転職か、残留か (4)

3 Comments

 

アメリカの銀行で働く、日本人ママの物語。

前回までのお話はこちら

 

——————————–

 

三週間の年末年始ホリデーも今日で終わり。

明日からは子供たちの新学期も始まり、生活は通常運転に戻る。

そんな中、休み明けに早速、本命B社との面接がスケジュールされている。

日曜の終わりに近づくにつれて、そんなことを実感しだす。

 

面接ももう何回やったことだろうか。学生インターンも入れたら、10回は超えている。

肝が据わったのかただ単に慣れたのか、面接やプレゼンを前にして、やたらと緊張することはなくなった。

 

“It’s your day.”

 

旦那がそう言って勇気付けてくれる。

 

「いつから私は銀行員の道を歩くことになったんだろう?」

 

シャワーを浴びながら、人生とは本当に不思議なものだと感じる。

「銀行なんてお堅い仕事ですね。」と言われるのだけれど、自分でもまさか銀行に勤めるとは思わなかった。

銀行員という職業に不満はない。

ただ、「銀行員」と言っても、銀行の業務はとても幅広く、きっと私がやっていることは人が思う「銀行員」ではないはずだ。

 

銀行にもレイオフがあり、それは景気に直接的に影響される。「銀行員=安定」の等式は、ここアメリカでは全く通用しない現実をこの3年半で見てきた。

 

月曜の朝。

子供たちを学校に送っていく。

新学期で先生たちも顔が明るい。

 

親たちは「やっと学校が始まった・・・。」という安堵感に溢れているように見える。

家に戻ってくると、朝食に目玉焼き一個とトーストを食べ、30分前に送っておいた面接の確認メールの返事をチェックする。

私:「今朝の面接の確認をさせてください。」

マネジャー:「はい、今日で正しいですよ。では後ほど。」

理系のハイヤリングマネジャーから簡潔なメールが入っている。

 

よし、行くか。

 

気がまぎれる音楽をかけながら準備をする。

まずは、Google Mapで渋滞の様子をチェック。ラッシュアワーには渋滞がひどい道だから念のためチェックしてみるけど、この時間なら問題ないようだ。

服は、いつもの白と黒のワンピースに、ストッキングと茶色のブーツでオーケーかな。運転しにくいから、とりあえずスニーカーで行って向こうで履き替えよう。

 

道路は空いていて、快適だった。

 

面接場所も、前回HRの担当者とミーティングをした建物だから安心。パーキングの要領もわかっている。

 

よしよし、オーケー。

適度に緊張しているけど、言いたいことを言えない程度ではない。パーキングからコートヤードを抜ける。背筋を伸ばして、まっすぐに歩く。深呼吸。

 

レセプションについて、サインインする。

私:「10時にラリーさんとアポイントメントがあります。」

 

レセプション:「はい、ではこのビジターバッジをつけてください。彼はちょうど今、あなたの後ろに来ましたよ。」

 

私:「ありがとうございます。」

 

振り向くと、ハイヤリングマネジャーのラリーさんが立っている。ラップトップのケースを持って、ストライプのYシャツ。

 

ラリーさん:「おはよう。Nice to meet you.」

私:「おはようございます。Nice to meet you too.」

 

レセプションを出て、エレベーターホールに向かう。

 

ラ:「How’s your day so far?」

私:「えぇ、良いですよ。今日から子供の学校も始まりまして。」

 

一瞬の沈黙。

学校に行く子供がいるって思われなかったのかな?

 

ラ:「そうかい。週末はどうだった?」

私:「えぇ、スローでしたけどのんびりしてました。あなたは?」

ラ:「僕は父とUCLAにバスケットの試合を見に行ったよ。」

私:「そうですか。母校ですか?」

ラ:「うん、そうなんだ。スポーツが面白い学校でね。」

私:「そうですよね。」

 

エレベーターに乗り込む。

 

沈黙・・・・。

あまりおしゃべり好きな人じゃないかんじだな。まぁ良いけど、私もアンフレンドリーだとは思われたくないなぁ・・・。

なんてどうでも良いことが心配になる。

 

ミーティングルームに入るなり、早速、質問が始まる。

 

ラ:「で、どうしてこのポジションに興味があるの?」

 

おぉ、速いなぁ。

 

私:「え~と、現職場での機会が限られている気がしてきて。サンディエゴの商用不動産ローン、という枠の中ではできることが限られています。あと、現職での分析というのは、過去データのevaluationがメインになっていて、プロジェクションがほとんどないので、それも物足りなく感じています。」

