 

私は大学でファイナンス数学(金融工学)を勉強したので、Investmentという言葉を聞くと、つい「お金の話」に向かってしまうのですが、それだけではなく、もちろん人生や結婚生活にも使える言葉だと思っています。日本語では「投資」と使いますね。

 

私が思うに、Investmentという概念の中で、とても重要な役割を果たす要因として「時間」があります。

 

大学時代、Investmentのクラスで、こんな課題がありました。

investopedia.comというウェブサイトは、自分のクラスを登録すると、クラスメートたちとバーチャルの株式投資ができるというもので、セメスター中、ここで最も成功した投資をした学生は、成績のポイントをもらえるというものでした。

 

この課題は授業初日に説明され、興味のあった学生たちが、早速、投資をし始めました。その後、ちらほらと他の学生たちもアカウント登録し、数ヵ月後にセメスターが終了。

私はクラスメートたちの株の動きをわりとマメに観察していたのですが、ずっとトップを切って走り、ゴールした学生というのは、授業初日にスタートした学生だったのです。

つまり、どれだけアグレッシブな売買をしたとしても、初日にスタートした学生と、2週間遅れてスタートした学生の間には大きな差が生まれ、それを埋めることは最後までできなかったのでした。

 

私はこの経験から、「Investmentには時間がキーだ」と思うようになりました。

 

「時間」というのはどこの誰にも平等に降りかかるものであり、お金持ちだからたくさんあるとか、賢いからたくさん持てるというものではありませんよね。誰にでも一日24時間と限られたものです。

ですから、それをいかにうまく使うか、というよりも、いかに理解するか、ということは、株だけでなく、あらゆる「投資」において必要なのじゃないか、と最近になって気づき始めたところ。

 

 

夫婦として、将来どうありたいか、家族として、どうなりたいのか。

そういう計画を1年単位、5年単位、10年単位で、定期的に話し合い、そのためには何が必要か、どんな投資をするのか。

 

私たちの場合、結婚するタイミング、子供を持つタイミング、家を買うタイミング、次の里帰りのタイミング、それこそバスルームリフォームのタイミングから子供のスポーツのタイミングなど、とても小さなことですら、お互いが納得するまで話し合ってきたように思います。

英語で言う”Constructive discussion”(建設的な会話)はこういう場面で必要になりますし、そのためにはある程度の会話力、感情的にならない冷静さなども必要だと思います。

 

そしてこういう計画が形になるには、ある程度の時間が必要であり、花をつけ、実をつけるには一日二日では起こらないというのは、まさに大学時代の株の課題と同じだと思っています。

 

もちろん人生は計画通りに行かないことばかりなので(笑)、横道にそれることも多々ありますね。

結婚生活の中で、計画通りに物事が進まないと、誰でもイライラするし、不安になるものでしょう。相手ばかり得してるんじゃないの?なんてケチな私はつい思っちゃうわけです。

 

そういうときに私がイメージするものは、「中立なブタの貯金箱」。英語で”piggy bank”って言われるアレですけど、ちょっとわけわからないですね。笑

 

自分とパートナーの目の前に、あのブタちゃんの貯金箱があると想像してください。そのブタちゃんの貯金箱は、私のものでも彼のものでもなく、あくまで二人のもの。

お金やエネルギー、時間、それこそ忍耐や努力、才能など、一人がそこに投資できるものは、色々とあり、その貯金箱に入ります。ブタちゃんがいっぱいになり、「さぁ、使おう!」となったとき、二人でトンカチで壊し、二人で使ったり楽しんだりするのが目的です。

 

これです!
これです!

 

こう考えると、どちらのためではなく、二人のためのInvestmentであり、今ある苦労や試練も、二人で乗り越えていけるんじゃないかな、と思っています。

 

 

どうでしょうか?

私なりのInvestmentを書いてみましたが、悦子さんの考えるInvestmentからかけ離れてないと良いなぁ・・・。

 

ではでは、お返事を楽しみにしています!

 

えりな

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。 ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。 二人の小学生のママです。 趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

コメントを書き込む