ラ:「なるほどね。」

私:「もう少し数学的なものを使いたいと思って。」

ラ:「数学的なことってどんなこと?」

私:「そうですね、統計のレグレッションモデルとか分布とか。現チームのポートフォリオだけではそれはできないので。」

ラ:「そうか、統計って言われて思い出したけど、僕のバックグラウンドは統計なんだ。現在進行中のプロジェクトなんだけど、銀行のデータを使ってそういう分析もやろうとしているところでね。僕としてはもっとそこに力を入れたいと思っている。」

私:「そうですか。」

 

ラリーさんは、このチームの役割などを事細かに説明してくれると、その後、私の現ポジションでの役割と、前職での役割を質問する。

 

私:「今の職場ではこんなことをやっています。前の職場では、こういうデータをきれいにして、モデリングチームにプレゼンするのが仕事でした。・・・・・・」

ラ:「うん、一通りわかった。何か質問はある?」

私:「えぇ、2つあります。一つは使うソフトウェアについて。プログラミングはだいぶしますか?」

ラ:「う~ん、そうだなぁ。うちではSASもRも使わない。このポジションではSQLがメインになると思う。」

私:「そうですか。もう一つ質問して良いですか?」

ラ:「良いよ。」

私:「これまでの話と私のレジュメを見て、このポジションが、私のキャリアアドバンスメント(出世)に有効な理由はなんですか?」

ラ:「うん。」

 

そう言うと、ラリーさんは一呼吸おいて口調のスピードを落とす。よし、良い質問だったみたいだ。

 

ラ:「うちのチームは、コレと決まった仕事を毎日やるわけではなくて、社内の様々な部門で必要なプロジェクトや問題解決をするチームなんだ。だから社内のブレインと言われていて、結果としてマネジメント候補者のトレーニングみたいになっている。

僕が君を気に入ったのは、問題解決力に長けていること、そして新しい課題を見つけて、自分で取り掛かれること。

さっきも言ったよね、新しいプログラミング言語も自分で本を読んで勉強したって。」

私:「はい。」

ラ:「うちみたいなチームって、『資格とか学歴みたいな何かがあればクオリファイ』という基準はなくて、単純にそういう人材が必要なんだよ。」

私:「そうですか。」

ラ:「だから普通はインターナル(社内)で引っ張るんだ。時間もかかるけどね。」

私:「そうでしたか。」

 

その候補に入れてもらえることをすごく光栄に感じた。

 

ラ:「まだ質問はある?なければ僕のボスのブライアンに会ってもらいたい。確か彼はオフィスにいたはず・・・確認してくるからちょっと待ってて。」

私:「ハイ。」

 

そう言うと、ラリーさんはブライアンがオフィスにいることを確認する。

 

ラ:「オーケー、彼は今オフィスにいるから、一緒に来てくれる?」

私:「はい。」

 

真新しいキュービクルの間を通り抜け、窓際のオフィスの一室に入る。

ラ:「ブライアン、こちらはエリナです。」

ブ:「ハイ、初めまして。今日は来てくれてありがとう。」

私:「いえ、こちらこそ、時間を作ってくれてありがとうございます。」

 

殺風景なオフィス。

資料も写真も何も無い。

引っ越してきたばかりとかなのだろうか?

 

このブライアン、面接前にリサーチしたけど、35歳で”Chief”の役職レベル。5年でそこまで出世した彼は、給料も私の8倍もらっているらしい。

その割には会社のロゴ付きポロシャツ+ジーンズという服装。

若い。でも自信があるのがわかる。

ブライアンは私のレジュメに目を通すと、ラリーさんと同じく現職と前職の役割を質問してくる。

 

ブ:「学校はSan Diego Stateか。僕も行ったんだ。良い学校だよね。」

 

ほどよくカジュアルなネタも織り込んでくれる。

アメリカでは母校へのプライドや卒業生の結束も固い。そこで大学のスポーツチームの話ができたりすると、思わぬ+αにもなる。

 

ブ:「この先の3年間で、君自身はこの会社でどうなっていると思う?」

 

来た。定番の質問だ。

すぐには答えずに、1・2・3・4・5くらいの時間をおいて深呼吸する。

 

私:「そうですね。最初の1~2年で、この会社の『やり方』を学びます。どんなローンを組むのか組まないのか。ビジネスの流れはどんなものなのか。コーポレートカルチャーはどんなものか。この会社のゴールはどこにあるのか。そしてそれを受けて3年目には、自分の分析がこの会社のやり方に影響できるようになります。」

ブ「うん。」

 

ブライアンは深くうなずいた。

 

新卒の時にはなかなか難しかった質問にも、こんなにうまく答えられるようになった。あれから7年か。

一通り質問に答え終わると、ブライアンが聞く。

 

ブ:「何か質問はある?」

 

またここでも一呼吸。

 

私:「えぇ、さっきラリーさんにも同じ質問をしたんですけど・・・。このポジションへの転職が、私のキャリアアドバンスメントにおいて、有意義だという理由を教えてもらえますか?」

ブ:「うん。このチームは社内全体のニーズに応えるための分析をするチームで、これと決まったことをやるわけではないんだ。現在進行中の社内プロジェクトがいくつかあって、それを計画したり、遂行する役割です。

僕は君の多様なバックグラウンドがすごく気に入りました。必要なソフトウェアも知っているし、商用ローンでの経験もある。ローンの経験がある人は、これまでにいたかなぁ?

とにかく、現時点で君がクオリファイしそうなポジションが4つくらいあるはず・・・ですよね、ラリーさん。」

 

ラリーさんがうなずく。

 

ブ:「だからそれを相談して、1~2週間以内にまたコンタクトします。良いかな?」

私:「はい、それで良いです。」

ブ:「他に質問はある?僕からの質問はもうおしまいです。」

私:「いえ、ありません。今日はありがとうございました。」

ブ:「こちらこそ、来てくれてありがとう。」

 

そう言って、ラリーさんと私はブライアンのオフィスを後にした。

エレベーターで一階まで降り、ビジターバッジを返すと、ラリーさんにもう一度お礼を言う。

 

私:「今日はありがとうございました。」

ラ:「うん、こちらこそ。また連絡します。」

私:「わかりました。」

 

パーキングに向かう。

 

どっと疲れた。

あっという間の一時間だったけど、めちゃめちゃ濃密だった。

頭がまだフル回転しているのがわかる。

久しぶりに感じるこの疲労感。

 

11時25分。

 

現職のパーキングにつくと、旦那に結果報告をする。

 

“It went well, I think.”

 

どこから話して良いのかわからず、あまり言葉にできない。

 

旦那:「そう、良かったね。詳細は夜にゆっくり聞くよ。」

私:「うん。じゃあまた後で。」

 

さ、気持ちを切り替えて仕事だ。

 

 

次回:転職か、残留か (5)

 

 

こんな記事もおすすめです
avatar

About Erina

こんにちは、Erinaです。 日本で一浪した後、2002年に留学生として渡米しました。ESLとコミュニティカレッジを経て、4年制大学に編入。高校時代は大嫌いだった数学が大学で大好きになり、応用数学専攻で卒業。金融アナリストインターン、IT企業でデータアナリスト、銀行で不動産アナリストを経て、現在、キャリアチェンジの真っ最中。アメリカの高校で数学教師になるために、2016年夏に脱サラ。久しぶりの勉強と主婦業に専念しています。二人の小学生のママです。趣味は読書・ヨガ・テニス・ゴルフ・DIY・庭仕事で、最近の一番の楽しみは子育てです。 アメリカに住む日本人女性を応援したくてこのブログを始めました。

3 Responses to “転職か、残留か (4)”

  1. avatar

    さりな

    えりなさん、おはようございます。
    また、さりなです。
    実は明日、夏のインターンシップの面接があって、このえりなさんのシリーズで、場の雰囲気などをつかんでいるところです。
    ちなみに分野は違いますが、えりなさんのがインターンシップの採用の際に受けた面接の質問など、覚えていらっしゃいますか?
    突然の質問ですみません。。。

  2. avatar

    Erina

    さりなさん、おはようございます!
    お~、明日が面接ですか?頑張ってくださいね。

    インターンの面接の質問・・・遥か昔のこと(笑)であまり覚えてないのですが・・・仕事と専攻が関係あることなら、専攻の授業の基本的な部分をまずは答えられること。
    「あ、この子はちゃんと勉強してきた子だな」というのが学生インターンのふるいだと思うので、仕事の専門的なことよりも、与えられた課題をきちんとこなせる人間かどうかだと思いますよ。
    社長に「大学でテニスやってたんだ?」と聞かれたのは覚えてるんですけど・・・。役に立たないですね。笑

    あと、仕事に関してわからないことや知りたいことは、どんどん質問してください(給料とかベネフィットじゃないですよ)。
    「この仕事に興味があります!」という姿勢を見せることは大事だし、そこで仕事内容を理解できるようであれば、雇ってからスムーズですよ、というアピールにもなります。

    ハキハキと元気に話すことを心がけて、頑張ってきてください!Good luck!

  3. avatar

    さりな

    やっぱり学校の授業の基本のこととかも聞かれるんですね。昔の教科書、一通り見ておきます!
    聞きたい質問とかも一応、考えておきます!!
    頑張ります!!!!!!!!!(笑)

コメントを書き込む